住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

家づくりがさらに楽しくなる!「施主支給」の基礎知識

公開日:2014年01月22日

家づくりがさらに楽しくなる!「施主支給」の基礎知識

家を建てる、リフォームをするといった時に「施主支給」を選ぶ方が増えてきています。
自分のこだわりを反映させることができ、費用も抑えられることがメリットとされる「施主支給」ですが、一体どのようなシステムかを詳しくご説明します。

住宅設備は施主が選ぶ

「施主支給」とは、施主自らがキッチンや洗面台など一つひとつの住宅設備を選んで購入し、施工会社に支給するシステムのことです。

一般的には施工会社が工事と住宅設備の準備を一括で請け負いますが、それでは施工会社が提示する商品の範囲からしか選ぶことができません。

その点、施主支給は、本当に気に入った商品を選ぶことができるため、選択の範囲が大きく広がります。デザイン、機能性、価格など自分が選びたい基準から商品を購入できるとあって、施主支給を選択する人が増えてきているのです。

しかし、施主支給には気をつけておくべきポイントがたくさんあります。

スムーズに進めていくためにも基本を押さえておきましょう。

まずは施工会社に相談を

施主支給をするなら、まず初めに施工会社にその意思を伝えます。施工会社によっては施主支給を受け入れない場合もあるので、契約前に必ず確認を取りましょう。

範囲とメンテナンス方法の確認

施主支給が決定したら、支給する範囲を決めていきます。キッチン、バスルームのみなど、こだわりたい部分だけ支給することも可能です。

その際、取り付けた住宅設備に不具合が生じた場合のメンテナンスや保障についての細かい取り決めの確認を忘れずに。こうすることで後のトラブル回避に繋がります。

商品を選ぶ前に

住宅設備をサイズや配線などを考えず、自由気ままに気に入った商品を購入してしまうと、空間がちぐはぐになってしまいます。

商品を選ぶ前に、施工会社と住宅設備会社に設置可能なサイズや、設備の配線位置などを確認しておくと安心です。

ホームページとショールームの活用

住宅設備を選ぶ際、ホームページを参考にする方も多いでしょう。

ホームページには、たくさんの商品が紹介されており、寸法や機能、価格などが細かく記載されています。

ある程度商品を絞り込むことができたら、ショールームで実物を見て、触れてみましょう。キッチンやトイレなど日常的によく使用する住宅設備ほど、肌で感触を確かめることが重要です。

スケジュールを調整

住宅設備を購入したら、施工会社と搬入時期を相談し、調整を行っていきます。工事の進み具合によっては、商品を搬入したものの置き場がないということもあるので、現場とのスケジュール調整は綿密に。また搬入時は、必ず施主が立ち会うようにしましょう。これは引渡し後に傷などが発見された場合、いつ生じたかを判断するためです。

このように、施主支給で最も大切なのは、施主が施工会社や住宅設備の会社と連絡を取り合い、さまざまな調整を行うことです。

調整には時間や労力も使うため、大変な部分もあるかと思いますが、自分らしいこだわりの空間を手に入れることができます。

家づくりとは、建物が主役ではなく、そこに住まう人たちが主役です。

愛着を持って永く使えるモノに囲まれた暮らしが叶う、施主支給というシステムを上手に利用して、あなたらしい暮らしをデザインしてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.