住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

大量の靴、どうやって納める? 収納術をご紹介

公開日:2014年04月09日

大量の靴、どうやって納める? 収納術をご紹介

「おしゃれの基本は足元から」とも言われますが、靴を目的に合わせて履き替えるのは理想的なライフスタイルではないでしょうか。しかし、シーズンや目的に合わせるために増えていく靴をきちんと収納するのは難しいものです。無理矢理に押し込んだり、玄関に脱ぎっぱなしでは雑多な雰囲気になるだけでなく、靴そのものを傷つけてしまいます。

今回は、玄関をすっきりとさせる収納術とシューズボックスについてご紹介します。

仕分けしてみよう

上手に収納するためには、靴の量と種類、目的を把握しておく必要があります。春夏と秋冬の季節ごとに靴を仕分け、冠婚葬祭用などの特別な日にしか履かないものは別にしておきます。

この時、破損や色あせをチェックし、不要なものは思い切って処分することも大切です。 よく履く靴は取り出しやすい位置に、その他は奥にしまうなど、グループに分けて収納できるので、どこにどの靴があるか把握しやすくなります。

収納テクニック

靴の仕分けが済んだら、次は収納です。シューズボックスのスペースを最大限に使うために、ホームセンターや100円均一などで購入できるアイテムを使った、さまざまな収納テクニックをご紹介します。

  • シューズストッカー

    1足分の収納スペースに2足収納でき、靴が重なり汚れる心配がありません。よく履く靴を上の段にすると取り出しやすいです。

  • シューズハンガー

    スニーカーやパンプスを吊り下げて収納できます。シューズハンガーに靴をかけ、突っ張り棒に吊るしていきます。耐重量15キロ以上の突っ張り棒であれば、落下の心配が少ないでしょう。

  • 突っ張り棒

    ヒールのある靴は、突っ張り棒にひっかけて収納する方法もあります。シューズボックスの奥の方に突っ張り棒を設置し、ヒールを引っ掛けることで収納率は2倍になります。

  • 箱の有効活用

    シューズボックスに納まりきらない靴や、ブーツなど高さのある靴は箱にしまい、積み重ねておくのもひとつの方法です。箱にきれいな色の布や包装紙を貼り、統一しておけば、すっきりとした印象になります。

  • 棚は高い位置に

    シューズボックスや玄関スペースに限りがある場合は、壁に棚を設置して収納する方法もあります。
    視界に入りにくいよう天井に近い部分に棚をつけることで、圧迫感を感じにくくなります。季節外のものや、普段あまり履かない靴を収納しておくと良いでしょう。

このように、さまざまなアイテムで大切な靴を収納することができますが、さらに機能的なシューズボックスと組み合わせることで、より美しく整理整頓することができるでしょう。
弊社のラインナップからオススメの商品をご紹介します。

  • ゲタボックス

    ゲタボックス

    小さな玄関スペースにも導入できるミニマルデザインです。専用のブーツハンガーを組み入れれば、すべての靴をスッキリ収納できます。

  • コロンデコ玄関収納

    コロンデコ玄関収納

    直線と曲線を融合させた、アールデコ様式のデザインが、モダンな玄関スペースを演出してくれます。収納だけでなく、見た目にもこだわりたいという方に最適です。

  • ステムズ収納

    ステムズ収納

    靴だけでなく、傘やコート、スポーツ用品など用途に合わせて、自由にタイプが選べるステムズ収納。トールキャビネットは上下に反転できるので、開く扉の方向を選べます。

今回ご紹介した収納テクニックと機能的なシューズボックスを組み合わせ、スッキリとしたステキな玄関スペースに整えてみてはいかがでしょうか。

シューズボックスをお探しなら、2014春夏カタログをご覧ください
カタログ請求ページはこちら

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.