住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

システムキッチンのオプションに人気!「人工大理石」の魅力とは?

公開日:2014年04月14日

システムキッチンのオプションに人気!「人工大理石」の魅力とは?

「キッチンは毎日の暮らしに欠かせない場所です。だからこそ、自分だけのこだわりキッチンに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

なかでも、料理の準備、洗浄、調理、加熱、配膳という一連の作業を行う「ワークトップ(天板)」の材質選びはとても重要です。デザイン性に加え、手入れのしやすさや、耐久性などを考慮する必要があるからです。

今回は、システムキッチンのオプションとして選ばれる方が増えている人工大理石にスポットをあて、その特徴をご紹介します。

人工大理石の特徴

システムキッチンのオプションに、人工大理石が多く選ばれる一番の理由は、「高硬度」にあります。簡単にいうと、傷や熱、衝撃に強いということです。耐熱性や耐衝撃性だけでなく、耐薬品性、擦傷性も優れていることから、従来のものよりお手入れが簡単になりました。また、カラーバリエーションやデザインも豊富に展開しているのも魅力です。

ステンレス製のキッチンは、シルバー色のクールなイメージですが、人工大理石はインテリア性が高く、無地のものから天然の御影石を思わせる落ち着いた風合いと滑らかな質感が魅力です。
また、人工大理石のシンクはオレンジ、ピンク、グリーンなどカラーバリエーションが豊富ですので、ワークトップとのバイカラーもセンスの良さが光ります。

しかし、どんなに理想のキッチンをコーディネートしても、毎日使うことで汚れは必ず付着します。人工大理石のお手入れや、お掃除のコツをご紹介しましょう。

  • こんな汚れに注意!

    キッチンの主な汚れは油のハネや水垢ですが、厄介なのが黒カビやサビです。人工大理石のシンクは、目地に黒カビが生じやすいので重点的にお掃除しましょう。こまめに水分を拭き取ることで予防できます。

    サビ汚れは、調味料のビンや缶を放置することで付いてしまいます。ラックに収納するか、引き出しにしまうよう心がけ、汚れがつくのを防ぐようにしましょう。

  • お手入れ方法について

    気をつけていても汚れてしまうのがキッチンです。日常的な汚れなら、水を含ませた布でサッと拭くだけできれいになりますが、油汚れなど頑固な汚れの落としは洗剤やブラシを用いて取り除きましょう。具体的な人工大理石のお手入れ方法をご紹介します。

    汚れが目立つ場合はスポンジに中性洗剤をつけて磨き、サビのようなガンコ汚れはスポンジの研磨部分でやさしく落としていきましょう。
    目地の黒カビは、歯ブラシに中性洗剤をつけて磨くと、汚れが落ちやすくなります。

このように、傷がつきにくく、お手入れもしやすい人工大理石は、ワークトップ以外にもカウンターにも適した材質です。弊社では、オールステンレスの「グラッド45」を除いたすべてのシステムキッチンのオプションとして、人工大理石をお選びいただけます。キッチンのリフォームの際に、人工大理石を検討してみてはいかがでしょうか。

人工大理石を使ったシステムキッチンをご検討の際は2014春夏カタログをご覧ください
カタログ請求ページはこちら

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.