住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

こもりがちな家のにおい。効果的に芳香・脱臭する方法

公開日:2014年09月04日

こもりがちな家のにおい。効果的に芳香・脱臭する方法

家の中の「におい」について考えたことはありますか?家にはそれぞれ独特なにおいがあるものです。知人の家に遊びに行って、においが鼻についたり、逆に良い香りがしたり……。そんな経験がどなたにもあるのではないでしょうか。

空気がよどむ場所は、においがこもりがちになります。とくに、梅雨時や蒸し暑い夏には、汗や生ごみなどの悪臭が気になるもの。家の中を徹底検証して、嫌なにおいを除去し、気持ちよく過ごしましょう。

においのこもりやすい場所と悪臭対策

家の中でにおいがこもりやすいのは、空気がよどむ場所です。窓が小さい洗面所、奥まった場所にある廊下や納戸、キッチンのゴミ箱付近などがそれにあたります。玄関は、ドアという大きな開口部がありながら、下駄箱が存在することで悪臭の元になる場合があります。

このような場所には芳香剤を置いて香らせるだけではなく、換気や掃除を徹底し、まずは脱臭することが先決です。それからお香やアロマなどで芳香処置をします。こまめな換気と掃除が、悪臭を防ぐなによりの方法なのです。

ペットのにおいはトイレ対策でカット

共に暮らしていると気がつきにくいのが、ペットのにおいです。トイレシートやトイレ砂は脱臭効果のあるものを使う、こまめに交換するなどして、においが部屋に染みついてしまわないようにしましょう。ペットがトイレを使うたびに、汚物を取り除き、消臭スプレーを周囲に振りかけておくのもおすすめです。

また、ペットを毎日シャンプーするわけにはいきませんので、トイレの後は糞尿がついたあたりを拭くと効果的です。そのまま部屋中を這いずりまわったりすると、カーペットなどに悪臭の元が付着することになります。家族の一員であるペットがお客さまにもかわいがってもらえるよう、対策をしっかりしてあげましょう。

タバコのにおいは毎日の消臭対策でカット

吸わない人には気になるのがタバコのにおいです。最近ではベランダで吸う、専用の部屋以外では吸わないなど、家の中で喫煙ルールを決めているご家庭もあるでしょう。それでも煙は、カーテンや壁などに付いてしまいます。

とくに、布にはにおいがつきやすいものです。カーテン、クッション、ソファ、カーペットなどには毎日消臭スプレーをかけて、においの元を断ちましょう。時間が経てば経つほど、におい成分が繊維の奥に入り込んでしまいます。

お香やアロマで家の中をよい匂いに

十分な換気と掃除で脱臭ができたら、お香やアロマを使って部屋の中に芳香を広げましょう。

お香の上手な焚き方

お香は、空気に乗って流れます。そのため、出かける前にお香を焚き、そのまま部屋を閉め切っておけば、帰宅時に芳香を楽しむことができます。お香は火をつけて使うので、完全に消えてから外出するようにしましょう。
また、香りが空気に乗る性質を利用して、一方の窓を開け、香りを部屋の奥へと流す方法もあります。風上から風下へ、ふんわり香りが広がるので、あまり強く香らせたくないときなどは、この方法をお試しください。

アロマの抗菌作用を活用する

アロマの精油には芳香だけでなく、抗菌作用のあるものもあります。悪臭の元になる雑菌の繁殖を防ぐために、この抗菌作用の高いアロマを使えばより効果的です。なかでもおすすめは、ラベンダー、ティーツリーなどです。
アロマの精油は濃度が高いので、水やエタノールなどで希釈してから使いましょう。雑巾にひたして拭き掃除をしたり、気になる部分にスプレーしたりします。アロマのよい香りに包まれれば、気分もリラックスできるでしょう。

家族も喜ぶさわやかな家づくり

家のにおいは、住んでいるとわからないものです。毎日の換気や掃除の徹底で悪臭の元を絶ち、そのあとでお香やアロマなどを使いましょう。室内空間をよい香りで満たし、来客だけでなく、家族にとってもさわやかな家を目指してはいかがでしょうか。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.