住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

人もペットも快適に!ペットに優しい床材の選び方

公開日:2014年08月21日

人もペットも快適に!ペットに優しい床材の選び方

犬を番犬として飼うのは一昔前のこと。最近では、大型、小型に関わらず、愛犬を家の中で飼われる方が増えてきました。飼い猫の屋外への出入りを自由にさせている家庭も少なくなってきているように思われます。

ペットとリビングや寝室で一緒に過ごす時間は楽しいものですが、快適なペットとの共存には床材選びがとても重要です。場合によっては大切なペットの健康を害する危険性も……。そこで、愛犬・愛猫が喜ぶ床材をご紹介します。

ペットが快適に過ごせる床材は?

大切なペットが快適に過ごせる床材とはどんなものなのでしょうか。それぞれの特徴をみながら考えてみましょう。

  • 1.カーペット

    「滑りにくい」という点においては、ペットに適している素材です。また、犬や猫がソファから床に飛び降りるときはカーペットのクッション性が衝撃を吸収してくれるので安心です。ただし、犬や猫の抜け毛がカーペットの毛足にからまって掃除が面倒、匂いやダニの心配などデメリットな部分もあります。定期的にクリーニング済みのカーペットと交換して対応しましょう。

  • 2.タイル

    掃除がしやすいため、常に清潔な状態を保つことができるタイル。犬や猫は夏にひんやりした場所に寝そべるのが好きなので、タイルの床だと心地よく過ごせるでしょう。色、柄、素材のバリエーションが豊富なのも嬉しい点です。

    ダイニングルームやサンルームの床には適しているタイルですが、硬い素材の場合は、ペットがソファから飛び降りたときの衝撃で足腰を痛める心配があります。ラグを敷くなどの工夫が必要となるでしょう。

  • 3.フローリング

    お手入れのしやすさや、木目の温もり、飽きのこないデザインが人気のフローリング。犬にとってはその滑りやすさが股関節や後肢を痛める原因になる危険性があります。最近は表面をザラザラした質感に仕上げた滑りにくいタイプのフローリング材もあるので、よく検討してみましょう。

    フローリングは、掃除がしやすいため、タイル同様、常に清潔を保てる優れた面もあります。ペットのためはもちろん、お年寄りや小さなお子様のためにも、表面の仕上げ加工で異なる「滑りにくさ」をチェックしましょう。

床材のカラーにも配慮を

お部屋全体の印象を左右する床材のカラーは、ペットの有無に関わらずとても重要です。ペットの種類によっては、年に2回ほど毛がごっそりと抜ける時期があるので、毛の色が床の上で目立つか目立たないかを十分に考慮しなくてはなりません。

いつも床を清潔にしておくために、ペットの毛が落ちたらすぐ発見できるようにしたいという場合は、毛の色が目立つ色を選びましょう。
逆に、ペットの毛が床に落ちてもあまり目立たないようにしたいという場合は、毛の色と似た色がおすすめです。

弊社でも、カラーバリエーションが豊富な床材を取り揃えております。その中から、ペットのいるご家庭に適した商品を2点ご紹介します。

贅沢な素材感を持つ「ア・ラ・ノコメ

表面がザラザラしていて滑りにくいフローリング材です。ひっかき傷がつきにくい素材なので、犬や猫がいる家の床に適しています。また、土足で歩けるほど耐久性に優れているため、商業施設にも向いています。大判の一枚突き板で仕上げられた贅沢な素材は、木目や節のナチュラルさを味わうことができます。

耐久性に優れた、ナチュラルな風合いの「カチンコチン

表面硬度が高く、重歩行に適したフローリング材です。1mmの単板に8層のUV塗装を施してあり、耐久性に優れているのでドッグカフェなどの店舗にいかがでしょう。ツヤ消し塗装のナチュラル感を味わえるのも特長の1つ。

愛犬・愛猫などの健康のために、滑りにくい床材を選び、人と動物が共生できる居住空間を目指しましょう。

ホローブリックの詳細は2014春夏カタログをご覧ください
カタログ請求ページはこちら

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.