住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

名作ぞろいの「ジェネリック家具」をお手ごろ価格で手に入れる

公開日:2014年11月13日

名作ぞろいの「ジェネリック家具」をお手ごろ価格で手に入れる

カフェやレストランで見かける、イームズなどに代表されるおしゃれな家具。その中にはコピー商品も存在しています。それは違法では……と疑問に思われるかもしれませんが、答えは「NO」。意匠登録から20年間は、その製品のデザインの意匠は保護されています。つまり、それ以降はコピー商品を作ることが可能となります。このような家具は、最近では「ジェネリック家具」などと呼ばれています。 今回は、リーズナブルかつおしゃれなジェネリック家具についてご紹介します。

ジェネリック家具とは

ジェネリック家具は、「リプロダクト家具」ともいわれ、不正競争防止法の有効期限が切れた製品に対して、オリジナルをもとに再生産された家具のことです。日本では、デザイナー家具は産業財産権法に基づいてデザインの意匠登録をすることができ、発表してから20年以内は同じ形やデザインの商品を製造販売することが禁じられています。さらには、登録をしていないものでも、3年間は不正競争防止法によって守られ、コピーが禁じられています。

期間を過ぎたものは、パブリックドメイン(知的創作物が、知的財産権が発生していない状態もしくは消滅した状態)として量産され、オリジナルよりも低価格で市場に出回ることになります。忠実に再現している場合もあれば、現在のテクノロジーを応用したり、進化したマテリアルへと変更されたりするものもあります。また、オリジナルのデザインそのままに、より使いやすいディテールと仕様へと改良されていることも。

ジェネリック家具の落とし穴

「見た目はまったく変わらないのに進化していて使いやすく、さらに価格はオリジナルに比べるとはるかに安い」とはいいこと尽くしのように思えますが、最近では残念なケースもみられるようです。低価格に惹かれてオンライン購入したジェネリック家具が、掲載されていた写真とはまったく異なる材質のものだった……という例もあるようなので、購入の際は注意が必要です。複数の画像や商品詳細を確認し、比較検討しましょう。あるいは可能な限り店舗に出向き、実際に目で見て手で触れ、納得した上で購入するようにしましょう。

名作家具で楽しむおしゃれな空間

ジェネリック家具の購入を決めたら、置く場所にもこだわってみましょう。家具がデザインされた同時代のレトロなポスターなどを飾り、タイムスリップしたかのような空間をつくるのも面白いのではないでしょうか。 また、遊んでいるうちに壊れたり傷ついたりしてしまう子供部屋にこそ、お手頃なジェネリック家具はおすすめです。小さいころからデザインに触れる機会を与えると同時に、「大人になったら本物のビンテージを揃える」という夢も抱くことができるでしょう。

手軽に名作家具のコピーを手に入れられるようになった今、インテリアに上手く取り入れることで、自由な発想でおしゃれな空間に作り上げることが可能となりました。あえてジェネリック家具を置く……という遊び心を生活に取り入れ、楽しんでみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.