住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

暮らしをもっと快適に!2階に置きたい設備のリフォームを考えよう

公開日:2015年09月24日

暮らしをもっと快適に!2階に置きたい設備のリフォームを考えよう

一般的な住宅の場合、1階にリビングやお風呂、洗面所やトイレがある間取りがほとんどではないでしょうか。このようなケースでは、2階に子供部屋や主寝室が配置されることが多いと思われます。でも、いざ暮らしてみると、「2階にあればよかった」と思う設備が見えてくるもの。
そこで今回は、将来のライフスタイルも考慮した、2階にほしい設備をご紹介します。

将来の同居を考えたミニキッチンの設置

新築当時は1世帯でも、将来的に両親や子供夫婦との同居をお考えの場合、2階にミニキッチンがあるととても便利です。2世帯住宅への建て替えやリフォームという方法もありますが、どうしても費用がかさみがちです。あらかじめミニキッチンを設けておけば、将来に備えることができます。
また、食事は全員でとるにしても、自室でお茶を飲みたいときなど、いちいち1階と2階を行き来するのは大変なものです。1世帯で住んでいるうちも、お子さまの夜食づくりや来客時の対応など、2階のミニキッチンにはいろいろな用途が考えられるのではないでしょうか。

トイレの渋滞回避のために寝室の側にもう1つ

住む人数にもよりますが、朝の忙しい時間帯などにトイレが渋滞することが多々あります。そのため、トイレを2ヶ所に設けるご家庭も増えていますが、1階と2階それぞれに設置するとさらに快適な暮らしとなることが予想されます。
たとえば夜中のトイレタイムは、暗がりの中で1階のトイレまで行くとなると、転倒や階段の踏み外しのリスクが生じます。また、一度寝入ってしまってからわざわざ離れたトイレに移動するのはおっくうなものです。気になる費用ですが、2階のトイレは家族だけが使うのだとすれば、最高グレードのものにこだわらなくてもよいでしょう。手洗い場が付いたタンク付きトイレなら、費用も場所もかさばりません。

朝の身支度や夜のスキンケアにも使えるミニ洗面台

朝の渋滞はトイレだけではありません。洗面台もまた渋滞発生の可能性が高い場所です。2階に洗面台があれば分散することができ、渋滞を回避できるでしょう。また、就寝前の歯磨きやスキンケアにも洗面台は重宝します。収納も兼ね、ドレッサーとして使用するのもおすすめです。

ポイントは「リーズナブル&コンパクト」

2階にあると便利な設備のほとんどは、1階にメインとなる設備があるものばかりです。そのため、2階にはコンパクトでリーズナブルなもので十分といえます。また、2階に水回りを設置するなら、設計の段階でしっかり検討することが大切です。配管や構造計算など、さまざまな検討事項が必要となるため、要望は施行会社にしっかりと伝えましょう。
将来のライフスタイルのために、今の生活をより快適にするために。2階に必要な設備を見極め、検討されてはいかがでしょうか。

キッチン・水まわりをご検討なら、最新カタログで!
カタログ請求ページはこちら

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.