住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

内装と設備を一新する「スケルトンリフォーム」をご存知ですか?

公開日:2015年10月01日

内装と設備を一新する「スケルトンリフォーム」をご存知ですか?

住まいを改装するリフォームの「リノベーション」にはいくつもの方法がありますが、住まいをまるごと新しい空間へと変える「スケルトンリフォーム」をご存知ですか?住まいを再生させる新しいリフォームテクニックとして注目されているスケルトンリフォームについてご紹介します。

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、既存の柱や梁、鉄骨やコンクリートなどの骨組(スケルトン)は残し、既存の内装や設備を撤去してゼロの状態から住まいをつくり直す大規模なリフォーム術のことです。通常のリフォームとは異なり、間取りを自由自在に変更できるのが大きな特徴です。間仕切りを撤去することで家族構成やライフスタイルに合わせた新しい発想でリフォームをすることができます。

スケルトンリフォームのタイミング

スケルトンリフォームは大規模な工事が必要となるため、施工にとりかかるタイミングが重要となってきます。目安としては、配管や設備の劣化や老朽化が気になり始める築年数が15~20年経過したころ。部分的に何度も費用をかけてリフォームを繰り返すより、予算が立った段階で思い切ってスケルトンリフォームをしたほうが手間や費用が抑えられ、結果的にお得だったというケースも少なくありません。
また、家族構成や生活スタイルに大きな変化があるときもスケルトンリフォームを決める良いタイミングとなるでしょう。両親との同居を始める、子どもたちが家を出て独立するなど、新しい生活に合わせて全面的な改装を考えている方は検討をされてはいかがでしょう。

スケルトンリフォームのメリット

スケルトンリフォームは、構造躯体のみの状態から新たに空間を構成していくので、通常のリフォームに比べ、多くのメリットが考えられます。実際にどのようなメリットがあるのか詳しくみていきましょう。

・躯体補強のチャンス

一度スケルトン状態に戻すことで、構造体の状況や躯体の腐食、ひび割れなどしっかりと確認することができます。丁寧に構造をチェックし、必要に応じて適切な補強工事をするチャンスです。築年数が経った住まいも耐久性を延ばすことで、安心して長く暮らせる住まいと生まれ変わることができます。

・水回りの配置もらくらくチェンジ

通常のリフォームでは配管の位置は変えることができないなどの制約がありますが、スケルトンリフォームなら配管を一度に交換することができます。新たに配管を配置し直すので、間取りを大胆に変えることも可能です。

・断熱性の向上のチャンス

内装材を新しくすると同時に、壁や床に断熱材を加えることができるので、断熱性や冷暖房効率を向上することができます。

・段差を解消してフルフラットの空間に

全部の床をはがすことで床の段差を解消することができます。そのため、バリアフリー化にも効果的なリフォームといえるでしょう。両親と同居するのでバリアフリーを検討しているなど、大きな環境の変化にも柔軟に対応できるのがスケルトンリフォームの魅力のひとつです。

スケルトンリフォームをするにあたっての注意点

スケルトンリフォームは目に見える部分の改装だけではありません。壁や床、天井裏など、人でいう「骨」を支える大切な部分を取り替える作業となるため、当然ながらそれなりの費用がかかります。基礎は住まいを支える重要な部分なので、コストダウンを図るより、これから10年、20年と安全に暮らすことができる住まいづくりを心がけましょう。
また、大規模な工事となるため、じっくりとプランニングする必要があります。工事の規模が大きい分、工期がかかることもしっかりと念頭に置いておきましょう。目安としては打ち合わせや工務店との契約を考え、半年前から行動に移すのが理想的です。また、作業が複雑になるので、しっかりとした建築知識や施工事例を持ったリフォーム会社を選びましょう。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.