住まいづくりのコンシェルジュ

サンワカンパニーが住まいづくりに役立つ情報をお届けします。

コストを抑えてDIY感覚でリフォームを!成功に導く3つのテクニック

公開日:2016年07月28日

コストを抑えてDIY感覚でリフォームを!成功に導く3つのテクニック

「築年数が経ち何となく室内が古ぼけた印象になってしまった」「まだまだ躯体は大丈夫だけど内装を変えて気分一新したい」といった場合、大掛かりなリフォームではなく、コストを抑えたDIY感覚のリフォームという手段があります。
でも、一体どこまで自分でできるのか不安に感じられるのではないでしょうか。そこで今回は、DIY感覚のリフォームテクニックを3つの段階別にご紹介します。

1.初級編 貼って塗って簡単な壁のリフォーム

部屋の印象チェンジにもっとも効果を発揮する場所は「壁」です。室内の面積を大きく占める壁は、4面全部ではなくとも、1面だけでも印象はがらりと変わります。でも、クロスの張り替えは素人には難しいのでは……と思われている方も多いことでしょう。しかし近年改良が進んでいる壁紙は、初めての方でも簡単に貼替えができる工夫が施されています。

進化する内装素材

シール感覚で貼ることができる「のり付き壁紙」のほか、継ぎ目処理の必要がないタイプなど、手間がかからない壁紙がたくさん市販されています。想像以上に簡単に貼ることができるので、DIYに不慣れな女性の方にもおすすめです。
自然素材として今注目を集めている「珪藻土」も、既存の壁紙の上から自分で塗れるタイプが人気を呼んでいます。個性を演出したいなら、壁の一面をブリックや石や陶器質のタイルなどで貼ってみるのも面白そうです。

2.中級編 張るもよし置くもよし、床リフォーム

床のリフォームは、和室を洋室にしたいという要望以外にも、「色や素材が好みではない」「床材が傷んでしまった」などの理由から張替えを希望される方が多いようです。家具を一度撤去する手間はあるものの、床の張替えも、もちろんご自分の手で可能です。

多様化するフローリング材

本格的な無垢素材から合板、防音・遮音効果に優れたもの、衝撃をやわらげるものなど、フローリング材も多様化しています。さらには、フローリング素材の裏に滑り止め加工が施され、接着剤や釘が不要なタイプ、カッターで簡単にカットできるものなど、フローリング材のリフォームは、施工が簡単なのが特徴です。タイルカーペット、クッションフロア、フロアタイルなど、部屋のイメージに合わせたマテリアルを選ぶこともできます。

3.上級編 バスルームやキッチンのリフォーム

バスルームとキッチンは、「予算がない」「工事中は使用できない」などの理由でリフォームを躊躇されている方が多い場所です。お得な商品を見つけても、組み立てを施行会社にお願いするとなると費用がやや跳ね上がるという事情があるから……ともいえるでしょう。

簡易ユニットタイプなら自分で組立も可能!

最近では、自分で組み立てができる洗面化粧台やキッチンが増えており、工事費がかからない分、コストを抑えることができます。ただし、水道などの配管設備やガスなどに手を加えなければならない場合は、専門の施工会社に依頼しましょう。

プチリフォームで大きな変化を

そのほか、壁に棚を取り付けたり、ドアにペンキを塗ったり、ドアノブやスイッチプレート、照明器具などを交換するだけでも部屋の印象はかなり変化します。リフォームという言葉にとらわれずに、「DIY感覚で模様替えする」と思えば楽しく施工できるのではないでしょうか。

また、こまめなリフォームは住まいの点検にもつながり、大切な我が家を守ることになります。気分を一新したときや劣化が気になるときは費用がかかるからとあきらめず、DIY感覚のリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

DIYにオススメ≪珪藻土・漆喰≫

空気をキレイにする高機能光触媒エコ塗料≪オプティマス≫

塩ビ素材のタイルフローリング

リフォームをご検討なら、最新カタログで!
カタログ請求ページはこちら

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.