訪れやすく見渡しやすい「へ」の字型の家

少しレトロさを残した住宅で手洗器≪シガラキ≫を採用いただきました。壁の鮮やかな緑が目を引きますが、洗面器と天板の落ち着いた色に見事にマッチしています。 今ヨーロッパでは少し昔を感じさせるデザインがトレンドですが、人気の秘密はこちらの住宅のように「落ち着く」ところかもしれませんね。

【設計事務所様のコメント】
「家の中のあちこちで、カフェのようにお茶できたら素敵」というのがメインコンセプト。キッチンで、大きなダイニングテーブルで、庭で、そして大きな玄関土間で。
直角より開いたヘの字プランは、1階では特に効果的だ。キッチンから全ての空間が見渡すことができ、反対に玄関土間に入った瞬間は奥まで見通せない。
大きな土間には、子供が帰ってすぐに手洗いができるように手洗いを設けた。 背面の壁は鮮やかな緑とし天板は濃い茶の木目とした。反対に、洗面器は清潔感ある白のでシンプルな形状のシガラキとした。
金額も抑えられており、この空間に大変良く合っている。来訪者が「ともて入りやすい家」と言ってくれたことをクライアントはとても喜んでいた。これは玄関の考え方によるところが大きいと思っている。

一級建築士事務所アトリエm様 ホームページはこちら

バスルーム・トイレ・洗面所

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

玄関・エントランス・ホール

ベランダ・バルコニー

photos_btn_01.jpg

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.