木材に包まれた、まるで“蔵”のようなLDK

無垢の床材や造作の収納など、木材を多用された居心地のよさそうなLDKですね。シンプルなデザインのキッチン≪プレーンKミディアム≫が主張しすぎることなく空間に溶け込んでいます。梁あらわしの天井が開放感と広がりをもたらし、自然と家族が集まって、和やかに会話が弾む様子が目に浮かびます。 【設計事務所様からのコメント】 1階は南側の玄関を兼ねた縁側上のスペースのまわりに、寝室と3人の子供たちの個室、水廻りを配置。2階にはリビングダイニングとキッチン、畳のスペース、北側の緑を望む落ち着く位置には、書斎を確保した。東側の大きな開口はバルコニーでもあり、キッチンと連続する。2階は天井高3.8mの屋根形状をそのままに表した大きな空間で、和室と書斎上部は山小屋のようなロフトスペースがある。自然素材を用いたいとの要望から、壁はラワン合板とドイツ漆喰、床は無垢の栗フローリングや大判タイルとした。 ご主人が学者であることから多くの蔵書を収容する本棚を望まれた。蔵のようなイメージの家である。

神成建築計画事務所様 ホームページはこちら

キッチン

キッチン

キッチン

photos_btn_01.jpg

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.