サンワカンパニーキッチンシステムキッチン

注文住宅で実現するこだわりのキッチン | 選び方と種類

注文住宅で家を建てようと検討している方は、「キッチンにもこだわりたい!」と思っている方も多いでしょう。

しかし、いざキッチンの情報を調べると様々なキッチンの種類やレイアウトなどがあり、どうやって選べばよいか迷ってしまいます。

そこで今回は、注文住宅で導入できるキッチンの選び方や種類についてご紹介していきます。 注文住宅のキッチン選びは自由度が多い分、事前の情報収集が大事になってきます。ぜひ希望のキッチンに出会えるようにしていきましょう。

 


注文住宅キッチンの選び方

注文住宅 キッチン

注文住宅のキッチンを選ぶ時に、どのようなポイントを確認しておけばよいのかを紹介していきます。

システムキッチンを選ぶ流れとしては、「キッチンの間取り」「キッチンのレイアウト」「キッチンの種類(タイプ)」「キッチンのサイズ」を順を追って考えていきます。

注文住宅のキッチンの間取り

注文住宅のキッチンの間取りとしては、「オープンキッチン」「クローズドキッチン」「セミオープンキッチン」の3つから選ぶことができます。

関連記事:使いやすいキッチンの間取りとは?

オープンキッチン

オープンキッチンとは、キッチンとリビング・ダイニングの間に壁がない間取りです。 広々とした開放感ある空間があり、家族とのコミュニケーションが取りやすい間取りです。

関連記事:オープンキッチンの魅力とは?レイアウトのポイントとお悩み別対処法

クローズドキッチン(独立型キッチン)

クローズドキッチン(独立型キッチン)は、キッチンが壁やドアでリビング・ダイニングと分かれているものです。 キッチンの部屋が独立した空間となっているので、調理に集中することができます。

関連記事:独立型キッチン(クローズドキッチン)のメリット・デメリットとは?

セミオープン(クローズド)キッチン

セミオープン(クローズド)キッチンとは、オープンキッチンとクローズドキッチンのどちらの良さも合わせもった間取りです。

家族とのコミュニケーションも取れ、キッチン全体が丸見えになりにくいというメリットもあります。

注文住宅のキッチンレイアウト

キッチンの間取りを決めた後は、キッチンのレイアウトについて考えていきましょう。

関連記事:キッチンのレイアウトで失敗しない方法 | 作業動線を考慮した配置を

アイランドキッチン

アイランドキッチンはキッチンの四方が壁に接しておらず、島(アイランド)のように独立したシステムキッチンのことです。

アイランドキッチンはオープンキッチンの間取りで、人気の対面レイアウトです。ダイニングとキッチン空間の開放感が魅力です。

関連記事:アイランドキッチンのメリット・デメリットとは?

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンはキッチンの左右のどちらかが壁に接しているシステムキッチンです。

ペニンシュラキッチンもアイランドキッチンと同じく対面レイアウトで、開放感がある空間を創れるのが特徴です。 また壁にキッチンの一面が接していることで、吊戸棚の設置がしやすく、セミオープンキッチンでよく用いられるレイアウトです。

関連記事:ペニンシュラキッチンの特徴と選び方

注文住宅で導入できるキッチンの主な種類

注文住宅は自由度が多く、導入するキッチンについても選択肢の幅が広がります。 注文住宅では、どのようなキッチンの種類があるのかを見ていきましょう。

I型キッチン

I型キッチンは、調理台、シンクが一列に並んだオーソドックスなシステムキッチンです。 他のキッチンタイプと比較するとリーズナブルに導入でき、設置スペースが少なくて済むという特徴があります。

関連記事:I型キッチンのメリット・デメリットとは?

II型キッチン

II型キッチンはシンク台とコンロ台が2列に並列したシステムキッチンです。 I型キッチンよりは設置スペースが必要となりますが、シンク台ととコンロ台が2つに分かれているため、調理台のスペースが広く、収納スペースも確保しやすいです。

関連記事:II型キッチンのメリット・デメリットとは?

L型キッチン

L型キッチンはアルファベットのL字型のようにコンロ台とシンク台が設置されたシステムキッチンです。

コンロとシンクを90度で向かい合うように設置できるので、コンロ、シンク、冷蔵庫の3つの点からなる三角形「ワークトライアングル」が短く設計できますが、コーナーの部分がデッドスペースになりやすいというデメリットもあります。

関連記事:L型キッチンのメリット・デメリットとは?

U型キッチン

U型キッチンはコの字型のレイアウトになったシステムキッチンです。 U型キッチンは最も設置スペースが必要なレイアウトです。コの字型になっていることで、シンク台や調理台の移動距離が短いので、動線が良いレイアウトです。

関連記事:U型キッチンのメリット・デメリットとは?

キッチンのサイズを決める

キッチンの種類が決まれば、次はサイズを考えていきましょう。

キッチンのサイズ選びでは、「間口(幅)」「奥行き」「高さ」について確認していきます。

関連記事:システムキッチンのサイズ(寸法)とは?選ぶ際のポイントを解説

キッチンの間口(横幅)

一般的なシステムキッチンの規格サイズは、2,100mm、2,400mm、2,550mmとなっています。

キッチンの奥行き

一般的なシステムキッチンの奥行きは600mm~700mmです。カウンターを付けたタイプは850mm~900mmと広くなります。

ワークトップの高さ

システムキッチンを導入する場合、その高さについて事前に検討しておくことが大切です。 システムキッチンの適切な高さは「身長÷2+5cm」と言われています。適切なキッチンの高さにすることで、身体への負担が軽減されます。

キッチンのオプションを決める

最後にワークトップの素材や色などキッチンのオプションについて決めていきましょう。

ワークトップの素材

キッチンのワークトップとは、調理の作業を行うシステムキッチンの天板のことです。ワークトップの素材には、ステンレスや人工大理石などが使用されています。

素材によって見た目や機能が違ってきますので、ぜひワークトップもキッチン選びのポイントとして考えてください。

キッチンの色

ワークトップの素材にも影響されますが、キッチンの色を考えることもキッチン選びには重要です。 キッチンの色はキッチン空間に大きく影響します。キッチンをどのような色味で統一したいかを考慮して、キッチン自体の色を決めましょう。

注文住宅のキッチンで失敗や後悔しないポイント

新築の注文住宅でキッチンを選ぶ時に、失敗や後悔は出来るだけしたくないと思います。 キッチン選びで失敗しないために、考えておきたいポイントを紹介していきます。

収納スペース

注文住宅のキッチンを選ぶ時に、キッチンの収納スペースについて考えておくといいでしょう。住み始めた後に、「収納スペースが多すぎた……」「収納スペースが足りなかった……」どちらの失敗の声もあります。

事前に何をどのぐらい収納するかを検討して、適切な収納スペースを確保しましょう。

シンク

シンクの深さは水はねに影響があります。実際にショールームに行って確認出来る方は、水を流してみて水はねの度合いを確認しておくのがおすすめです。

まとめ

注文住宅のキッチンの選び方と種類についてご紹介しました。

注文住宅は様々な点を自分で決められる自由度が高い分、自分で決めなければいけない事も数多くあります。その時に後悔や失敗をしないために、事前の情報収集が大切となります。

キッチンのお役立ち情報