サンワカンパニーキッチンシステムキッチン

I型キッチンのメリット・デメリットとは?

キッチンのリフォームやリノベーションを考えたときに、キッチンのレイアウトをどのようにしたらいいか迷っていませんか?今回はI型キッチンという多くの方が馴染みのあるタイプのキッチンレイアウトのメリットとデメリットについてご紹介します。

I型キッチンについての知識を深めて、キッチンリフォームやリノベーションを成功させましょう。

 


I型キッチンとは?

I型キッチンとは、コンロ、シンク、調理台が一列に並んだキッチンのことで、一般的には壁付けレイアウトされるものです。キッチンレイアウトの中でもよく導入されているものなので、見かけたことがある方も多いかもしれません。

それでは、I型キッチンのメリットとデメリットを比較してみましょう。


I型キッチンのメリット

I型キッチンにはどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

スペースを有効活用できる

I型キッチンは壁付けにすることで、キッチンスペースを有効活用でき、設置スペースが他のタイプと比べてコンパクトなため、スペースが限られている住宅でも導入しやすいというメリットがあります。

価格が比較的リーズナブル

I型キッチンは、他のキッチンレイアウトのタイプと価格を比較すると、リーズナブルなものが多いでしょう。その理由としては、複雑な形ではないため、キッチン自体の材料費や加工費が抑えられるからです。


I型キッチンのデメリット

I型キッチンにはどのようなデメリットがあるのかを確認していきましょう。

横幅が広くなると動線が悪くなる

I型キッチンの横幅が長くなると、横への移動が長くなることから、動線が悪くなるのがデメリットです。特に壁付けのI型キッチンの場合は、食器棚や冷蔵庫をキッチンの横に置くことがあるので、横への動線が長くなりやすいです。

キッチンの動線を考えるときは、頻繁に利用するコンロ、シンク冷蔵庫の3つを線で結んだ時にできる三角形の動線である、ワークトライアングルという考え方を参考にしてみましょう。

キッチンがリビングやダイニングから見える

壁付け型のI型キッチンの場合、リビングやダイニング側からキッチンに置かれているものが丸見えになります。家族以外の方にキッチンを見せたくない方は、この点は注意しなければいけません。


I型キッチンの間取り

I型キッチンは対面キッチン、壁付けキッチンのどちらのタイプでも設置することが可能です。それぞれどのような特徴があるのかを確認していきましょう。

対面キッチン

対面キッチンの特徴は、リビングやダイニングを向いて調理ができるため、家族とのコミュニケーションが取りやすいことです。

アイランドキッチンペニンシュラキッチンのように設置することもできますが、広めの設置スペースが必要となります。

壁付けキッチン

壁付けキッチンの特徴は、キッチンを壁に面して設置することで、キッチンスペースを有効に活用できることです。また、壁の方を向かって調理をするので、調理だけに集中することができます。

壁付けキッチンで気を付けておきたい点は、対面キッチンとは反対で、コミュニケーションが取りにくいことです。


I型キッチンの収納

I型キッチンの収納は、対面キッチン、壁付けキッチンなどのレイアウトによってかわってきます。

どのような収納スペースがあるかを確認してみましょう。

シンク下収納

I型キッチンの収納として、キッチンシンクの下にある収納は有効活用しておきたい場所です。

シンク下収納には、シンクでよく使用するボウルなどを収納しておくと便利です。

背面収納

対面キッチンの場合は、キッチンと並列の壁側にカップボードやレンジボードを設置することができます。

必要に応じてサイズを調整することも可能です。

サンワカンパニーのカップボード一覧はこちら

カウンター下収納

対面キッチンでキッチンの背面(ダイニング側)をカウンター仕様にすると、カウンター下収納を利用することができます。

カウンター下収納は、カウンター下収納を使用するときに椅子を動かす必要があるので、使用頻度を考えて収納する物を考える必要があります。

吊戸棚

吊戸棚を壁付けキッチンに設置するときは、壁のデッドスペースを収納スペースとして有効活用できます。

また、対面キッチンの場合は、開放感が少なくなるデメリットはありますが、ペニンシュラタイプのキッチンでは吊戸棚を設置しているケースもあります。

吊戸棚は高い位置にあるため、収納する物を考えて軽いものや使用頻度の低いものを収納するなどの工夫が必要です。

I型キッチンのリフォームについて

I型キッチンは、対面キッチンや壁付けキッチンどちらにも対応することができるので、リフォームで検討しやすいキッチンのタイプです。

リフォームの際にキッチンの位置を移動させる場合は、水栓や配管の問題が出てくる可能性がありますので、事前にリフォーム会社に確認してもらいましょう。

関連記事:キッチンリフォームを成功させるには?

I型キッチンの施工事例

I型キッチンの施工事例をご紹介していきます。 自分の理想のI型キッチンのイメージの参考にしてみて下さい。

末町の家

シンプルモダンな空間に欠かせない黒色のキッチン

I型キッチン エレバート

施工事例

掲載写真:エレバート


まとめ

I型キッチンについてご紹介しましたが、メリットやデメリットは把握できたでしょうか?

I型キッチン以外にも、II型キッチンL型キッチンやU型キッチンなど他のキッチンレイアウトのタイプもあります。

それぞれのタイプにもメリットやデメリットがありますので、I型キッチン以外も比較を行い、ぜひ理想のキッチンレイアウトを見つけて、システムキッチンを導入してみましょう。

キッチンのお役立ち情報