サンワカンパニーキッチン

キッチンレイアウトのポイントとは?動線を考えて使いやすい工夫を

使いやすいキッチンとは、シンク、コンロ、冷蔵庫の配置を考えて、キッチンでの動きやすさに関係する「ワークトライアングル」を考えることがポイントになります。

ワークトライアングルを考えないと、動きにくく、使いにくいキッチンになってしまいます。ここでは、使いやすいキッチンにするためのキッチンレイアウトについて詳しくご紹介します。


ワークトライアングルを意識したレイアウトを考えよう

キッチンレイアウト

キッチンにおける理想のレイアウトは、「ワークトライアングル」がポイントになります。このワークトライアングルとは一体何なのか、詳しく見ていきましょう。

ワークトライアングルとは?

「ワークトライアングル」とは、シンク・コンロ・冷蔵庫の3カ所を線で結んだときにできる三角形の動線をいいます。この3辺の距離が長いと、調理作業におけるムダな動きが多くなるといわれています。

逆に、短くなりすぎると収納や作業する際のスペースが不足することもあるでしょう。また、ワークトライアングルは正三角形に近いほど作業効率が良いといわれています。

コンロ・シンク・冷蔵庫の3つは、キッチンにおいて頻繁に利用するものです。この距離が均等にあることで動線がスムーズになり、調理をする際にもムダな動きを軽減できます。まずは、家のキッチンにおけるワークトライアングルを確認し、動きやすさを確認すると良いでしょう。

ワークトライアングルの距離の目安

ワークトライアングルの長さは、一般的に「2~3歩で移動できる長さ」が良いといわれています。もう少し具体的にいうと、シンクとコンロ間は120~180cmくらいの距離が良いでしょう。

そして、シンクと冷蔵庫間の距離は120~210cm、コンロと冷蔵庫間の距離なら120~270cmが理想的とされています。必ずしもこの距離に合わせる必要はありませんが、キッチンにおける動きに不便を感じているのなら、ワークトライアングルの距離を見なおす必要があるかもしれません。既存のシステムキッチンを動かすことは難しいですが、冷蔵庫の配置を変えるといった工夫は可能でしょう。


キッチンレイアウトにおける、それぞれのメリットやデメリット

キッチンレイアウト02

キッチンには「アイランド型」や「ペニンシュラ型」など、さまざまなレイアウトがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。では、キッチンレイアウトについて詳しく見ていきましょう。

アイランド型キッチン

最後に「アイランド型キッチン」は、システムキッチンを壁に付けず、独立した島のようにするレイアウトです。家族と対面して料理を作ることができ、広い作業スペースがあるため食事の準備を家族で楽しめることができます。キッチンレイアウトの中でも広いスペースが必要となります。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチン」は、システムキッチンの側面の片側を壁につけたレイアウトです。ペニンシュラ型キッチンは対面キッチンの一種で、リビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすいという特長があります。

アイランド型キッチン、ペニンシュラ型キッチン共に、ニオイや煙が広がりやすいという対面キッチンならではのデメリットもあります。

壁付け型キッチン

壁付け型キッチン」は、キッチンの前面が壁に面しているものです。壁付け型キッチンは、壁との間にスペースが出来ないので、限られたキッチンスペースを有効に活用することができます。

しかし、リビングやダイニングにいる家族や客人とのコミュニケーションは取りにくいというデメリットがあります。

キッチンの型を知る

I型キッチン

キッチンレイアウトで多く使われているのが「I型キッチン」です。I型キッチンは、シンクとコンロが一列に並ぶのが理想的です。

広さもそれほど必要がなく、複数人で作業する時に並んで作業できるのがメリットですが、横に長くなり過ぎると動線が悪くなるのがデメリットです。

II型キッチン

次に「II型キッチン」と呼ばれるキッチンレイアウトです。これはシンクとコンロを分けて、平行に配置したものです。作業台は対面式になっており、広い作業スペースを確保することができます。ただ、シンクとコンロは前後に離れているため、体の向きを頻繁に変えることで、身体に負担をかけるかもしれません。

L型キッチン

そして「L型キッチン」と呼ばれるキッチンレイアウトもあります。これは、シンク・コンロをL字型に配列した間取りであり、シンクからコンロまでの動線が短く、作業効率が高くなります。

動線が自然と三角形になるため、ワークトライアングルを実現しやすいというメリットがあります。しかし、L型キッチンは角がデッドスペースとなりやすいというデメリットがあります。

U型キッチン

U型キッチン」はシンク・コンロ・冷蔵庫をU字型に配置したレイアウトです。キッチン空間は独立したスペースになり、収納が多いのも特徴です。作業スペースも収納スペースも広いため、効率的に料理をすることができるでしょう。しかし、通路が袋小路となっているため、通路幅がないと動線が悪くなる場合もあります。


最初が肝心!家具・家電のレイアウトを考えよう

キッチンレイアウト03

キッチンにはさまざまな家具や家電を設置する必要があるでしょう。それらの配置を考えずに置いてしまうと、使い勝手が悪いキッチンになりかねません。キッチンのレイアウトをある程度決めた後は、家具や家電をどう置くかを考えてみましょう。

キッチンに配置するアイテムを洗い出す

キッチンは非常に多くのアイテムを配置しなくてはなりません。その中で、絶対にキッチンに置かなくてはならないかを考えることが大切です。

調理に必要な基本の電化製品として「冷蔵庫」は重要なアイテムです。また、「食器棚」もキッチンの収納には欠かせないアイテムでしょう。こうした必要な家電や家具などをまずは洗い出しましょう。

冷蔵庫を配置するポイント

冷蔵庫は家族全員で使うことが多く、調理中でない時も使用します。動線を重視するなら、冷蔵庫は可能な限りキッチンの入り口付近に配置し、調理中の人の邪魔にならないようにするのがポイントです。

しかし、冷蔵庫をあまりダイニングルームから近いところに置きたくない人は、冷蔵庫はキッチンの一番奥に設置することをおすすめします。

食器棚を配置するポイント

食器棚は食事の準備と片付け両方の時に使用するものなので、調理台やシンクとの動線がよい場所に設置するのがおすすめです。食器棚は種類やサイズが豊富なので、設置においても比較的自由度が高いです。

ダイニングテーブルを配置するポイント

ダイニングテーブルをどこに配置するかも、キッチンレイアウトを考えるうえでは重要なポイントとなります。それは調理の配膳時や、食器の片づけという動線に影響するからです。

ダイニングテーブルをキッチンと対面に配置するか、横並びに配置するかを決めるには、間取りや動線を考慮して決めることが大切です。


キッチンでの動線の確認ポイント

キッチンレイアウト04

キッチンのレイアウトを考えた後には、実際に調理がスムーズにできるかどうかの確認が重要です。ここでは、キッチンの動線の確認ポイントをご紹介します。

通路の幅に余裕があるかどうか

キッチン内で動きやすくするには、ある程度の余裕を持った通路幅が必要です。キッチンでは、コンロ、シンク、冷蔵庫の間を行ったり来たりすることがあります。そのため、ある程度の余裕がなければ、動きにくく調理がスムーズにできないでしょう。

キッチンの通路幅は、1人ならおよそ90cmあると良いでしょう。また、夫婦など2人でよく料理をする場合は、120cm程度の幅があるのがおすすめです。

ワークトライアングルが出来ているかどうか

キッチンレイアウトを考えた際には、そのレイアウトで「キッチン」、「冷蔵庫」、「コンロ」の配置がワークトライアングルになっているかどうかを再度確認してみましょう。

あくまでワークトライアングルは理想なので、間取りなどに制限がある場合は、ある程度妥協することも必要です。


まとめ

キッチンレイアウトは今回ご紹介した「I型」や「L型」などさまざまな種類がありましたが、動線を意識しながら、理想のキッチンレイアウトを見つけていきましょう。そのうえで、まずは「冷蔵庫」、「シンク」、「コンロ」の置き場所を決め、動線が楽になるワークトライアングルを決めるのが大切です。

キッチンのお役立ち情報