トップ キッチンリフォームを成功させるには?ポイントを押さえて快適空間へ

キッチンリフォームを成功させるには?ポイントを押さえて快適空間へ

今使っているキッチンに不満を感じたことはありませんか?キッチンによっては、「調理スペースがせまい」、「収納がせまい」、「掃除が大変」と感じることもあるかもしれません。

そんなときは、思い切ってキッチンをリフォームしてみませんか?ここでは、キッチンリフォームを成功させるためのポイントを詳しくご紹介します。


まずは理想のキッチンをイメージ!キッチンリフォームの手順とは?

理想のキッチン

キッチンをリフォームする際は、まず現状の不満を確認しましょう。そして、新しいキッチンはどういったものにするかをイメージすることが大切です。では、キッチンリフォームの手順について見ていきましょう。

キッチンの不満点を洗い出す

キッチンリフォームの最初の手順は、「今のキッチンの何が不満なのか」を書き出すことが大切です。「手元が暗い」「家族でのコミュニケーションがとりにくい」「ニオイがこもる」など、使っているキッチンに対する不満はご家庭によって違いがあるでしょう。

家族で話し合って不便なことを具体的に書き出すことで、何が大切なポイントなのかを客観的に判断することができます。

また、このときにだいたいの予算も決めておきましょう。キッチンリフォームは、お金の上限を決めておかないと、予算をはるかに超えた良いものや高いものが欲しくなるケースも多いです。「100万円まで」などと具体的に決めることにより、リフォーム内容もより具体的に決めることができるでしょう。

キッチンのイメージを膨らませる

キッチンへの不満点を洗い出せた後は、本やインターネットを利用して理想のキッチンのイメージを家族で共有しましょう。

施工事例などを参考にして、どのようなキッチンの種類や間取りがあるのかイメージを膨らませていくことがおすすめです。

キッチンの間取りを決める

次にキッチンの間取りを決めます。これは大規模なリフォームを行うときに、特に重要です。今のI型キッチンから、Ⅱ型キッチン、L型キッチンなど、今のお部屋や生活スタイルにあったキッチンはどれが良いかを考えます。デザインで選ぶのも良いですが、重要なのは現状の不満点が改善され、ご家庭に合う間取りを決めることです。

必要な設備を決める

そして、「必要な設備」を決めましょう。今使っているガスコンロからIHにするのか、食洗機を導入するかなど、キッチンにおける設備は多々あります。

しかし、すべて買いなおしてしまうとけっこうな金額になってしまうので、買い替えたい設備や、取り付けたい機能を厳選したうえで、じっくり検討しましょう。


リフォーム工事の前に必ずチェック!キッチンリフォームで検討すべきところ

キッチンリフォーム02

キッチンリフォームでは、キッチンのデザインや素材、設備やレイアウトなど検討すべき点を、しっかりと把握しておきましょう。

レイアウト・動線

最後に、キッチンのレイアウトや動線をチェックしておきましょう。

新しいキッチンを導入することで、使いにくいレイアウトになってしまうことはないかを確認しましょう。

また、キッチンの動線を確認しておくことも大切です。たとえば、冷蔵庫からシンクまでの距離は遠くないか、キッチンからダイニングに料理を運ぶ動線はスムーズかなど、リフォーム前に何度もチェックしましょう。

デザイン

毎日使用するキッチンだからこそ、自分好みのデザインで気分よく料理したいものです。好みのデザインのキッチンを選びましょう。

素材

キッチンは油や水がはねやすく、汚れやすいものです。素材によっては、掃除がしにくく、油汚れがなかなか落ちないと感じるかもしれません。

事前にショールームを訪れて、実物の素材についてショールームのスタッフに聞いてみるのもいいでしょう。

湿気・換気対策

キッチンは、ニオイや煙が発生する場所です。キッチンの悩みとして、ニオイがこもってしまったり湿気が溜まったりすることもあるでしょう。

通常、どのキッチンにも換気扇は取り付けられていますが、リフォームによっては換気扇の位置を変更するケースもあります。その際に、ダクトは取り付けられるのか、新しい換気扇の設置場所は確保できるのかなど、空気の循環がきちんとできるかを確認しましょう。


収納は十分?疲れない?快適なキッチンのポイントとは

キッチンリフォーム02

快適なキッチンを作るには、大きく分けて2つのポイントがあります。それは、「収納を十分に確保する」、「疲れにくい工夫をする」ということです。これらが具体的にどういうことなのか見ていきましょう。

収納を十分に確保する

快適なキッチンの条件の一つとして、まずは「収納がたくさんある」ということです。たとえば、お皿を収納できる場所がキッチンにあるかないかでは、動線の動きもだいぶ変わってくるでしょう。お皿をすぐに出し入れできるキッチンでは、調理後にすぐ配膳できますが、それがないと、いちいち食器棚までお皿を取りに行く手間がかかります。

ただ、キッチンにやたら収納場所を増やすのは、動線上邪魔になってしまうこともあります。まずは、調理器具や食器の量を把握して、収納を決めることが大切です。リフォームを機に不要な食器を処分することで、余裕のある収納スペースを作ることもできるでしょう。

また、システムキッチンのように、一体型のほうがスペースを効率的に使えます。収納を1カ所にまとめることで、取り出しやすく見た目もすっきりするでしょう。

疲れにくい工夫をする

そして、キッチンには疲れにくい工夫をすることも大切です。キッチンは長時間立ったまま作業することが多いため、できるだけ負担を減らす工夫があると良いでしょう。

たとえば、床をクッションフロアにすることにより、長時間立っていても足が疲れにくいこともあります。また、軽く腰掛けられるスペースがあれば、長時間キッチンに立つ時でも、足腰の疲れを軽減できるでしょう。


工事ができない!ブレーカーが落ちる?キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームでは、いくつかの注意点もあります。どれだけ理想のキッチンがあっても、住んでいる家の状況によっては、できないリフォームがあったり、設備が置けなかったりすることもあるでしょう。ここでは、キッチンリフォームにおける注意点について紹介します。

場所の移動

大規模なキッチンリフォームだと、既存のキッチンを取り外し、別の場所に新しいものを設置するといった大掛かりな工事になることもあります。

こうした水まわりに関する移動作業は、場合によっては制限されてしまうこともあるでしょう。

一戸建ての場合は、基本的に自由にリフォームできることが多いです。しかし、マンションなどの集合住宅の場合、配管等の移動は規約で制限されていることが多く、移動範囲が限られることもあります。

たとえば、昔ながらの壁付けキッチンからアイランド型キッチンに変更するとなると、配管ごと取り換えるといった作業が必要になります。そうなると、壁の一部を壊したり、床を上げたり、下の階に振動が伝わるような工事をしたりと、マンションの住民に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

集合住宅でのキッチンリフォームは、必ず大家さんや管理会社、管理組合に確認をすることが重要です。

電気契約

また、キッチンリフォームでは電気契約に関しても注意が必要です。キッチンスペースは、家電で多くの電力を消費します。

リフォームしてこれまで以上の電化製品を使う場合、既存のアンペアでは対応できず、ブレーカーが頻繁に落ちてしまう恐れもあるでしょう。コンセントの数や位置も同時に見直す必要があります。

また、間接照明を多く配置すると、同時に使える電力が限られるかもしれません。リフォームで食洗機や新しい家電を導入する場合は、電気契約にどのくらい影響があるのかをあらかじめ確認しておきましょう。


キッチンリフォームには失敗例もある!念入りに確認し、納得のキッチンを手に入れよう

キッチンリフォームを行うことにより、使い勝手が良くなり、その結果調理時間が減少するなど調理時間が減少するなど、使い勝手が良くなったりと、うれしいことがたくさんあるでしょう。しかし、いざキッチンリフォームをしてみたら、予想外に失敗してしまったというケースもあります。最後に、そのような失敗例を見てみましょう。

レイアウトの失敗例

モデルルームなどにあるアイランド型キッチンは、とてもスタイリッシュで料理もしやすいです。しかし、「常に周囲からキッチンが丸見え」といったデメリットもあります。

たとえば、食器洗いはまとめて夜にやるという人がアイランド型を導入したところ、朝から積み重なった洗い物を訪れてくるお客さんにいつも見られてしまうということがあります。まとめて家事を行う人にとっては、手元が隠れるようにするなどの工夫が必要になります。

「イメージとは違った」という失敗例

壁付けのキッチンから対面式のキッチンにリフォームしたところ、「前よりも狭くなった」という意見があります。

壁付けキッチンは有効的にスペースを使えるため、それ以外のスタイルに変更すると狭く感じる方もおられます。

間取りを変更しないリフォームでは、決まった面積に新しいキッチンを作り直すため、レイアウトを変更すると、圧迫感を感じてしまうことがあります。

この他にも、「窓からの光が入らず暗くなった」「システムキッチンだけ新しくしたら、そこだけ妙にキレイで浮いてしまった」などの失敗例があります。

こうした失敗例は、いずれもリフォームを行う前に、念入りに検討することで回避することができます。まずは、既存のキッチンの欠点を改善できるよう、具体的にどのようなキッチンにすべきか書き出すことから始めましょう。

まとめ

キッチンリフォームは、数あるリフォームの中でも、生活をより良くする可能性があります。キッチンを新しく変えることにより、食事の用意が楽しくなり、家族との食事の時間が増えたり、一緒に料理をしたり、友人らを招いて料理をふるまったりなど、毎日の生活にうるおいを与えることもできるでしょう。