サンワカンパニーキッチンシステムキッチン

L型キッチンのメリット・デメリットとは?

システムキッチンにはさまざまな種類があります。今回は「L型キッチン」というキッチンタイプについてご紹介いたします。

L型キッチンのメリットやデメリットを把握して、キッチンのリフォームやリノベーションに役立ててください。


L型キッチンとは?

L型キッチン

L型キッチンとは、キャビネットをアルファベットのL字型に配置したキッチンのことです。基本的にコンロとシンクが90度で向かい合うように設置されることが多いです。

L型キッチンは壁付けキッチン、対面キッチンのどちらでも設置することができるので、導入を検討しやすいキッチンの一つです。

それでは、L型キッチンのメリットとデメリットについてみていきましょう。


L型キッチンのメリット

L型キッチンのメリットとしては、キッチン内での作業動線が短いことや、作業スペースが広くなることなどが挙げられます。それぞれの内容を確認していきましょう。

作業スペースが広くなる

L型キッチンはII型キッチンと同様に、2つのキャビネットがあるので、作業を行えるスペースが多くできます。

作業スペースが広くなると、調理の作業効率がよくなり、複数人での調理が行いやすくなります。

作業動線が短い

L型キッチンはコンロとシンクが90度で向かい合うように設置できるので、コンロ、シンク、冷蔵庫の3つの点からなる三角形「ワークトライアングル」を短く設計できます。

ワークトライアングルが正三角形に近づくほど、キッチンでの作業動線がよくなると言われています。


L型キッチンのデメリット

L型キッチンにはメリットもありましたが、キッチンのコーナーがデッドスペースになりやすいことや、広いキッチンスペースが必要になるデメリットもあります。

コーナーがデッドスペースになりやすい

L型キッチンでは、90度に曲がっているコーナー部分がデッドスペースになりやすくなります。

コーナーは奥まっているため、収納スペースとしては使いづらく、頻繁に使用する調味料などは置かない方がいいでしょう。

広いキッチンスペースが必要になる

L型キッチンを設置するには、I型キッチンを設置する時よりも広いキッチンスペースが必要となります。

特に対面式のL型キッチンを設置する場合は、リビングルームやダイニングルームに面しているキャビネットの間口の広さに気を付けましょう。


L型キッチンのレイアウト

L型キッチンは次の2種類のレイアウトで設置可能ですので、それぞれの特長をみていきましょう。

壁付け式

L型キッチンを壁付けにすることで、キッチンのスペースを有効に活用することができます。また、壁にキャビネットが接しているため、壁面を利用した収納スペースも確保することが可能です。

対面式

L型キッチンを対面式にすることで、リビングルームやダイニングルームにいる家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。

ペニンシュラ型キッチンのような、キャビネットの片方が壁面に設置しているレイアウトになります。


L型キッチンのリフォーム時に気を付けたいこと

L型キッチンのサイズ(寸法)

システムキッチンはメーカーによって規格のサイズが決まっていますので、それを基準として、設置したい場所におけるかどうかを確認してみましょう。

システムキッチンのスペースのサイズを確認するには、奥行き、間口、高さの3つを測っておくことが大切となります。

特にL型キッチンにすると、I型キッチンと比較して奥行が長くなるので、キッチンスペースに制限がある空間には設置できない可能性があります。

L型キッチンの収納

L型キッチンはI型キッチンと比較してキャビネットが2つあるので、収納スペース自体は大きくなります。

しかし、前述のとおり、コーナー部分のキャビネットスペースはデッドスペースになりやすいです。この部分を考慮しないで収納スペースの面積だけを考えると、思っていたよりも物が収納できないということになってしまう恐れがあります。

奥行きが必要

L型キッチンにリフォームやリノベーションをする時は、キッチンの間口だけではなく、キッチンの奥行きも考える必要があります。

L型にすると、I型と比較して奥行きが長くなるので、キッチンスペースに制限がある空間には設置できない可能性があります。

冷蔵庫の配置

L型キッチンはワークトライアングルを作りやすいキッチンレイアウトだとご説明しましたが、冷蔵庫の配置には注意しておきましょう。

冷蔵庫の位置によってキッチンでの動線が大きく変わってきますので、ワークトライアングルの考えをもとに、冷蔵庫の配置を考えましょう。


L型キッチンのまとめ

今回はL型キッチンのメリットやデメリットについてご紹介しました。さまざまなキッチンレイアウトがある中で、理想のレイアウトを見つけるためには、色々なキッチンレイアウトを比較することが大切です。

他のキッチンレイアウトのメリットやデメリットも比較して、失敗しないリフォームやリノベーションを行っていきましょう。


キッチンのお役立ち情報