サンワカンパニーキッチンシステムキッチン

ペニンシュラキッチンの特徴と選び方

映画やドラマで、対面キッチンを目にする機会が増えました。台所というよりインテリアと呼ぶにふさわしいほどおしゃれで、人気も知名度も高くなっています。

今回は対面キッチンの一種である、ペニンシュラキッチンを検討されている方に向けて、ペニンシュラキッチンの特徴や選び方について詳しく解説します。

 


対面キッチンを選ぶなら?ペニンシュラキッチンの特徴を知ろう

ペニンシュラキッチン

システムキッチンには壁付け型と対面型の2種類があり、ペニンシュラキッチンは対面キッチンの一種です。聞いたことがないという人も多いかもしれません。そこで、まずはその基本的な特徴を押さえておきましょう。

ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラ(peninsula)とは、英語で「半島」を意味します。キッチン部分が半島のように突き出ていることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれています。

四方が壁に接していないアイランドキッチンを、片側だけ壁につけたものと考えるとわかりやすいかもしれません。

対面キッチンはオープンキッチンと呼ばれ、コミュニケーションが取りやすく開放的な空間を演出できるのが魅力です。

その代名詞となっているのが、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンになります。しかし、機能面やデザイン面で、ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンとは異なる特徴を持っています。


ペニンシュラキッチンには豊富なメリットがある

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの良さを持ちながら、アイランドキッチンの弱点をカバーするメリットがあります。

コミュニケーションが取りやすい対面キッチン

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンと同様に対面キッチンなので、キッチンに立つ人の視線がリビング側に向くように設置されます。料理中もリビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすいのがメリットといえます。

また、リビングから目を離さずに済むため、小さなお子様がいる家庭では、調理中もその様子が確認できます。緊急時にもすぐに対処できるので安心感が高いでしょう。

間取りの自由度が高くバリエーションも豊富

ペニンシュラキッチンは、キッチンの片方を壁付けにするレイアウトなので、比較的限られたスペースにも設置できます。一方、アイランド型キッチンは両サイドに通路を確保する必要があることから、設置に広いスペースが必要となります。

キッチン前部にカウンターを設置すれば、テーブルカウンターのように使うこともできます。

目隠しは意外に重要?

忙しい現代人にとって、キッチンを常にきれいに片付けておくのは簡単ではありません。また、料理や盛り付けなどの作業中に手元を見られるのを嫌う人は多いものです。

パーティションを立てるなどして適度に目隠しすることも可能です。ただし、存在感のあるパーティションを置くと室内が狭く感じられることがあります。

空間の開放感が高い

ペニンシュラキッチンは独立型キッチンと比較すると、開放性が高く、リビングやダイニングと一体となった空間を楽しむことができます。

一方、壁付けキッチンは作業中の視線が壁に向くため、作業に集中しやすいのが魅力です。しかし、閉鎖的な空間に置かれるので、空間が狭く感じる方もおられます。

ペニンシュラキッチンのデメリットや注意点についても把握しよう

キッチン選びは、そう何度も経験することではありません。それだけに、設置してから想定外のトラブルが起こるケースも少なくないのです。デメリットや注意点を把握して、対策を立てておく必要があるでしょう。

対策が不可欠?ニオイや煙が広がりやすい

対面キッチンでは開放的なスペースで調理をするため、どうしてもリビングやダイニングにニオイや煙が広がりやすくなります。換気扇を回しても、解消できないことも少なくありません。ソファなどのインテリアにニオイが染み付いてしまうこともあるでしょう。

油はねも起こりやすく、放置すると見た目も衛生上も良くないため、こまめな手入れが欠かせません。ペニンシュラキッチンを導入するなら、ダイニングとリビングの消臭対策と定期的なキッチンの掃除が求められるでしょう。

下調べが肝心!少なくなりやすい収納スペース

ペニンシュラキッチンで空間の開放感を出したい場合、吊戸棚の収納を設置しない場合があります。吊戸棚がない場合、壁付けキッチンの収納よりもスペースが少なくなるので、注意しましょう。

必要な収納スペースを確保するためには、あらかじめキッチンに置きたいものをリストアップし、収納の計画を立てておくと良いでしょう。

開放感を重視したいなら、キッチンのすき間やワークトップ下のスペースなどを、上手に活用する必要があります。充分なスペースがあるなら、背後に収納棚を置いたりパントリーを設けたりするのも良い方法です。

油はね・水はねには注意が必要

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと同様、油はねと水はねに注意が必要です。

油はねや水はねが気になる方は、コンロ前が壁になるよう施工前から計画しておくことや、油はねガードを設置しましょう。


ペニンシュラキッチンを選ぶときのポイントとは?

ペニンシュラキッチンの導入を考えている人は、購入を決める前に、設置スペースや予算、コンセントについて検討しておくことをおすすめします。

設置スペースを測っておこう

キッチン選びでは、キッチンのサイズだけでなく、動線のためのスペースについても考えておかなくてはなりません。キッチンの動線を想定して、あらかじめ作業に必要となるスペースの広さを測定しておくと良いでしょう。

なかでも、使用頻度が高い冷蔵庫や食器棚への動線が長すぎると、使いにくいキッチンになりがちです。それぞれ2~3歩程度、長さでいうと120cm以上の動線が確保できれば快適に動きやすいとされています。

あらかじめ予算を決めよう

ペニンシュラキッチンは比較的高価格で、オプションや条件によって価格に開きがあるのが一般的です。

また、食洗機や浄水器など豊富なオプション機能も提供されていますが、あれもこれも取り入れると費用も上がってしまいます。支払える予算と購入ポイントを整理してから、最終的な判断をすると失敗しにくいでしょう。      

コンセントの位置や数を決めておく

ペニンシュラキッチンを導入する際には、コンセントの位置や数を決めておくことも大切です。

新築の場合は、コンセントの位置や数をある程度思い通りにできますが、リフォームの場合は注意が必要です。

リフォームの場合は、既存のコンセントの位置や数を変更できるかを、リフォーム業者に事前に確認しておきましょう。


後悔しないようにペニンシュラキッチンを選ぼう

ペニンシュラキッチンは対面キッチンの一種で、開放性の高さが魅力です。また、実際の生活で使いやすいのが人気の理由といえるでしょう。

しかし、ペニンシュラキッチンは決して安いものではありません。快適に使うためには一定の設置スペースも必要です。購入に当たっては、前もって設置スペースと予算について充分に検討しておくことをおすすめします。

 

キッチンのお役立ち情報