サンワカンパニー洗面所・水回り洗面台(洗面化粧台)

洗面所の床材の選び方│おすすめの素材と張り替え時期の目安

新築やリフォームの際に考えておきたいのが洗面所の床材選びについてです。

洗面所は浴室と隣接して洗面脱衣所になっている場合が多く、床材選びはデザイン性だけではなく耐水性などの機能性も確認しておく必要があります。

今回は洗面所の床材の種類をご紹介し、床材の選び方についてご説明していきます。新築やリフォームで洗面所の床材に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 


洗面所の床材の種類

洗面所におすすめの床材をご紹介していきます。

クッションフロア

クッションフロアはデザインが豊富で耐水性に優れた床材です。フロアタイルやフローリングよりも安価で、選択肢が沢山あります。

しかし、クッションフロアの素材である塩化ビニールは柔らかい素材なので、傷がつきやすいという特徴があり、注意が必要です。

フロアタイル

フロアタイルはクッションフロアよりも耐水性に優れ、また強度も強いという特長があります。

特徴としては、デザイン性が高く木目柄や石目柄などがリアルに表現されていることです。

フロアタイルはタイルのように1枚毎のピース状となっているため、施工も簡易ですが、クッションフロアより価格が高くなります。

フローリング

フローリングには天然木でできた無垢フローリングと、板やシートを張り合わせて出来た複合フローリングがあります。

フローリングには水が染み込んで木材が腐食するリスクがあります。

特に無垢フローリングは耐水性がないので使用には注意が必要です。(ワックスがけなどの事前のケアが必要となります。)

また、複合フローリングは耐水性、耐汚性、洗剤や漂白剤に耐えられる性能を高めたものもあり、そういったものが洗面所の床材として利用されています。


洗面所の床材を選ぶポイント

洗面所の床材を選ぶポイントをご紹介していきます。

耐水性に優れている

洗面所の床材は耐水性に優れているものを選ぶといいでしょう。

洗面所は洗面台や洗濯機が設置されている、浴室と隣接しているなど家の中でも密接に水と関連した場所です。

そのため、湿気がたまりやすく床材にカビが発生するリスクがあります。

手入れしやすい

手入れのしやすさも洗面所の床材選びで大切なポイントです。

洗面所は手洗いの際の石鹸や、歯磨きの際の歯磨き粉が床に飛んでしまうこともあるので、頻繁に掃除する必要があります。

滑りにくい

洗面所と脱衣所が一緒になっている場合は、滑りにくい床材を選ぶといいでしょう。

滑りやすい床材だと、お風呂上りの際にぬれた足で転倒してけがをする可能性が高くなります。


洗面所の床に現れる劣化症状とリフォームのタイミング

床がどのような症状になった時にリフォームすべきかを知っておきましょう。

洗面所の床に現れやすい劣化症状

洗面所は湿気が多く、洗面台や洗濯機などから水漏れする可能性もあるため、床材が劣化し腐食する可能性があります。 床の一部が柔らかくなったり、カビが発生している場合は、床材が劣化していないか業者に確認してもらいましょう。

洗面所の床材を張り替える時期の目安

一般的に洗面所の床材の張り替え時期は約10年ぐらいと言われていますが、床材の種類や使用状況によって時期は変わってきます。

上記のような劣化症状が見られた場合は、床下の点検と共に床材の張り替えを検討しましょう。


洗面所の床材の選び方のまとめ

洗面所の床材の種類やその選び方についてご紹介しました。 洗面所のリフォームを検討している方は、この機会に洗面所の床材の交換も一緒に検討してみましょう。

 

洗面所・水回りのお役立ち情報