サンワカンパニーキッチンシステムキッチン

システムキッチンのサイズ(寸法)とは?選ぶ際のポイントを解説

 

システムキッチンを導入する際には、キッチン本体の間口(横幅)や通路幅などのサイズ(寸法)について確認しておくことが重要です。

サイズ選びを間違えると、設置することができなかったり、キッチン内の動線が悪くなったりと不具合が出てくる可能性があります。

今回はシステムキッチンのサイズと知っておきたいポイントについて解説していきます。

設計士の方や工務店の方と打ち合わせをする際に、説明内容を正しく理解するためにも、事前に知識を得ておきましょう。

 


システムキッチンのサイズはこの3つを把握しましょう

システムキッチン サイズ

システムキッチンのサイズについて知る場合、「間口(横幅)」「奥行き」「高さ」の3つについて知る必要があります。

この3つの選び方を間違えないことで、使いやすいシステムキッチンを導入することに繋がります。

キッチンの間口(横幅)

一般的なシステムキッチンの規格サイズは、2,100mm、2,400mm、2,550mmが多く、1,650mm~3,000mm以上の間口の取扱いのあるメーカーもあります。

コンロの標準サイズの幅は、日本国内では600mm、750mmが標準規格とされており、シンクの標準サイズは700mm~800mmで設定されています。(メーカーによって他のサイズの取扱いもあります。)

キッチンの奥行き

標準的なシステムキッチンの奥行きは600mm~700mmです。

対面キッチンにする場合は、奥行きを200mm~300mm余分に長くすることで、カウンターとして使用したり、目隠しや水はね防止の枠を設置することができます。

対面キッチンを導入する方は、奥行きの標準規格がメーカーによって異なりますので、各システムキッチンのメーカーに確認しておきましょう。

ワークトップの高さ

システムキッチンのワークトップの高さは、床からワークトップまでの高さが「身長÷2+5cm」になると便利といわれています。

身長160cmの場合、最適な高さは160÷2+5=85cm(850mm)となります。

ワークトップの高さが低いと腰を曲げて作業をしなければいけないので、腰に負担がかかります。

ワークトップ自体の一般的な高さは800m~900mmとなっており、高さをオプションで変更できる商品もあります。

システムキッチンのサイズを検討する際のポイント

システムキッチンのサイズを検討の際には、キッチン本体のサイズだけではなく、吊戸棚のサイズ、作業動線の確保、通路幅の確保についても考えておくといいでしょう。

吊戸棚のサイズ

理想的な吊戸棚の高さは、「自然と吊戸棚が目に入って、手が届く範囲の高さ」と言われています。

一般的な吊戸棚の高さは、500mm・600mm・700mm・900mmのものがあります。吊戸棚のサイズを決めるときは、天井の高さやキッチンを利用する方の身長も考慮して決めましょう。

作業動線の確保

システムキッチンの間口を決める際に、気を付けたいポイントが作業動線についてです。

システムキッチンのシンクとコンロの位置を決める際には、一緒に冷蔵庫の配置も確認しておくといいでしょう。

シンク、コンロ、冷蔵庫の位置を結んでできた三角形を「ワークトライアングル」と呼び、ワークトライアングルの長さの合計が3,600mm~6,000mm内に収まると効率的な動線と言われています。

通路幅の確保

システムキッチンの奥行きを決める場合、通路幅について考えておく必要があります。

1人で調理する場合、900mmの通路幅があると余裕をもって調理できると言われています。

2人以上で調理する場合は、すれ違う際に身体がぶつからない幅を確保するため、1,200mmほどは必要になってきます。



まとめ

システムキッチンのサイズについてご紹介しました。

システムキッチンのサイズはどのような点に注目しておけばいいのか分かったうえで、具体的にシステムキッチンの導入を検討してみましょう。

 

キッチンのお役立ち情報