トップ
洗面台を掃除する際のコツと注意点とは?毎日使う場所こそ清潔に

洗面台を掃除する際のコツと注意点とは?毎日使う場所こそ清潔に

洗面台は、洗顔や歯磨き以外にも、手洗いや洗髪、洗濯などに利用します。頻繁に利用する場所であることから、汚れが付きやすく、水気を帯びていることが多いために、カビが発生することがあります。

毎日清潔な状態を維持するためには、定期的に掃除を行うことが大切です。今回は、洗面台をきれいに保つために知っておきたい掃除の基礎知識をご紹介いたします。


洗面台に付く汚れの種類は?

洗面台 掃除

洗面台をきれいに掃除するには、洗面台に付きやすい汚れの種類について知ることが重要です。汚れによって掃除方法が異なっているので、洗面所に付きやすい汚れはどんなものなのかを知っておきましょう。

水垢

鏡や洗面ボウルの表面に飛び散った水分が蒸発すると、白いうろこ状の汚れが現れます。それは水垢と呼ばれるもので、水道水に含まれる石灰(炭酸カルシウム)が原因物質です。

水がかかったところが濡れたり乾いたりを繰り返すことで水垢は蓄積していきます。蛇口から出たばかりのきれいな水でも放置すると水垢になってしまうので、こまめに拭き取るか、酸性洗剤で掃除します。

赤カビ

排水口の周囲や水栓の周りには、ピンク色をしたシミのようなものがよくできます。これは赤カビと呼ばれる細菌が、汚れに含まれる栄養分を利用して繁殖したものです。

色がピンク色なので目立ちますが、こすると汚れはすぐに落ちます。発生しやすい汚れですが、比較的簡単に除去できます。

黒カビ

黒カビは赤カビをエサに繁殖します。継ぎ目のコーキング材などに付着すると、深く根付いてしまいます。一度付いてしまうとなかなか落とせないので注意が必要です。


洗面台をきれいに保つためのポイントは?

洗面台をきれいに保つためには、洗面台を使用する際に少し掃除の意識を持つことが大切となってきます。どのような手入れをすればきれいな状態を保てるのか、具体的な手入れの仕方を見ていきます。

使用後は軽く水を流す習慣づけを

洗面台に汚れが付着したら、すぐに軽く水で流すことが大事です。水垢以外の汚れは、細菌やカビによるものが多いので、水分の中にカビの胞子や栄養分が残っていなければ繁殖を防げます。

洗面台で洗髪や手洗いをした後は、石鹸成分を残さないように、洗面ボウル全体を軽く水で流すようにするとよいでしょう。化粧品やヘアスプレーなどが飛び散っていても、軽く水を流しておくことで、そのまま乾いて汚れが落ちにくくなるのを防げます。

汚れ防止につながる水滴の拭き取り

水垢、赤カビ、黒ずみはいずれも余分な水分が残ることで発生します。水滴を拭き取って水分を残さないようにすれば、汚れの発生を抑えられます。

とくに水栓の付け根や排水口の周囲、洗面ボウルの表面などは、乾いたタオルやスポンジなどでこまめに水分を拭き取ることで、水垢やヌメリの発生、カビの繁殖を防げます。

濡れるたびに水分を拭き取る作業は、一見面倒に感じるかもしれません。しかし、洗面台をつかうときの一連の流れとして習慣づけてしまえば、それほど難しいことではないでしょう。

洗面台の場所別の掃除方法と必要な掃除道具

洗面台を清潔に保つために必要な掃除道具はどんなものでしょうか。プロのような道具でなくても、家で簡単に掃除できる道具がありますので、ぜひ活用していきましょう。

洗面ボウル

洗面ボウルを掃除するときは、まず洗面ボウル全体を軽く水で濡らしてから始めます。その後、洗面ボウルにまんべんなく重曹水を塗布してスポンジでこすりましょう。

重曹水は、スプレーボトルに入れて吹きかけるようにすると、広い範囲でも均等に塗布できます。

一通りこすったら、重曹の成分が残らないようにしっかり水洗いし、水分が残らないように乾いた雑巾で拭き取れば完了です。

せっかく掃除しても水分を残してしまうと、水垢やカビなどの原因になります。最後にきちんと乾かすのが洗面台掃除のコツです。水垢がひどい場合はクエン酸などの酸性洗剤を使いましょう。重曹水と水垢は、ともにアルカリ性のため、効果が期待できません。

ミラー(鏡)

洗面所にあるミラーの汚れは、歯磨きや水滴が飛んで白い斑点になっています。白い斑点が付着していたら、気づいたときに布きれでふき取ることで簡単にきれいにできます。

布きれで取れない場合は、古くなった歯ブラシなどを利用して除去しましょう。最後に水気をよく吸収する、マイクロファイバーのクロスで水気を拭き取りましょう。

蛇口

蛇口の汚れは、水垢と手垢が原因となっています。掃除方法としては、スポンジに蛇口の素材や塗装に合った洗剤をつけて、蛇口を軽くこすって洗いましょう。蛇口のつけ根などの細かい部分には、歯ブラシを活用して汚れを落としましょう。

排水口

排水口には、髪の毛が詰まっていたりカビが発生している場合があります。まずは排水口にたまっている髪の毛を除去し、歯ブラシを利用してきれいにしましょう。排水口の周りも、歯ブラシの細かい毛先を利用すれば、うまく掃除することができます。

排水口からニオイがする場合は、排水パイプのつまりや汚れが原因と考えられるので、塩素系の洗剤を排水パイプ内に入れましょう。使いすぎると塩ビパイプが痛む可能性があるので、注意が必要です。(塩素系洗剤は、酸性洗剤と混ぜると有毒ガスが発生する恐れがありますので、使用上の注意をよく確認したうえで、ご利用ください)


洗面台掃除で注意する点は?

洗面台掃除にはいくつか注意すべきポイントがあります。洗面台を傷めないように掃除するためには、どんな点に注意すればよいのでしょうか。注意点について見ていきましょう。

素材の確認をする

洗面ボウルや排水口、水栓まわりの素材は違ってくるので、全て同じ方法で掃除してしまうと、傷がつく可能性があります。

洗面ボウルやキャビネットの素材だけでなく、コーティングについても確認が必要です。鏡やボウルの表面に汚れが付きにくいコーティングや、くもり止めのコーティングなどが施されていることがあります。

掃除のために研磨材などを使うと、せっかくのコーティングが取れてしまう可能性があります。商品の説明書で、使ってはいけない薬品などが書かれていないか確認することも必要です。

掃除はコンセントをふさいでから

洗面台の掃除には水を使います。コンセントが付いている場合は、コンセントの穴から水が入ると危険です。内部に水が入らないように注意するか、マスキングテープなどを貼って、穴をふさいでから掃除を始めるようにしましょう。

照明器具の掃除は電源を切ってから

照明器具を掃除するときは、たとえ乾拭きでも電源を切ってからにしましょう。電源を切った直後は、照明器具が熱を持っていることもあるので、やけどに注意する必要があります。


まとめ

洗面台を掃除するコツについて今回は紹介してきましたが、一番重要なコツとしては、こまめに掃除をする習慣をつけることです。清潔な洗面台を維持して、毎日気分がよい状態にしましょう。

洗面所・水回りのお役立ち情報