サンワカンパニー洗面所・水回り洗面台(洗面化粧台)

洗面台(洗面化粧台)の最適なサイズ(寸法)とその選び方とは?

洗面台を選ぶ際には、最適な洗面台のサイズ(寸法)を選ぶことが大切になってきます。

洗面台のサイズ選びに失敗すると、「洗面所の扉が閉められない」、「洗面台と洗濯機の間にデッドスペースができてしまった」という不具合が出てくる可能性があります。

洗面台選びで失敗しないために、今回は洗面台の最適なサイズ(寸法)と選び方をご紹介していきます。

 


洗面台のサイズ(寸法)の選び方とは?

洗面台 サイズ

洗面台のサイズ(寸法)を把握するには、洗面台の「間口(幅)」、「高さ」、「奥行き」の3点を確認しておく必要があります。

それぞれの一般的なサイズについてご紹介していきます。

洗面台の間口(横幅)

洗面台の一般的な間口のサイズは、600mm、750mm、900mmの3つとなっています。

メーカーによって上記以外の間口の製品もあるので、上記のサイズで不都合が出る場合は検討してみましょう。

洗面ボウルの縁までの高さ

使いやすい洗面台にするためには、洗面ボウルの縁までの高さを最適にすることが重要となります。

理想的な高さは、身長÷2の高さです。

例えば、身長160cmの場合は、80cm(800mm)の高さが適しているという計算になります。

洗面台の奥行き

洗面台の奥行きは一般的に400mm~600mmです。

洗面台の奥行きは洗面所の動線に影響があるので、洗面所の広さやドアの開き方を確認して、動線の確保をしておきましょう。

 

洗面台のサイズで気を付けたいポイント

洗面台のサイズ(寸法)を検討するときに気を付けておきたいポイントをご紹介します。

洗面台を購入してから後悔しないように、下記の点も確認しておきましょう。

デッドスペースに気を付ける

洗面台間口のサイズ選びを間違えると、洗面台の横に設置されている収納棚や洗濯機との間にデッドスペースが発生します。

限られた洗面スペースを有効活用するためには、可能な限りデッドスペースを作らないよう洗面台の間口を測るだけではなく、洗面台の横に設置する物の幅も合わせて測っておくといいでしょう。

実際のサイズをショールームで確認する

洗面台の実際のサイズを知っておくためには、洗面台を販売しているメーカーのショールームに行くことをおすすめします。

ショールームにはサイズが違う洗面台が展示されている場合があるので、サイズの違いを直接知ることができます。

実際に洗面台の前に立つことで、自分の身長とのバランスや収納の広さを確認できます。

サンワカンパニーのショールームはこちらから


洗面台のサイズ(寸法)の選び方まとめ

洗面台のサイズ(寸法)の選び方についてご紹介しました。

洗面台のサイズは、「間口」「洗面ボウルの縁までの高さ」「奥行き」の3つが大切です。

洗面台のリフォームなどで洗面台を交換する方は、洗面台のサイズを考慮して、洗面台選びで失敗しないようにして下さい。

 


洗面所・水回りのお役立ち情報