トップ
水栓の種類と正しい選び方

水栓の種類と正しい選び方

キッチンや洗面所、お風呂場などの水まわりは毎日使用する場所です。水まわりの利便性や機能性、デザイン性を高めたいと考える人が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

水まわりの良し悪しを決めるカギとなるのが水栓です。水栓は奥が深く、水栓ひとつで使い勝手や見た目の印象は大きく変わります。そこで、今回は水栓に焦点を当てて水栓の種類や適切な選び方を解説していきます。


水栓の種類は主に4つある

水栓

水栓には大きく分けると4種類あり、デザインだけではなく使い勝手もそれぞれ大きく異なります。水栓は水が出ればどれも同じと考えるのではなく、機能的で水まわりの雰囲気に合ったものを選んでいきましょう。

単水栓

まずは「単水栓」です。単水栓は、吐水・止水という水の出し止めの機能だけをもつシンプルなタイプの水栓です。

単水栓はひとつの蛇口から水だけ、あるいはお湯だけしか出ません。水とお湯の両方を使いたいのなら、次に紹介する混合水栓を使うのが一般的です。

2ハンドル混合水栓

「2ハンドル混合水栓」は、ひとつの吐水口に対してお湯と水の2つのハンドルがある湯水混合栓です。それぞれのハンドルの加減によって温度と流量を調節できるのが特徴です。

また、吐水口がひとつなので、すっきりとしたデザインとなっています。こちらは壁に取り付けるタイプだけではなく、洗面台やキッチンの台に取り付けるデッキタイプのデザインもあるため、水まわりのデザインにこだわりたい人にも選択肢となるでしょう。

シングルレバー混合水栓

「シングルレバー混合水栓」は、ひとつのハンドルで流量と温度を操作できるタイプの水栓です。大抵の場合、上下で吐水と止水、左右で温度調整ができる仕組みになっています。

シングルレバー混合水栓のメリットは操作が簡単で、片手でも楽にさまざまな調整が可能なところです。

シングルレバー混合水栓も壁付けタイプだけではなく、デッキタイプもあります。洗練されたデザインのハンドルが多いシングルレバー混合水栓は、スタイリッシュな水まわりを演出する際にも役立つでしょう。

サーモスタット混合水栓

「サーモスタット混合水栓」は、温度の上限を制限するサーモスタットが中に組み込まれている機能的な水栓です。吐水口から出る温度はほぼ一定に保たれるという自動温度調節機能が付いています。

通常は片方のハンドルで温度の調整をして、もう片方のハンドルで吐水や止水などを行います。シャワーへの切り替えもどちらか一方のハンドルだけで行えるものもあります。


利用場所から水栓を選ぶ

水栓を使用する場所によって、選ぶ水栓の種類が変わってきます。どのような機能が必要かを検討して、それぞれの場所に適した水栓を選んでいきましょう。

キッチン水栓

片方の手がふさがっているといったシーンも多いのがキッチンです。この場所に向いているキッチン水栓は、片手でも簡単に使えるシングルレバー混合栓です。

シングルレバー混合栓は流量と温度を簡単に調節できます。そのため、キッチンではとりわけ高い利便性を発揮します。

洗面台用水栓

洗面台用の水栓にも、使い勝手が良いものを選ぶ方がよいでしょう。洗面所は1日に何度も利用する機会がある場所です。水栓は洗面ボウルとの大きさや高さとのバランスを合わせた製品を選ぶと、使いやすいでしょう。

洗面所には、一般的にシングルレバー混合栓や2ハンドル混合栓が多く使われています。

浴室用水栓・シャワー

浴室用の水栓やシャワーには、一般的にサーモスタット混合栓が用いられることが多いです。シャワーを浴びている最中に急に冷たい水が出てきたといったトラブルを極力少なくしてくれるサーモスタット混合栓は、家族全員のリラックスタイムの強い味方となってくれます。


水栓で確認しておきたいポイントとは?

水栓を設置する際に、どのようなポイントを確認しておいた方がよいかを見ていきましょう。

機能を確認する

近年の水栓はさまざまな機能が付いています。使い勝手が良い便利な機能があればそれを確認し、ぜひ水まわりの一部として取り入れていきましょう。水栓に付いている機能として代表的なものに、ハンドシャワーや浄水機能一体型などがあります。

水栓のサイズを確認する

水栓を自分で取り替える場合は、水栓の取り付け穴の数とサイズを確認しておくことが大切です。水栓の取り付け穴の数とサイズは、土台となる箇所の穴のサイズと同じでなくてはならず、単水栓=25mm、混合水栓=35mm~38mmが一般家庭ではよく使用されているサイズとなります。

水栓の高さを確認する

吐水口からシンクや洗面ボウルの底にある排水口までの高さを確認することも大切です。こちらの高さが高すぎると、勢いで水がはねてしまうこともあります。


まとめ

水まわりに必要な器具の水栓について、今回は紹介させていただきました。普段はあまり意識しないものですが、キッチンや洗面台の故障やリフォームの時には、気にしておきたいポイントとなります。