トップ
クレーム公開

クレーム公開

今までに下記のようなクレームが発生しました。 品質や数量には十分留意していますが、ご迷惑おかけしたことをお詫び申し上げます。 今後ともより一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

ステンレスユニットシェルフキッチンの天板の裏の汚れ(2016/11/28 更新)

天板裏に蜘蛛の巣?

無印良品とのコラボレーションキッチン≪ステンレスユニットシェルフキッチン≫をお買い上げのお客様より、「天板フチの裏に黄色い蜘蛛の巣のようなものがついています」とご連絡をいただきました。

いただいたお写真がこちらです。

汚れの正体は接着剤

ステンレス製の天板は、強度を持たせるために裏側に補強材を接着します。
今回ご指摘いただいた「蜘蛛の巣のようなもの」は、その接着の際にはみ出てしまった糊と判明しました。
(スプレータイプの糊を吹き付けるため、蜘蛛の巣のように見えます。)

「この部分は裏側で目に付く場所ではないため、ご了承ください。」とお伝えしましたが、実際ショールームに展示しているもので再度確認をしたところ、使用時に目に付く事がわかり、改めて除去のご連絡をさせていただきました。

一般的なキッチンでは、天板の下にはキャビネットがあり天板の裏が見えることはありませんが≪ステンレスユニットシェルフキッチン≫については、下側がスケルトンの構造をしていることから見えてしまうことが分かりました。


お客様には、はじめに誤った案内をお伝えしたことを謝罪し、商品開発時の検討不足であること、今後の改善に活かすことをお約束させていただきました。

改善

後日工場と対応について検討。
以降の出荷分については、糊をきれいに除去した状態で出荷する事で決定しました。


除去の様子


除去後の様子

今回ご指摘をいただき、商品の改善に繋げることができました。
この様なご指摘はサンワカンパニーにとって、非常にありがたいことです。
今後も、ご指摘を真摯に受け止め、より良い商品をお客様にご提供できる様、日々努力を続けて参りたいと思います。

平成28年11月

キッチンシンクの錆(2015/11/13 更新)

ステンレスシンク内に錆が発生している

お客様から「キッチンが錆びました」とご連絡があり、原因究明のご対応をさせていただくなかで、実物を確認することとなりました。

ステンレスコンパクトキッチンを確認したところ排水口周りに錆が集中しています。排水トラップは、ヌメリ取り剤が装着された状態で、錆の進行が特に激しく、一部穴が開いてボロボロになっていました。

本来、ステンレスが錆びにくいのは表面に「不動態皮膜」と呼ばれる膜を形成する性質があるためですが、塩素にはその膜を破壊し腐食・劣化させる作用があります。塩素の他、塩分にもその作用があるため、付着した際にはすぐに洗い流し乾燥させる(空気に触れる)ことが重要です。

今回の錆は、このヌメリ取り剤(塩素)が原因で間違いないと思います。サンワカンパニーでは、ステンレスキッチンでは『固形または粉末の塩素系洗剤・漂白剤は使ったり、近づけたりしないでください』と取扱説明書に記載しています。(他社のキッチンメーカー様でも同様の注意をしています。)
注意を怠った場合は、錆が発生してしまいます。

実際にヌメリ取り剤を排水口に設置・放置したものを見たのは初めてでしたが、ここまで錆が進行するものとは本当に驚きました。

取扱説明書を読んで正しい使い方を

今回は、おそらく使用頻度が低かったため、気付くことなく錆が進んでしまったと考えられます。 ステンレス製のキッチンまわりでは、塩素類の使用には十分注意していただきたいと思います。 このクレームを公開することにより、今後同様の事故を少しでも減らすことができればと願っております。

平成27年11月

キッチンパネルの割れ(2015/07/06 更新)

キッチンパネルが割れている

弊社の隠れた人気商品≪キッチンパネル≫は、しばしば配送中に破損が発生していたため、お客様から改善のご要望をいただいていました。これまで破損した状態でキッチンパネルが届いてしまったお客様には、ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんでした。

原因究明のため破損商品をお客様から送り返していただいたところ、パネルの端に何かにぶつかったような跡を確認することが出来ました。

梱包は、パネルと同じ厚さの段ボール板にテープで固定したものをさらにフィルムで包むようにしていますが、お届けする際に平積みで保管している商品を立てて運ぶため、パネルと段ボールを固定していたテープが外れ、パネルが動き直接外部と接触してしまっていたことが原因と判明いたしました。

今回、固定しているテープがパネルの重みに耐えきれず段ボールから外れてしまっていたことが原因と分かり、より強力にパネルと段ボールを固定できる様にテープの長さを2倍以上に変更しました。

25_case150629-05big.jpg

効果を検証するため【落下試験】を実施したところ、改善前の短いテープで梱包した場合は、高さ60cmから3回落下させるとパネルが段ボールからずれましたが、テープを長く改善した後はずれることがなくしっかりと固定できることがわかりました。また、専門の配送業者を手配することで荷扱いのレベル向上につとめました。

上述の改良により破損件数は大幅に減少しました。
「テープの長さを変える」、ただそれだけの事ですが一歩改善することができました。これからも、無事に商品がお届けできるよう努めていきたいと考えております。

≪キッチンパネル≫は、全梱ではなくフィルムで包んでいることから、お客様からは「荷姿が簡易すぎる」とのお声をいただくこともありますが、あえて中が見えるようにすることで丁寧に運搬してもらえるように促しています。

≪キッチンパネル≫は硬い繊維強化セメントの板となっていますが、厚みが薄く(3.2mm)割れやすい商品となっています。配送中・現場での荷扱いによっては、破損の危険性がございます。十分ご注意ください。

平成27年7月

食器洗浄機から水漏れ!(2015/04/14 更新)

食洗機から水漏れした

先日、食器洗浄機(以下、食洗機)付きキッチンをお買い上げいただいたお客様から、食洗機から水漏れしたとの連絡がありました。水漏れは重大事故になります。大慌てで当日現場に向かいました。

現場で状況を確認したところ、お客様は、洗剤に『食洗機専用洗剤』ではなく『台所用洗剤』をご使用されていたことがわかりました。これが水漏れの原因であることが判明し、とりあえず一安心。製品の不良ではありませんでした。

お客様には『食洗機専用洗剤』を使っていただくように以下の説明をさせていただきました。

なぜ台所用洗剤を使用したことで水が漏れるの?

一般的に『台所用洗剤』は、泡立ちが良くなるような成分(界面活性剤)がたくさん入っています。 洗浄のメカニズムとしては、油分を泡で包み込んで洗い落とすイメージ。一般的に中性(もしくは弱酸性)で手肌にやさしいです。

一方『食洗機専用洗剤』には、泡立ち成分はほとんど入っていません。入っているのは酵素とアルカリ成分で、洗浄のメカニズムとしては、油を分解して洗い落とすイメージです。アルカリ性の為、手で触れると肌が荒れてしまいます。『台所用洗剤』と『食洗機専用洗剤』、どちらも見た目はとろっとした良く似た液体ですが、成分・洗浄のメカニズムが全く違うんです!

誤って『台所用洗剤』を使用した場合、様々な不具合が発生します。
・庫内が泡だらけになって泡が漏れ出てくる。
・泡で水流が阻害され、汚れが落ちない。
・洗剤が流れきらずに残ったまま、乾燥されてしまう恐れがある。

また、『台所用洗剤』だけではなく、重曹も弱アルカリ性です。
油汚れなどに有効で、泡もたたないため、一部使われている方もいらっしゃいますが、これも成分が固まって動作不良や故障の原因となります。もし使われている方がいらっしゃいましたら、使用をやめていただいた方が無難でしょう。

取扱説明書を読んで正しい使い方を

実はこちらの内容については、食洗機の取扱説明書の中に記載があります。
間違った使い方をするとまさかの故障や事故が起こる事がありますので、説明書をよく読んでからのご使用をお願いします。

平成27年4月

食洗機の臭い(2014/10/8更新)

未使用なのに下水の臭いがする

ガゲナウの食洗機をお買い上げいただいたお客様より、未使用の食洗機から下水の臭いがするとの連絡をいただきました。

未使用の場合、排水トラップに水が溜まっていないため、下水の臭いが上がってきてしまうのです。

下記の図は、実際のガゲナウの食洗機のトラップとは少し構造が違うのですが、トラップについての概念を表したものです。
使用するにつれ、臭いは無くなっていきますが、ガゲナウの場合は、同梱の洗剤3つを入れて45分~50分のコースで洗えば臭いは消えるので、お客様にはそのようにご案内致しました。

トラップについて 水がなくなると

万が一、下水が食洗機側へ逆流してしまうと衛生上非常に危険ですので、ガゲナウに限らず、どのメーカー品も必ず排水側にトラップを付けるようになっています。

ただ、長期間食洗機を使っていなかったり、乾燥機能しか使っていない場合でもトラップ内の水が古くなり臭いが発生したり、水が蒸発して無くなり下水の臭いが上がってきたりする事があります。

そうなると臭気はもちろん、害虫が入り込んでくる場合もありますので、ご注意を!

平成26年10月

洗面ボウルの錆(2014/6/19更新)

陶器製の洗面ボウルに錆!?

人気の洗面台『リンド・ツー』をお買い上げいただいたお客様から、洗面ボウルに錆が出たとご連絡をいただきました。

早速、いただいたお写真を確認したところ、目皿と洗面ボウルの間に錆が発生している状態でした。
洗面ボウルは陶器製で、排水口の金具はメッキ製品。このメッキが剥がれない限り、錆びることは材質上考えられません。

こういったケースで、原因として想定されるのが【もらい錆】です。
特に、取付工事後から1か月くらいの間に発生するものは、工事の際に発生した微細な鉄粉等が洗面ボウルと目皿の間に入り込み、錆を発生させている可能性があります。

今回のお客様の場合も、納品後1ヶ月半程度のタイミングでご連絡いただきました。【もらい錆】であると想定されましたので、歯ブラシの先にクリームクレンザーをつけて、軽くこすり錆を落としてくださいとアドバイスさせていただきました。
後日、「無事、錆取剤を使って錆が取れました」とお客様からご連絡をいただきました。
【もらい錆】が発生した原因に関しては、「工事後にモップで床掃除をし、そのモップをこの洗面台で洗った際に微細な鉄粉が付着してしまったのだろう」との事。「今後の参考事例として下さい」と今回のお申し出を頂戴しました。

そんな経緯で、今回ありがたくクレーム公開に事例として掲載となりました。
工事の際はどうしても鉄粉などが出てしまう為、工事直後は水をよく流すなど鉄粉を除去する事をお勧めします。
それでも、目に見えないレベルの小さな鉄粉が隙間に入り込んでしまい錆が発生することもありますので、その時は【もらい錆】の除去をお願い致します。

今回のお客様は、専用の錆取剤をご使用されたとの事でしたが、ご家庭用のクリームクレンザーでも【もらい錆】を落とすことができます。スーパーやホームセンターで100円程度で購入する事ができますので【もらい錆】でついてしまった時は使ってみて下さい。

きちんとメンテナンスをすることで、いつまでもきれいな状態で長くご使用いただけると嬉しいです。

平成26年6月

キッチンパネルの水膨れ (2014/3/28更新)

キッチンパネルに得体の知れない水膨れが、、、

キッチンパネルをお買い上げ頂きましたお客様から、「キッチンパネルに水膨れが発生した!」と連絡を受けました。現場のお写真を頂いたところ、確かに、キッチンパネルの表面に得体の知れないポコポコとした膨れが確認できました(パソコンでは左側、スマートフォンでは上の写真)。

実はこれ、以前にも同様の発生の連絡がありました。前回発生時のお写真がこちら。よく似ています(パソコンでは右側、スマートフォンでは下の写真)。

25_case140328-01big.jpg

25_case140328-02big.jpg

前回発生した際に、水膨れの発生原因を探るべく、再現テストを行っていました。
水にドボンと浸けてみるなど、色々とテストを行った中で、唯一水膨れが発生した条件は、「パネル裏面側だけから水を供給し続ける」のみでした。それ以外の条件では、水膨れは再現せず、通常ではそんな状況は考えられないので、前回は原因が判らずじまいになってしまっていました。

そして今回。
前回は現場を確認することができなかったのですが、今回現場に伺う事ができました。現場を拝見したところ、水膨れは下までずっと続いており、よく見ると床にも水が浸みている様子が見られました。

お客様にご了承を頂き、パネルをはがしてみると、なんと、、、
水膨れのあった箇所の下地の合板が水でべとべとに濡れているではありませんか!水栓の接続部から水漏れがあり、この様な状況になってしまっていました。水膨れが起きた際の試験条件「パネル裏面側だけから水を供給し続ける」に当てはまる状況が起こっていたのでした。

もしも、お宅のキッチンパネルに水膨れができた際は、もしかすると上の現場の様にパネルの内側で水が漏れている可能性もあります。あまりないケースではありますが、水膨れがどんどん酷くなる場合などは、一度ご確認を頂ければと思います。

平成26年3月

シリンダー錠の動き (2013/12/26更新)

シリンダー錠が硬くて動かない

建具とシリンダー錠をお買い上げいただいたお客様から「錠が硬くて動かない」というお問い合わせをいただきました。状況を確認したところ「鍵の動きが悪かった為、油をさして様子を見ていたが、硬くて動かないほどになってしまった」との事でした。

<シリンダー錠>

<弊社取扱いシリンダー錠>

 25_case131226-02big_..jpg

カギ業界では一般的な話なのですが、『鍵穴に油をさす』というのは、実はタブーなのです。
なぜかというと、油に埃などが付いてしまい、鍵穴の内部で粘着してしまうからです。粘着した埃は時間が経過するにつれて固まり、ついには鍵が動か無くなったり、無理やり回して鍵が折れるという事態に陥ってしまうのです。

では、鍵の動きが悪い時はどうしたらいいのでしょう?

次の手順でのお手入れで、大抵の場合は解決できます。
1.掃除機を鍵穴につけて、中のゴミを吸い込みます。
2.古い歯ブラシ等で鍵を軽く掃除をします。
3.鍵の切り込みを鉛筆で強めになぞって、鍵穴に数回抜き差ししましょう。(終われば、黒鉛は拭きとってください。)
※鉛筆ではなく、鍵専用の油の含まれていない潤滑剤(パウダースプレー)を使うこともお勧めです。中には、間違って鍵穴にさしてしまった油を分解除去できるような優れものも有ります。(ホームセンターで数百円程度で購入できます。インターネットで「鍵専用 潤滑剤」で検索が可能です。)

鍵はどうしても、ポケットに入れたりすることで、埃や服の繊維が付いてしまう為、それが鍵穴に入り込んで動作不良を起こす場合が有ります。
「なんだか最近、鍵の抜き差しがしづらいな」「回すのが硬いな」などと感じられている方は、是非とも、上記の手順で、お手入れをされることをお勧めします。

平成25年12月

大理石モザイクタイルの隙間 (2013/12/03更新)

目地突合せ部の精度が悪く所々に隙間が目立つ

スプリットチェックという大理石モザイクストーンを納入したお客様から、隙間が目立つとの連絡をいただきました。お客様からは、商品の精度が悪いのでは、というご指摘を頂きました。現場で確認したところ、確かに突合せ部分で隙間が生じていました。

ただ、モザイクストーン単体で差し金を当てて精度を確認すると、大きなズレは見られず、商品の精度が悪い訳では無いことが判りました。

対象の商品は小さな天然石を1枚のシートに貼り合わせたものです。天然石の為、一粒一粒に注目すると形状は微妙に異なり、それが味わいを出しています。ですが、目地無しで突合せて広範囲に使用された場合は、それぞれの天然石の精度の影響を受けてしまう為ズレが生じ、隙間が空いてしまいます。

この様な場合、隙間部分に「防かび剤入り内装用目地セメント」を埋め込み、余分なセメントを拭き取るという作業で、隙間が全く目立たなくなります。

今回の現場に関しても、この要領で隙間を埋め、仕上がり状態にお客様からもOKを頂きました。

大理石モザイクを突き合わせて使用される場合は、ジョイント部分の隙間はどうしても避けられない事象です。隙間が気になる方は、上記の手順で隙間を埋めて下さい。隙間が目立たず、まるで一粒一粒を貼り合わせた様な美しい仕上りになること間違いなしです。

平成25年12月

キッチンシンクにサビが発生 (2013/08/08更新)

設置したばかりなのにシンクが錆びたので交換してほしい。

キッチン設置後2~3日でサビが発生したとの連絡をいただきました。お客様は取り換えを要望されましたが、現場を見てみますと、シンク部分ではなく天板部分に多くのサビが発生していました。現場の状況を確認しますと、工場地域であることと、給湯室での利用との事でした。お話しをうかがった限りでは頻繁に利用されていない状況でした。

短い設置期間でこれ程サビが発生する事は考えにくいため、断定はできませんが「もらいサビ」が考えられます。ステンレスは錆びにくい素材ですが、汚れと水分を長時間付着したままにしておくと、不純物が酸化して錆が発生する場合があります。これはステンレスの成分に元々含まれている鉄分が影響しています。例えば、水に濡れたままのヘアピンをステンレスの天板の上に放置していますと、その部分だけサビが発生する事があります。これが「もらいサビ」と呼ばれる現象です。この「もらいサビ」は簡単に落とす事ができます。お客様には事情を説明し、手持ちのクリームクレンザーを塗布しサビを落としました。

リフォーム工事をされていた現場でしたので、粉塵などの不純物がステンレスにもらいサビを誘発させたようです。

半年後、再度サビ発生の連絡を受けました。通常、一度サビを落とすと酸化被膜がステンレスを覆い、サビの発生を抑える為、このような状況は余り考えられないのですが、連絡を受け、写真を送付していただきました。前回よりかなり軽微でありましたがサビ発生が確認できましたので、前回同様の処理にてサビを落としていただきました。改めて現場の状況を確認したところ、設置場所は事務所の給湯室で、ドアを閉めると全く空気の流通が無く、換気扇もあまり回していない状態でした。断定はできませんが、換気の影響が考えられるため24時間換気をお願いし、様子をみていただく事にしました。

さらに半年後、電話連絡をさせていただいたところ、それ以降サビ発生はなく、換気扇も常に回していただいているとの事でした。

ステンレスはサビないと認識されている方が多いのですが、鉄も含有していますし決してサビない金属ではありません。扱い方次第ではサビてしまいます。使用後は清掃を心がけ、余分な物質が付着しないようメンテナンスしていただく事をお願いいたします。
もらいサビであれば、普段のお手入れで防ぐ事ができます。方法は簡単です。汚れたまま・濡れたままにしない、換気をよくする。これだけです。

平成25年8月

キッチンの扉のズレ (2013/03/29更新)

キッチンの扉が一直線になっていない。サイズがおかしいのでは?

独立した流し台やコンロ台を連結させるコンビネーションキッチンを納品したお客様から写真が届きました。確かに流し台(奥)とコンロ台(手前)で段差が生じています。いわゆる「ツラが合っていない」状態です。念のため製造ロットから工場で確認してみましたが、生産工程、検査ともに異常なし。そこで現場を確認させていただきました。

早速コンロ台を観察します。キャビネットは10mmほど段差があるのにステンレス巾木部分はピッタリ。もしやと思って触ってみると、巾木が後ろに下がりました。巾木はステンレスの板を張り付けて仕上げていますが、どうも接着が弱くなっていたようです。手前に浮き上がった巾木に合わせて設置された結果、キャビネット部分が後ろに下がってしまっていたのでした。

これは品質の問題ですので早速改良したコンロ台を手配しました。元々シリコンコーキングのみで固定されていたので、交換品の設置ではキャビネット同士をしっかり連結していただきました。(コンロ台を動かないようにするなど、安全面から連結をお願いしております。)最後はしっかり横並びに連結され、「ツラ」もバッチリ合っている状態に仕上がりました。品質の改善はもちろんながら、キャビネットの連結についても注意喚起のため取扱い説明書を見直しいたします。

平成25年2月

MDFフローリングの染み(2009/10/05 更新)

ベルギー製のフローリングに染みが発生しているので、原因を調べて下さい。

11年前に納入したお客様からクレームの連絡がありました。覚えていてくださり、嬉しいやら悲しいやら・・・。問題の製品はベルギー製のフローリングで、ユニクリックというParky社の特許商品でした。サネ部分が嵌め込み式になっているので接着剤や釘を使わずに施工できるという画期的なフローリングです。現在もフローティング・フロアー工法と呼ばれ、世界中で販売されています。当社はこの工法をいち早く導入し、専門の施工部隊まで養成して販売していた時期がありました。ところが、メーカーの指導通りに施工したにもかかわらず、試験データをはるかに超える伸縮が発生。スキやハラミなどのクレーム勃発で新工法から撤退せざるをえませんでした。この伸縮の原因は日本独特の湿気によるものですが、基材のMDFの吸水長さ変化率がJIS基準(合板フローリング)より大きく、フローリングには不向きだったのです。ちなみに合板フローリングの基準にMDFフローリングは含まれていません。

さて、お客様のフローリングの状態ですが、リビングや寝室などは驚くほどきれいでした。ところが、なぜか壁に面した部分は変色していました。お風呂場の入り口部分の変色は、明らかに水分によるものです。寝室などドライエリアにおける同様の変色も、フローリング短部の小口からの湿気によるものと考えられます。ただし、大気中の湿気が長年にわたり、染み込んだようで風呂場の入り口部分よりも淡く、まばらでした。

合板メーカーにお願いして、同樹種、同サイズで1ケースだけ補修用に特注調達しました。かなり時間も経過しているので、全額実費での補修を承諾していただきました。気に入ってもらっていた商品が生まれ変わってたいへん喜んでいただきました。奥様から頂いたオリジナルブレンドの紅茶は社内で好評でした。ありがとうございました。

平成21年9月 長野県

サーバダウン(2009/07/03 更新)

ホームページが表示されないので、キャンペーン中に商品が購入出来なかった。

5/13~6/30に実施した『運賃無料キャンペーン』ではたくさんのご注文を頂戴し、ありがとうございました。

しかし、月末は注文が殺到し、サーバが一時的にダウンしました。それが原因で一部のお見積り、お問合せへの対応に遅延が発生しました。また、注文が集中したことで、せっかくご注文いただいた商品の売り切れも一部ございました。当社の都合でキャンペーンの運賃無料が受けられないお客様がおられました事を深くお詫び申し上げます。

弊社といたしましてはお詫びも兼ね、同キャンペーンを7/31まで延長することを決定いたしました。今後はこのようなご迷惑をおかけすることのないよう、業務改善を徹底する所存でございます。このたびの件につきまして、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成21年7月

タイルのエフロ(2008/04/16 更新)

タイルがセメントを吸い上げて白華現象を起こしている。至急張り替えて欲しい。

テラコッタなどの陶器質タイルや砂岩などは吸水率が5%を超えますので、下地のモルタルや目地セメントを吸い上げ表面まで汚染する場合があります。モルタルを吸い上げるので表面は灰黒色になります。これはタイルの裏面処理や白セメンを使うことで防げます。白華現象(エフロ)とは鼻ダレとも呼ばれますが、セメントの成分が水と空気中の二酸化炭素と結合して目地やタイルを白く汚染する現象です。
つまり、『モルタルの吸い上げ』と『エフロ現象』では同じ表面汚染でも、汚れ方も処方も異なります。

現場はオープン前のカフェでしたが、張替え準備の材料が山積みになりオーナーさんは怒り心頭。当社の技術の者も平身低頭で現場調査をさせていただきました。
品質検査でのデータは吸水率0.14%、世界最高位の磁器質タイルが『吸い上げ』のクレームを起こすなんて信じられませんでした。表面をドライヤーで乾燥させて、恐る恐るブラッシングしてみました。するとホコリが立ち、ホッと一安心。『吸い上げ』ではホコリは立ちません。表面に付着した汚れ(セメント)が原因なのです。目地セメントを拭き取る時に汚れたスポンジを使われたか、雑巾など繊維品で目地掃除をされたかです。繊維品でモルタルは拭き取れません。逆に汚れを広げてしまいます。

25_case-3204_.jpg

さて、原因は特定できたので大急ぎでクレーム処理です。
同製品は耐酸性も高く、歯科医院や美容院などでも使用可能なタイルです。歯科の薬品やパーマ液の酸度は意外に高いのです。
近所のスーパーでサンポール(トイレ洗浄用)を購入、原液を5倍に薄めて表面を酸洗いしました。模様に深く入ったモルタルは歯ブラシを使用しました。
3時間ほどの作業でタイルは張り替えずに綺麗になりました。もちろん、オープンには間に合いました。「こちらの手違いなのに、作業までさせて申し訳なかった。次の店もサンワカンパニーの商品でオープンさせるよ。恥ずかしいけど、クレーム公開に載せてもOKや!」とオーナーからお許しを頂戴しました。カフェも大盛況のようですね。次のオープンをお待ちしております。

平成20年3月 愛知県

框(かまち)の割れ(2007/06/25 更新)

開梱すると大理石の框(かまち)が割れていました。至急交換して下さい。

框(かまち)とは玄関や勝手口などの上がり口に取り付けられる化粧材です。上がり框と称され、集成材や大理石が用いられます。最近は段差の少ないバリアフリー建築が主流ですので、マンションなどは厚さが30~50mmと薄い材料になっています。
さて、割れた石框の石種はボテチーノクラシコでイタリア原産の大理石です。大理石は圧縮破壊強度が1100kg/m2程で御影石の約50%です。つまり、御影石より衝撃で折れやすいのです。本品は戸建住宅用だったので1.5メートルの長さがあり、厚さも幅も120mmとたいへん贅沢な仕様で重量も58kgありました。追跡調査の結果、配送業者がターミナルで積み替えるときに地面に落としたことが判明しました。お急ぎの現場だったので、至急加工して翌日納品させていただきました。
お施主さんも現場監督も「事故だから仕方ない」と遅れを了承してくださいました。また、丁重なご礼状を頂戴いたしましたので、ご了解を頂いて下記に掲載させていただきます。

(前略)『本物の大理石の框が玄関にドーンと据えてあったら、いいね。』などと建築前はいろいろ妻と夢を語っていました。限られた予算で諦めていましたが、サンワカンパニーさんと○○建設さんのおかげで夢が実現しました。イタリアタイルとデッキアルトも妻のお気に入りです。カマチが運搬中に折れたりして、サンワカンパニーさんには損をさせてしまいましたが、たいへんお世話になりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。喜んで頂き何よりです。こちらこそ、本当にありがとうございました。ちなみに折れた框は保険金が出ましたので、損はしておりません。(笑)

平成19年5月 神奈川県

建具のシミ(2006/12/28 更新)

イタリアから輸入した建具に斑点状のシミが発生しています。
早急に補修して下さい。

今回輸入したドアはイタリアの木工展示会(サイエドゥエ)でグランプリを受賞した製品でした。生産している会社はたいへん歴史があり、故アイルトン・セナや有名サッカー選手の家などの特注家具や木製品を手がけています。日本のマンションへ納入しましたが、同様のシミが数件も発見されました。当社のスタッフも現地で検品をしておりますので、連絡を頂いたときは木目や節(ふし)だろうと思っておりました。しかし、写真のように不自然な斑点が見られました。このドアはフラッシュ構造で、表面のツキ板の厚さはヨーロッパで標準の0.6mmです。現地に問合せてもクレームの原因はなかなか特定できませんでしたが、建築試験場でシミの成分分析をお願いして原因が分かりました。ツキ板は全く関係なく、フラッシュ構造の基材にあったガム・ストリーク(ヤニツボ)が汚染源だったのです。さらに、このヤニは65℃以上で液化することも判明しました。ヨーロッパ船が赤道直下のスエズ運河を通過する時、コンテナ内の温度は60℃とも70℃とも言われています。つまり、現地の検品では無かったシミは輸送中に発生したようです。ツキ板の補修はできませんので、すべて新品と交換させて頂きました。

平成18年11月 島根県

大理石のもらい錆(2006/12/28 更新)

植木鉢の跡が床に残ってしまい、何度拭いても取れない。
玄関なので何とかして下さい。

床の石種はタソスホワイトでギリシャ産の大理石です。吸水率は0.68%で同等硬度のイタリア産大理石ビアンコ・カラーラ吸水率0.11%と比較すると、ノーワックスで土足の床には不向きでしょう。
通常の汚れは中性洗剤で拭き取れますが、こんなにクッキリと跡が残ることはありません。植木鉢を見せていただくと、固定用の飾り金物が付いており、その円形の部分が錆びて床を汚してしまったようです。原因はもらい錆なので弱酸性のリムーバーを使用しました。ペースト状なので薬剤の蒸発が抑えられて、効果が持続するというスグレものです。この他にも石の天板に染み込んだワイン用リムーバーやオリーブオイル専用なんてのもあります。すべてイタリア製ですが、さすがに石の国です。何でもあるもんですね。約90分でほとんど分からなくなりました。

平成18年10月 長野県

キズフローリングの張り替え(2006/09/13 更新)

リビングの床にオモチャで子供が傷をつけてしまいました。
目立つ場所なので、張り替えて下さい。

新築でご入居されて2週間目に発生した事故でした。マンションの遮音フローリングは表面単板は0.3mm程です。この薄い表面単板は強化塗装(セラミック混入+UV)で保護されています。

しかし、マンション用の遮音フローリングは事務所などのキャスター使用や重歩行には対応していません。現場は尖った金属片を引きずったような深い傷がありました。フローリングに電ノコで小窓を開けて、ノミを使って注意深く周囲に残ったフローリングを外します。はめ込むフローリングの凸サネ部分は切り落とし、床面に接着します。この時、注意しなければいけないのは、はめ込んだフローリングは接着するまで重量物を置きますが、なるべく大きな面で押さえてやることです。張り替えたフローリングだけに重量をかけると周囲より沈んだり、浮き上ったりして危険です。

薄い紙に糊を染み込ませて、切り取った凸サネ部分に当てておき、はみ出した糊を拭き取ればきれいに仕上がります。木工ボンドは乾燥すると透明になります。

平成18年7月 大阪府

レッドパイン無塗装品のカビ(2006/06/16 更新)

『レッドパイン無塗装の商品ですが、表面にカビが発生していて、使い物にならないのが数枚ありました。発送の段階ですぐに分かるカビだと思います。その上、請求先に納品され自分達でトラックを手配することになり大変な労力を使いました。このような初歩的なミスをする御社に少し憤りを感じました。納品先のミス、商品のカビの不良品の件で御社の仕事に対する雑な姿勢が感じられました。この件をぜひクレーム公開していただきたいと思っております』

たいへん申し訳ありませんでした。原因は発送した商品の1ケースがビニール梱包されてなく、雨に濡れてカビが発生した模様です。通関時に税関の内容点検で抜打ちで開梱されますが、検査後にきちんと梱包しておかなかった当社の責任です。その上、お客様に誤配送までして、ダブルでご迷惑をおかけしました。

その後の当社の対応にはご満足頂き『クレーム公開までしなくて構わない』との丁重なメールまで頂戴しましたが、スタッフ全員の戒めのため、あえて公開いたしました。品質向上と業務の改善には、より注力してまいります。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成18年5月 東京都

ガラスブロックの破損(2006/06/16 更新)

到着したガラスブロック・アンドレ(中国製)に破損がありました。
梱包が悪すぎるんじゃないですか?

入荷時の検品は倉庫でおこなっています。スペイン製やイタリア製のガラスブロックにはほとんど割れや欠けがありませんが、中国製には国内配送時に発生する破損が多く見られます。
返品や交換には費用も時間もかかるので中国サイドには何度も梱包を指示したり、日本から梱包材を送って対応させていますがクレーム率はあまり改善されません。

ご指摘のとおり梱包が悪いのです。中国のメーカーには何度交渉しても段ボールにお金をかけて梱包を丈夫にしようという意識がありません。次回次回と騙され続けてもう2年。どのメーカーも契約不履行はヘッチャラです。

丈夫な梱包でクレーム率を下げるための残された方法は国内梱包しかありません。写真のような段ボールを手配し、当社の配送センターで再梱包をすることにしました。もちろん価格は据え置いております。
今までお送りして破損のあったお客様には大変ご迷惑をおかけしました。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

平成18年6月 石川県

御影石の破損(2006/01/15 更新)

材料の強度不足と施工不良で歩道の石板が割れている。大至急補修しろ!(ゼネコン口調)

破損の調査をしましたが、割れの発生は2箇所とも勾配が取られている部分に集中していました。(余談ですが、当時の現場所長は割増し退職金を貰って、今は悠々自適だそうです)
歩道等で石材やタイルなどの仕上材がひび割れしていることがありますが、原因の多くは下地の空隙(隙間)によるものです。下地はベースコンクリート100~150mmに調整モルタル30~50mmで仕上材の石板を施工します。

しかし、長年の膨張と伸縮でコンクリートとモルタルの間、モルタルと仕上材の間に空隙が生じます。ここに外部から過大な圧力が加わったり、水が侵入したりすると冬場に凍って、その圧力でひび割れが発生します。
今回のクレームは調整モルタルにも空隙は見られませんでした。また、材料の強度不足とのご指摘でしたが、当社は歩道などの公共工事には事前の材料試験で強度も確認しております。(写真参照)すみやかに補修工事は終えましたが、原因は毎夜毎夜、納品に来るコンビニのトラックが歩道に乗り上げる違法駐車によるものでした。

平成18年1月 兵庫県

大理石のサビ(2005/11/01 更新)

浴室の大理石に茶色のシミが浮き上がって見苦しいので、染み抜きして欲しい。

大理石のクレームで最も多いのが、このサビの問題です。大理石の主成分は炭酸カルシウムですが、その他の成分(ケイ素・カリウム・鉄・マグネシウム・マンガンなど)も含有しています。これらの成分が経年変化で石の表面にサビとして表れるのです。
ご指摘の茶色のシミは大理石に含まれる三酸化鉄(Fe2O3)が浴室内の水分と化学反応を起こして二酸化鉄(赤茶色)に変化したことによるものです。

50戸ほどの外国人向けマンションで発生したクレームでしたが、入居されているので非常に短工期での施工をしなければなりませんでした。酸洗いでサビ抜きができた住戸は磨きと撥水剤で仕上処理をしました。それ以外の入居者の方には当社でデザインした改修プランで御影石を施工いたしました。
マンションの理事会ではたいへん喜んでいただき、感謝状とお酒をたくさん頂戴いたしました。本当にありがとうございました。

平成17年11月 東京都

ペーパーホルダーの不具合(2005/08/01 更新)

ヨーロッパを旅行して、ペーパーホルダーをお土産に買いました。しかし、デザインは良いが使ってみると窮屈で使いにくい。サンワさんの商品も同じではないか?

窮屈な原因は、トイレットペーパーの日本サイズがEU(ヨーロッパ)サイズより大きいためです。ヨーロッパでは公共で使用されるものは巾98mm、標準家庭のサイズが巾105mmです。日本のトイレットペーパーはアメリカサイズで巾 114mm=4.5インチが主流で、全長も長いのでロールの巻きも太いのです。タオルもEUサイズは巾が狭く、起毛されてなく布っぽいものが多いようです。

タオルバー、フック、ペーパーホルダー、水栓カラン等のデザイン・コーディネイトされたアクセサリーを選ばれる場合にはEU製品は上記を注意され、実際にトイレットペーパーやタオルを取付けてバランスを見られることをお薦めします。当社の商品はヨーロッパ仕様の商品もございますので図面でご確認ください。

平成17年8月 神奈川県

無垢フローリング・ケンパスのアバレ(突上げ)(2005/07/01 更新)

南洋材は日本の気候には適していない。
こんなに伸縮する素材を国内で販売するのは問題ではないか?

無垢のフローリングは絶対に伸縮します。
梅雨時の6~7月は湿気を含んで伸び、2~3月には乾燥して縮みます。これは調湿作用を繰り返す木材の特徴です。ケンパスは南洋材で巾方向の伸縮度係数は 0.0040です。ナラ材で0.0037ですから、88mm巾のケンパスとナラの伸縮の差は含水率が2%変化したとして0.05mmです。90cm巾の廊下での伸びはケンパス7.2mm、ナラで6.6mmです。
両脇の幅木下に5mmのギャップがあれば伸縮は回避できます。

現場調査いたしましたが、問題の廊下部分には伸縮の逃げが全く無く、床材もかち込まれていました。締めて、かち込まれると施工時はきれいですが、絶対このクレームは発生します。以上の理由からクレームの原因は素材によるものではなく、伸縮の逃げを取られなかった施工方法に問題があったというのが当社の見解でした。施工要領書に従って、再施工して頂くことで問題は解決しました。自然素材を好まれる方は多いのですが、無垢の素材は生きています。鉄やプラスチックとは異なることをお知りおき下さい。

平成17年7月 大阪府

モルタル目地のエフロレッセンス(2005/05/01 更新)

なんど洗ってもタイルから白いものが発生して、汚いので調べて欲しい。

タイルは当社の製品ではありませんでしたが、マンションの管理組合様のご依頼で調査いたしました。これは典型的な白華現象(ハナダレ・エフロ)と言われるものです。染み込んだ水でモルタルのカルシウムイオンが溶けだし、大気中の二酸化炭素と結合し炭酸カルシウム(CaCO3)を生成したものです。これが石壁、レンガ、タイル面にしばしば見られる白いエフロの原因です。石灰水にストローで息(二酸化炭素)を吹き込むと炭酸カルシウムが白い沈殿となって析出してきます。

鍾乳洞の氷柱(つらら)石なども同じ原理です。この現場ではタイルは磁器質でクラックも無いことから、目地から染み込んだ雨水が原因と思われます。管理会社の清掃の方が何度も水洗いされたのも逆効果だったようです。タイルや御影石のエフロは酸洗いすれば除去できますが、大理石(酸化カルシウムが主成分)の場合は表面を荒らしますので注意が必要です。
ワイヤーブラシを使って酸洗いの後、高圧洗浄し、目地部分に当社の雨漏りストップ(床用)を塗布しました。下の写真は施工後6ヶ月後のものですが、エフロは今のところ見当たりません。今年の梅雨が勝負でしょうか?

平成17年5月 兵庫県

ウッドデッキの経年変化 ジャラ&イペ(2005/03/01 更新)

赤茶色だったデッキが、一年経過すると陽に焼けてグレーに変色しました。変色するとは聞いてなかったのですが、不良品ではないですか?

デッキ材は一年中風雨に晒され、夏には強い紫外線を浴びます。この結果どんな樹種もグレーに脱色されます。長持ちさせる一番の方法は、デッキ施工後に同系色の保護剤を塗布されることです。施工直後は木のナチュラル感や香りがあるので、なかなか保護着色塗料を使用される方は少ないようです。クリアー色の防腐・防虫用の塗料もありますが、耐候性はありませんので、気休め程度の効果しか望めません。

保護剤は塗膜をつくらない浸透性の材料をオススメします。通気性もあるのでデッキ材には最適です。ペンキなどはひび割れし、塗り替え時にも撤去作業などが必要になります。塗装用の工具は、リブ付タイプのデッキ材はハケ、フラットタイプのデッキ材はローラーが効率的です。デッキ施工後すぐに塗装されるとデッキ材に水分があるので、塗料の伸びが良く、ムラにもなりにくいようです。一年くらい経過すると材は乾燥していますので、塗料も施工直後より2~3倍程度必要になります。また、吸込みの違いからムラの原因になります。
イタリア人は靴を買ったら、その日に靴クリームを塗るそうですが、これが長持ちさせる秘訣かもしれません。

※耐候性とは屋外使用時の対紫外線、擦過性、風雨に対する対抗力のことです。

平成17年3月 広島県

ライムストーンに発生した油染み(2005/02/01 更新)

床にライムストーンを工事してもらって、床暖用の目地セメントを入れたら石の四方に油染みが浮き出ました。石が化学変化したのではないですか?

使用された目地は床暖用で樹脂(エポキシ)を添加し、温度による伸縮に対応するものでした。ライムストーンの吸水率は約3%です。ちなみに白の大理石ビアンコ・カラーラは0.09%です。このクレームは吸水率の高いライムストーンの小口面から目地の樹脂成分が浸透したことが原因のようです。内外装の大理石や御影石でもシーリング剤(特にシリコン系)でこの汚染は施工後(2~4週間後)に発生することがあります。

床暖での床施工は通電しながら=加熱状態で行われるので、汚染が促進されたようです。当社でも目地試験や破壊試験を行っておりますが、目地切れの原因のほとんどが下地の問題です。固定されてない下地や木下地での事故が多いようです。そのために樹脂系の伸縮目地を使用されますが、稀に上記の問題が発生します。
ライムストーンの熱膨張率は0.004mm/m℃ですから床暖の設定温度を40℃とすると正方形の八畳間で一辺の膨張は0.56mmです。ただし、セメント目地の伸縮は0mm・室温0℃で設定した場合です。目地の膨張と室温を15℃ほどで計算すれば、数値はもっと小さくなります。目地メーカー様には床暖対応の樹脂成分はもう少し減量された方がポットタイムも短く、施工性も改善されると思います。(職人談) 当社が行なった大阪ガス(床暖試験室)での目地等の物性試験において総合的な評価が高かったのはINAX社の製品だったことを付記しておきます。
上記のクレームはナフサ系の撥水保護剤を全体に塗布し、床暖で加熱することで数時間後に消えました。

平成17年2月 大阪府

サイプレス無垢フローリングの抜け節(2004/12/01 更新)

抜け節の穴でストッキングが破れたり、子供が足にケガをしたりしました。

4年前に施工した無垢フローリング(オーストラリア檜)ですが、一年くらいすると乾燥してフローリング自体がヤセてきます。それと同時に死に節(ふし)に抜け節が発生します。ストッキングが破れたり、子供さんが足にケガをされたりする事故が起こりました。やはり、土足向けの素材かもしれません。抜け節は埋木やパテで補修をいたしました。節が特徴のラスティック素材ですが、輸入時に死に節の特定はたいへん難しいのです。デッキ材としては継続していきますが、年月と共に事故件数が増加する恐れがありますので、フローリングとしての販売は中止いたしました。

平成16年12月 愛知県名古屋市

ロッソベローナ割肌の剥離(2004/10/01 更新)

タイルが剥がれ落ちたけど、大丈夫ですか?
(SMO0008 ロッソベローナ割肌)

8年前に材料納入した大理石(割肌)タイルの現場です。一部で剥離が発生したので、当社で打診・引張り・赤外線での感知検査したところ、一部の壁面で全体的に浮きが発見されました。原因はダンゴ貼り(タイル面だけに接着剤を塗布し、躯体に押し付ける工法)でした。ダンゴ貼りは手間も材料費も省けますが、後のクレームの原因になることが多いようです。大判や重い材料は改良圧着工法(躯体にも接着剤を塗布する)での施工をお願いします。

最近では接着剤の性能はたいへん向上しております。ただし、完成現場での引張り強度はどちらも大差はありませんが、ダンゴ貼りは数年経過すると接着強度は改良圧着工法に対して1/10まで劣化します。本物件はゼネコンの技術部が不適切な工法を認められ、全面再工事をされました。

平成16年10月 京都府

ケンパス(無塗装)の反り(2004/01/01 更新)

施工の翌日からアバレてしまったが、商品の含水率はどうなっているのですか?
(FPU0012 ケンパス無塗装)

倉庫出荷時の含水率は9~11%です
本件はマンションのリフォームでコンパネ5.5mmを置敷きされ、その上にエポキシ接着された結果、生じた反りでした。無垢材の伸縮による引張りはたいへん強いものです。引張りに耐えられるように下地は12mm以上のコンパネをお薦めします。できれば糊・釘併用での施工が望ましいでしょう。

平成16年1月 東京都世田谷区

フローリングの黒ずみ(2003/09/01 更新)

5年前に施工してもらったフローリングの便器回りが黒ずんできたので見て欲しい。
(FPW0002 ベルギー製フローリングメープル)

トイレ内部のフローリングは数年経過すると汚ダレ・結露・洗剤でたいへん事故が多いことお知らせしました。見苦しいだけでなく、悪臭の原因にもなります。他社商品の同様のクレームの状況もお伝えして、ご納得していただきました。
貼り替えはコンパネでレベルを合わせて塩ビタイルを実費で施工させて頂きました。トイレ内部は耐酸・耐水性のあるタイルや硬質床材(塩ビタイルなど)の施工をお奨めします。

平成15年9月 兵庫県姫路市

ウッドデッキの色落ち(2003/08/01 更新)

施工後3ヶ月ほどで色落ちしてきました。
着色しているのではないですか?
(FPW0002 ジャラタイル)

着色はしておりません。南洋材はすべて色落ちすることをご説明してご納得頂きました。
写真はお客様よりお送りいただいたものです。

平成15年8月 大阪市阿倍野区

商品の不良・瑕疵(2003/04/01 更新)

到着した商品の数枚が破損と割れがありました。
(TSP0001R スペイン瓦レッド)

メールにて左の写真をお送りいただき、当社で不良の具合を確認の上、代替品をお送りさせていただくことで対処いたしました。
写真はお客様よりお送りいただいたものです。

平成15年4月 静岡県裾野市

商品の不良・瑕疵(2003/09/01 更新)

到着した商品の数本が破損と割れがありました。
(MDS0001 オーストラリア産ひのきサイプレス90 リブ付き)

お客様には着払いでご返送いただき、当社で不良の具合を確認の上、代替品をお送りさせていただくことで対処いたしました。
写真はお客様よりお送りいただいたものです。

平成15年4月 静岡県裾野市
 

商品到着の遅れ(2002/02/01 更新)

配送手段を混載便で午前到着指定をしたのですが その日中に商品が届きませんでした。
(BSM0088 イタリア産大理石アラベスカート)

直ちに配送の経路を追跡したところ、配送担当の者が荷物を積み忘れたことを確認しました。取り急ぎお客様にはその旨をお伝えし、謝罪するとともに、ご希望の配達日を改めてご指定いただきお届けすることで対処いたしました。

平成14年2月 神奈川県平塚市

商品の不良・瑕疵(2001/11/01 更新)

到着した商品にカビ・黒ずみがありました。
(BFH0016 オーストラリア産ひのき・サイプレス)

原因は現地でビニール梱包したまま倉庫に置いていたためです。お客様には着払いでご返送いただき、当社で不良の具合を確認の上、別の商品でご検討いただくことで対処いたしました。
返品された材料はカビがあることをご了解いただき幼稚園に寄贈しました。

平成13年11月 東京都町田市

商品の不良・瑕疵(2001/06/01 更新)

到着した商品の2枚に丸いへこみと割れがありました。
(BTC0030 テラコッタ調セラミックタイル・テジャ)

お客様には着払いでご返送いただき、当社で不良の具合を確認の上、代替品をお送りさせていただくことで対処いたしました。
写真はお客様よりお送りいただいたものです。

平成13年6月 大阪府高槻市

乱形石の必要数量(2001/05/01 更新)

必要数量購入しましたが実際施工すると不足し商品到着時にすでに数量が少なかったのではと確認依頼がありました。
(BSN0022 スペクトラゴールド乱形石)

ホームページ上の乱形石の1クレート当たりの数量は30~40mm程度の目地幅でランダム施工した場合のm2数量です。それぞれの石の形を整えて施工される場合は20~30%多めに必要となりますのでくれぐれもご注意ください。
写真は実際に施工されていたものです。

平成13年 神奈川県逗子市

商品の不良・瑕疵(2001/04/01 更新)

到着した商品の8枚に割れ・欠け・ひびがありました。
(BTC0026 セラミックタイル・ソルコーラル)

検品の上出荷しておりますが、配送の段階で、積替え(地域により複数あり)の際の衝撃やトラックの振動などが原因で発生したと思われます。配達担当に確認を取った上でお客様には代替品をお送りすることで対処いたしました。
写真はお客様よりお送りいただいたものです。

平成13年4月 静岡県浜松市

商品到着の遅れ(2000/08/01 更新)

配送手段を混載便で午前到着指定をしたのですが午後になっても商品が届きませんでした。
(SFPF-OAK ベルギー製フローリング・オーク)

混載便では多数のお客様の荷物が1つのトラックに混載され配送されるため、配達の順番が決まっておらず、また交通渋滞等が原因となり、予定通り届かない場合が時々ありますので、混載便の午前・午後指定はあくまで目安としてお考えください。納入時間を確実に指定する場合はチャーター便をご指定ください。

平成12年8月 島根県松江市

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.