トップ
中古戸建リノベーションに密着 Vol.01:解体前

中古戸建リノベーションに密着 Vol.01:解体前

中古戸建リノベーションに密着

「中古戸建リノベーションに密着」は、タイトルのとおり、とある中古戸建のフルリノベーションに密着しました。築33年の中古戸建がどんな家に生まれ変わるのか。色々な写真を交えてわかりやすくご紹介していきたいと思います。

Vol.01:解体前

●再利用するもの、しないもの

第1回は「解体前に残しておくものを確認する」です。築33年の中古住宅、内装は年代を感じさせますが、解体前に「再利用するものがないか」を見ていきます。

こちらの住宅はご高齢の方が一人暮らしをされていたそうで、数年前に水まわりのリフォームをされていました。その為、給湯器などの設備がそのまま使えることがわかり、お施主様も喜んでいました。しかも、浴室乾燥機も良い品が入っていて、移設して使えるとのこと。中古住宅ならではの光景ですね。

それでは写真をご覧ください。

32_renovation_contact_01_01big.jpg

緑色の壁タイルは今でも綺麗です。

階段の壁パネルに時代を感じます。

寝室になる南側の部屋。高台のため眺めがよかったです。

こちらは北側の部屋。窓が閉っているため少し暗いです。

比較的新しい浴室乾燥機。なんとミストサウナまでついていました。

脱衣所についていた別の乾燥機、せっかくなので持っていくそうです。

居間についていた馬のフック、残すそうですが何に使うんでしょうか。

いかがでしょうか。次回は「解体開始」です。いきなり壁がなくなっていますよ。お楽しみに。

最新カタログをプレゼント

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.