トップ 中古戸建リノベーションに密着
中古戸建リノベーションに密着 Vol.02:解体開始

中古戸建リノベーションに密着 Vol.02:解体開始

中古戸建リノベーションに密着

とある中古戸建のフルリノベーションに密着する本企画。
第2回は「解体開始」をお送りします。

Vol.02:解体開始

●壊すのは速い

現場に入ると「もう解体始まってますよ」と業者さん。

2階に上がると、

33_renovation_contact_02_01big.jpg

こんなにスッキリしていました。

2階からスタートらしく、こんな風に

1階には材木が山盛りになっていました。

「中古住宅、特に戸建は開けてみないとわからない」ということで雨漏りなど心配があったようですが、

綺麗な屋根裏で、見える範囲に大きな問題はありませんでした。
「築年数の割に綺麗だ」という業者さんのコメントにお施主様も一安心。
お施主様曰く「ここで何か出ると費用がかかりそうだから、不安だった」そう。
中古には中古の事情があると知りました。

●屋根裏からお宝?

さて、「開けてみるまでわからない」のは雨漏りだけじゃありません。

今回は屋根裏から意外なものが出てきました。

蜂の巣はまだ序の口。なんと、

33_renovation_contact_02_06big.jpg

壺や掛け軸が出てきました(笑)。
どうも屋根裏に忘れられていた様子で、長年の埃によるお宝オーラが。。。
家の引渡しは終わっているので、お施主様に権利はありますが、一応前の家主さんに確認するそうです。

さて、次回は「解体完了」です。
もはや原型をとどめていない「スケルトン」っぷりをお楽しみください。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.