トップ 中古戸建リノベーションに密着
中古戸建リノベーションに密着 Vol.06: まさかの白アリ!?

中古戸建リノベーションに密着 Vol.06: まさかの白アリ!?

中古戸建リノベーションに密着

とある中古戸建のスケルトンリフォームに密着する本企画。
第6回は「まさかの白アリ!?」をお送りします。

Vol.06: まさかの白アリ!?

●ボロボロの柱

「白アリが出てしまったらしいです。見に行きますか?」と、お施主様からご連絡いただいたので、ご一緒させていただきました。
お施主様曰く、「スケルトン状態の時には綺麗なもんだった」のですが、開けていなかった玄関の柱だけやられていたそうです。

お話を聞くと、壁をめくったら現在進行形で白アリがいたそうです。怖いですね。
すぐに専門業者さんを呼んで駆除。その後、ボロボロになった柱のすぐ横に新しい柱を入れるそうです。

ちなみに現場監督のご説明では「今回見つかったのはヤマトシロアリで、水気がない上の方までは上がっていないようだが、自分で水を運ぶイエシロアリだと上までやられていたかもしれません。」ということでした。
※シロアリの習性には諸説あります。

応急処置のあとは「防蟻処理(白アリ対策)」をするかしないか、という話になりました。今回のお宅だと約20万円で5年の保証書がつくそうです。
すでに「物件+リフォーム」で住宅ローンの申し込みをされているこちらのお施主様の場合は、

A:仕様変更(減額)して工事代金から20万円分払う
B:別途、現金で20万円払う
C:防蟻処理しない

という選択肢になるようです。

●窓が入る

白アリで気分が落ち込んだお施主様ですが、南側に窓がはまっているのを見て一気にお元気に。

とても大きな開口で光がたくさん入っていますね。
また、壁もどんどん仕上がってきており、

37_renovation_contact_06_05big.jpg

キッチンや、

和室、

ウォークインクローゼットなどにも壁ができていました。

(以前のおさらい)
キッチンと和室はこんな感じでした。

ウォークインクローゼットはこうでした。

さて、次回は「アール開口部に注目」をお送りいたします。
曲げベニヤによる美しい曲線をお楽しみください。

(おまけ)
前回までは綺麗だったこのお部屋は、

色んな材料でいっぱいになっていました。。。

PAGE TOP

当サイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2016 SANWA COMPANY LTD.