トップ 施主支給と施主指定
施主支給のメリットメリット・デメリット

施主支給のメリット・デメリット

施主支給を考える方へ

施主支給とはひと言でいうと「設備・建材の発注業務を施工会社の代わりに務める」ということです。施工会社の代わりを務めるので「好きなものを発注」でき、探せば「安く売っているお店で購入」することや「お買い得な代替品」を見つけられるかもしれません。しかし施工会社の代わりを務めるということは、「施工会社の担う手間とリスク」を背負うことでもあります。メリット・デメリットをきちんと押さえておきましょう。

施主支給のメリット・デメリット

施主支給のメリット・デメリットは表裏一体。下記はその一例です。必ずセットで考えましょう。

メリット   デメリット
  • 自分好みの商品を施工会社の取り扱いを超えて選べる。
  • 海外からの個人輸入や知人の手作り製品も選択できる。
自由に品選び
  • 仕様や規格、特性を理解して品選びする必要がある。
  • 施工会社に施工に関する説明や情報供与をする必要がある。
  • 安いお店を探して購入できる。
  • 中古品やアウトレット品なども選択肢に入る。
  • DIYすれば工賃の節約ができる。
お得に調達
  • 施工会社経由で決済できない(住宅・リフォームローンの適用外になる)場合がある。
  • 配送スケジュールの調整や検品、トラブル対応も自分で行う必要がある。
  • 今あるものを流用=再利用するので費用負担を減らすことができる。
  • 生家の柱など思い出の品を使うことができる。
賢く流用・再利用
  • 流用・再利用するために設計変更しなくてはならない場合がある。
  • トラブルの原因と指摘される可能性がある。
  • 流用品の品質(耐久性)リスクは自身で被る必要がある。

施主支給は断られる場合がある

相談する施工会社によっては施主支給をお断りされる場合があります。理由を聞いて交渉が無理なようであれば別の施工会社に相談してみましょう。

施主支給をやってみようと思ったなら

施主支給は施工会社にお任せするよりも手間がかかりますが、コストダウンや思い出づくりといったメリットがあります。まずはパートナーになってくれる施工会社に相談しましょう。また施主支給をうまく進めるために次のページもチェックしておきましょう。

施主支給は敷居が高いと感じたら「施主指定」がおすすめ

支給する商品によっても異なりますが、施主支給を行うには、大なり小なり時間と手間、やる気、知識が必要となります。この負担に見合うメリットがあるかは冷静に考えましょう。

もし施主支給が難しいと感じるならば施主指定に切り替えてみるのも1つの方法です。

施主指定について詳しく知りたい

PAGE TOP

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは、GMOグローバルサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2017 SANWA COMPANY LTD.