サンワカンパニー sanwacompany

mobile CLASCO

 

A

一般的にキャンピングカーにはエンジンが搭載されていて自走することが可能で、常時移動することが前提となっています。トレーラーハウスにはエンジンがなく車に牽引されることで移動することが可能で、常時移動するのではなく設置場所まで移動した後は一定期間その場所で使用されることが多いです。引っ張る車が牽引車、引っ張られる車を被牽引車といいます。

A

mobileCLASCOの重量を牽引する能力のある車両が必要となります。また車検証に牽引車の車種を登録しなければいけません。運転者も牽引免許が必要ですので、一般的には輸送は専門の輸送会社に依頼します。弊社にて手配することも可能ですのでお問い合わせください。

A

mobileCLASCOは幅2.4m、高さ約3.6mございます。車検を取得した車両なので一般の道路であれば通行可能ですが、狭い道路での右左折や上部に障害がある道路などは確認が必要となります。比較的大きな幹線道路から設置場所に至るまで通行に不安のある場合は一度ご相談ください。弊社にて輸送可能か簡単な確認をさせていただくことも可能です。

A

建築基準法第2条第1号で規定する建築物に該当しない条件としては下記のものがあります。


  1. 随時かつ任意に移動できる状態で設置すること。
  2. 土地側のライフラインの接続方法が工具を使用しないで着脱できること。
  3. 適法に公道を移動できる自動車であること。

また日本トレーラーハウス協会設置検査基準としては下記の条件があります。


  1. 車輪が取り外されていないこと。また車輪が走行可能な状態に保守されていること。
  2. 車輪以外のもので地盤上に支持されている場合、その支持構造体が工具なしで取り外しができること。
  3. トレーラーハウスの進行方向に固定された障害物がないこと。
  4. トレーラーハウスの設置場所から公道へ至る通路が確保されていること。
  5. 階段・デッキが独立した構造体でありトレーラーハウスの移動に支障がないこと。
  6. 給水管の接続方法が工具を使用せず着脱出来る方式であること。
  7. 排水管の接続方法が工具を使用せず着脱出来る方式であること。
  8. 電気配線の接続方法が工具を使用せず着脱出来る方式であること。
  9. ガスボンベがトレーラーハウスに積載されているかまたはレンチで簡易に着脱できること。
  10. 通信回線の接続方法が工具を使用せずに着脱出来る方式であること。
  11. エアコン等の室外機がトレーラーハウスに積載されていること。
  12. 適法に公道を移動してきたことを公的な書類で証明できること。(車検証または基準緩和認定書等)

サンワカンパニーは日本トレーラーハウス協会に加盟しており、トレーラーハウスの適切な運用を促進しています。

日本トレーラーハウス協会

A

mobileCLASCOの車体重量は3.2t~3.6tございますので、比較的地盤の固い安定した場所に設置いただくことをお勧めします。土などやわらかい地盤の場合は車両がめり込み設置できない可能性があります。その場合は転圧等地盤の改良後砂利等を敷いていただき安定した地盤にする整備が必要となる場合がございます。また、タイルの地面ではタイルが割れる恐れがございます。その他日本トレーラーハウス協会設置検査基準に基づき、随時かつ任意に移動させるために必要なスペースを確保できる必要がございます。

A

必要に応じて設置場所の行政庁に車両としての設置可否の確認を行います。また、ご利用用途によっては日本トレーラーハウス協会の設置検査結果が必要となる場合がございますので、お問い合わせの際に設置場所やご希望の設置方法、ご利用用途のご相談をください。

A

mobileCLASCOの車検は初回は2年、以降は1年有効です。車検は下部のシャーシに対してであり、上部のユニット製造時には既に車検が有効な状態で製造が開始されるため、引き渡し時には初回車検の有効期間が2年より短くなっているのでご了承ください。

A

mobileCLASCOは車検を取得した車両となりますので、自動車に係る税金がかかります。mobileCLASCOは製造場所の最寄りの陸運支局にて各種納税を行いナンバープレートの交付を受けます。納車後に登録名義の変更を行いナンバープレートの交換をお願いいたします。製造場所での登録の際に環境性能割(旧自動車取得税)、重量税、ナンバープレート代がかかります。その他取得年度の自動車税がかかってきます。その後、毎年自動車税、車検更新時に重量税がかかります。

A

最初に取得する車検の登録費用(最初に必要な税金、自賠責保険料もこの中に含まれます)、輸送費用、設置費用、固定器具費用がかかります。これらの諸経費以外に現地での設備(給排水、電気、通信等)の工事が必要となる場合がございます。(※現地での設備工事等はご購入者様側でご手配お願いいたします。工事業者をご紹介できる場合もございますので、必要な際は一度ご相談ください。)

A

現金、リース、ローンにてご購入いただけます。
詳しくはお問い合わせください。

A

mobileCLASCOは車両となりますので、自賠責保険への加入義務がございます。最初の車検登録時に自賠責保険に加入しますので、納車後名義の変更手続きを行っていただきます。その他任意の自動車保険への加入も可能となりますのでご相談ください。

A

名義変更の為、事前に設置場所の車庫証明の手続きをお願いします。車庫証明には期限がございますので、納車直前に手続きいただき、納車後速やかに陸運支局にて登録変更を行ってください。
その他トレーラーハウス協会設置検査基準に基づいて設置ができるよう設置場所の整備をお願いいたします。給排水や電気の設備が必要な場合は設置位置の近辺までの設備工事を事前に行うとスムーズに利用開始が可能となる場合がございます。

A

内装における収納ボックスや棚の追加はオプションの範囲内でカスタマイズ可能です。図面の作成などが発生する一定以上のカスタマイズについては追加費用が発生することもございますので、一度ご相談ください。その他台数の多い大型案件や特殊案件については可能な範囲で追加費用にてカスタマイズを承ることも可能です。

A

3年間のメーカー保証がございます。

A

万が一不具合があった場合はまずは弊社へ一度ご連絡ください。保証の内容と確認しながらご対応させていただきます。

PAGE TO TOP