トップ リフォーム・リノベーション
リフォーム・リノベーションで何ができるの?

リフォーム事例最新情報

リフォーム・リノベーションで何ができるの?

リフォームとリノベーションの違い

一般的にリフォームは家のレイアウトはそのままで内装や設備の入替えをすること、リノベーションは基礎と躯体(骨格)を残してレイアウトまで変更することで使い分けられています。
ですが、リフォームのひとつ、「スケルトンリフォーム」という言葉はリノベーションと同じ意味で使われます。つまり広義でのリフォームはリノベーションを含む、ということになります。
ただし、リノベーションは先に述べましたとおり、基礎と躯体を残してレイアウト変更をするという、規模としては大きなものになりますので、部分的なレイアウト変更などはリフォームの一環ではありますが、リノベーションとは言わないのが通説です。

例:洗面所とお風呂のレイアウトを変更してお風呂を広くする場合。

リノベーション(またはスケルトンリフォーム)といわれるケースと部分リフォームとなるケース

リフォームとリノベーションでできること

リフォーム・リノベーションは、これまでの住まいから「住まい方」を変える手段です。
・不満・不安を解消したい
・よりよくしたい
・家族の形態にあわせたい
など、住まいのあり方によって解決・改善し、住まいをもっと好きになるための手段といえます。

あわせて、長い間暮らす中で傷んでしまった箇所を修繕することも行います。
古い一戸建てであれば断熱・遮熱のケアや配管のやりなおし、白アリ等の害虫対策含めて行うこともできます。
このような住宅ケアがリフォーム・リノベーションでできることのひとつです。

PAGE TOP

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは、GMOグローバルサインのSSLサーバ証明書を使用して、
お客さまの個人情報を保護しています。

Copyright © 1999-2017 SANWA COMPANY LTD.