トップ リフォーム・リノベーション
リフォーム・リノベーションをする前に考えないといけないこと

リフォーム事例最新情報

リフォーム・リノベーションをする前に考えないといけないこと

リフォーム・リノベーションを決心する前に

リフォーム・リノベーションを決心する前に絶対にやらなくてはならないこと
それは「家族と話すこと」です。

家族の今の想いをたくさん出し合って、それがどうやったら解消されるかを話し合いましょう。何が大切で何が不要か、どんな順番で解消していくべきかを時間をかけて話をすることが大切だと思います。「今の暮らしを見直すこと」ともいえるかもしれません。

そして、未来を想像しましょう。遠い未来ではなく、3年、5年、10年くらい先に家族、自分がどうなっているかを想像しましょう。家族が増えているでしょうか。独立していく人がいるでしょうか。
家でもっとも長く過ごす人は誰でしょうか。その人が喜んでいる顔を創造しましょう。

家族との話し合いの中で決めること

現在住んでいる場所に住み続けるのか、それとも転居をしたいのかを決めましょう。
どちらとも決めかねている場合は無理に決定せず、両方をさぐってみてもいいかもしれません。
転居が決定している場合は、転居先近辺を散歩したり、買物したりして雰囲気をあじわっておくことは大切ですね。

もしも賃貸にお住まいなら、オーナーに改修の可否を確認することも必要になります。
改修がダメだった場合にどうするのかも家族と相談しておきましょう。

どうしても避けられないお金の話

どうしても避けられないのがお金のお話。
ローンはいろいろありますが、返すことができなければせっかくの住まいが台無しですね。
収入も重要です。今後の収入の伸びはどうか、支出は増えるのか減るのか、今の家賃や支払い、貯金をきちんと把握し、一覧化しておきましょう。
思ってもいないコストがかかってくることもありますので、支出は多目に計算しておくことをおすすめします。

さらに、住宅を入手する場合は毎年固定資産税がかかる場合があります。
政府の減税もありますが、新築に限られる等制限もありますので十分注意してください。