トップ リフォーム・リノベーション
見積りをもらう

リフォーム事例最新情報

見積りをもらう

家族での話し合いが済み、やりたいことの優先順位づけができた段階で、工務店や設計事務所、その他機器のメーカー等に見積りをもらいましょう。

見積りをもらうために

(1)家族で話し合いをした結果の「リフォーム要望一覧」と住まいのデータ(築年数、過去のリフォーム歴、面積、構造、あれば図面)、着工と完成希望時期を伝えましょう。会社によっては現地訪問しないと正確な見積りはできないこともあり、見積り費用が必要なケースがありますので、事前に確認をしておく必要があります。
(2)現場確認をしてもらう日時の候補をお伝えできるとスムーズにすすみます。
(3)現場確認いただく際に気を付けていただきたいことも伝えましょう。たとえば目印や車を止める場所などです。

メールやファックスでのやり取りが多くなると思いますが、一度は直接お会いになって、フィーリングや考え方が自分の求めるものとあうかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。

相見積りについて

機器や作業費など知らない項目や知らないことがたくさんあって、「これが妥当な金額なの?」と疑問を持つというケースもあると思います。
それだけでなく、ちゃんと伝わっているのだろうかと不安に感じたり、もっとよいプランがあるのでは?と期待したりすることもあると思います。
そこで、複数の会社さんに相談して見積りをとる、「相見積り」ケースもあると思います。

相見積りをとると、伝わり方の違いや相手側のとらえ方で金額が違うことが見えてくると思います。「安いから」という考え方ではなく、「自分が伝えようとしたことが伝わっているか」の確認、「依頼先によって異なる工法や材質」を知ることができるという考え方で相見積りを見るとよいでしょう。

比較するためにも見積りをお願いする先には同じ情報を同じようにお伝えすることが大切です。それから、相手先様には相見積りであることを伝えておきましょう。あらかじめお伝えしておけば、他社にお願いするとなった時の連絡も心苦しくならないと思いますよ。

見積りをもらった時のチェックポイント

まず見積りの中身を見る前に、お願いした日までに見積りをいただけたか、見積りの計算があっているかなど、基本的なところを確認しておきましょう。
あわせて見積りが税抜か税込か(材料だけ税抜等になっていないか)を確認しておきましょう。
見積りには有効期限があります。その期限をすぎると工賃、材料代等に変動が生じることがあるため有効期限が記載されています。


次に見積りの範囲を確認しましょう。

  • 機器や材料に間違いがないか
  • 工事期間(1日の工事時間)は相談したとおりになっているか
  • 必要な税金が含まれているか
  • 運賃・運搬費用、工事業者の交通費が適切か
  • 仮設工事費や周辺への配慮が見積り・申し送りに記載されているか
  • 図面に不明点はないか(表面的な条数・広さだけでなく、通路・扉の開閉に不自由はなさそうか)
  • 複数相見積をとった場合は相互で内容記載に相違・過不足がないか

    見積り内で漏れていると後々大変なのが仮設工事費(足場を組む、養生をする費用)、廃材処分費、交通費(移動交通費と駐車場代等)です。備考欄に上記が「その他諸経費が別途必要となります」とまとまっている場合、そのコストだけでも数十万になるケースもあります。見積りに含まれている費用、いない費用については相見積りをすることでチェック可能です。