トップ FAQ
アブック

よくある質問:アブック

Q:皮膚を傷つけることはありませんか?

A:確認された事例はありません。(流量、流速共に穏やかな装置です。)
 

Q:長時間利用しても問題ないでしょうか?

A:通常の入浴時間による問題はありませんが、あまりに長い時間入浴することは避けるべきと思われます。
 

Q:どのような方でも利用できる? 例えば、乳児とかかなり皮膚の弱い方でも問題ない?

A:ご使用を避けるべきとしまして、泥酔や妊婦(掛りつけのお医者様に相談)、幼児の1人使用など説明させて頂いておりますが、実際には皮膚の弱い方などに喜んでいただいております(マイクロバブルは優しく洗ってくれるため、石鹸などによる擦り洗いを低減できるため)。しかし稀に、血行の促進を刺激と感じる方はいらっしゃるようです。
 

Q:入浴剤と併用しても大丈夫ですか?

A:入浴剤に含まれる成分が微細な気泡を作り出す効果を低減させることがあるため、入浴剤との併用は避けてご使用いただきますようお願い致します。
 

Q:入浴剤によっては、ポンプを故障させることはありませんか?

A:硬い物や、溶け込みの遅い固着するようなものは故障の原因となりますし、またマイクロバブルを作動中に入浴剤をご使用頂く事は避けて下さい。尚、他の循環装置はタオル等による吸い込み口の塞ぎが故障原因の多くを占めますが、本装置は保護機能によりポンプは停止いたします。
 

Q:お湯の温度による効果の違いはありますか?

A:マイクロバブル自体は、低温の水よりも、お湯の方が白濁しやすくなります。ただし、一般的な入浴温度帯(38~42度)にて相違はほとんどありません。尚、マイクロバブルは温泉などと同じような、芯から温まる効果がありますので、ぬるめのお湯での使用をおすすめしています。
 

Q:切り傷などがある場合、大丈夫か?

A:マイクロバブルに健康上の害的な要素はありませんが、浴槽水自体の衛生上の問題と考えます。
 

Q:炭酸泉との違いは?

A:炭酸泉は小さいものでも10ミクロン以上の大きさですが、マイクロバブルは約3ミクロン(1μ=1/1000mm)の超微細な気泡です。よりきめ細かな気泡が毛穴の奥の老廃物などを吸着して取り除くことができます。
 

Q:ポンプの耐久年数は?

A:耐久試験結果より8年~10年としています。
 

Q:電気代は1か月あたりどのくらいかかりますか?

A:家族4人が毎日それぞれ15分ごと使用した場合、1ヶ月あたり約240円程度の電気代となります。
 

Q:追い炊きは設置できますか?

A:設置可能です。商品ページの「追い炊き説明書」をご覧ください。ただし、追い炊き用の循環金具の設置工事を行う場合はお客様の責任のもと工事を進めてください。
 

Q:電気配線方法は?

A:浴室天井部に電源BOX(100V→48V変換器)を配置し、1次側結線、2次側は、ポンプまで浴槽壁内を通り、ポンプに接続します。またスイッチは浴室壁に固定し壁内を通し、ポンプ側に接続します。
 

Q:マイクロバブルの装置自体は、定期的なメンテナンス等必要ないのか?

A:お客様によるノズルのお手入れ(掃除)や給湯ユニットと同時期に循環洗浄を行っていただくよう説明いたしております。
 

Q:水あかやぬめり等付着したりしないのか?

A:通常よりも少ないとの実例がありますが、お客様による使用方法(浴槽水の入れ替え)が主となります。マイクロバブルの洗浄力には確かなものがありますが、装置運転せず溜めっぱなしの浴槽などでは通常と変わらずです。

 

疑問は解決しましたか?解決しない場合は「各種お問い合わせ」ページから質問をお寄せください。

各種お問い合わせはこちら