トップ FAQ
ダン・シャーリー

よくある質問:ダン・シャーリー

Q:ベーシックタイプ シンプルタイプ  フル収納タイプの各セットの構成についておしえてください。 

A:ベーシックタイプ:固定棚のみで構成、シンプルタイプ:固定棚+可動棚で構成、
フル収納タイプ:固定棚+可動棚+引出収納+網カゴで構成しております。
 

Q:3尺・4.5尺・6尺・9尺・12尺間口タイプについて教えてください。

A:尺とは長さの単位で1尺=約303mmです。カタログ・WEBページでは間口をわかりやすく区別するための商品タイプ名として表現しています。実際の商品寸法については商品ページの図面をご確認ください。
 

Q:引出しやアミカゴがユニットの端にある設定はありませんか?

A:引出しタイプのパーツは、クローゼットドアや建具枠などとの干渉を避けるため、ユニットの端への設定はありません。
 

Q:レイアウトを組み替えたいのですが可能ですか?

A:9尺間口フル収納タイプ・12尺間口フル収納タイプのみレイアウトパターンが数種類あります。
詳しくはカタログ別冊のテクニカルデータをご覧ください。それ以外の商品はレイアウトの変更ができません。
 

Q:カットをするユニットはどのユニットですか?

A:ハンガーパイプユニットと、固定棚+棚板ユニットです。
 

Q:4.5尺間口タイプ・6尺間口タイプのカット加工による対応可能総幅範囲は?

A:4.5尺間口1269タイプは、下記範囲内で総幅をご計画ください。
 ベーシックタイプ/CL06011・シンプルタイプ/CL06013:W530~1269mm
 ベーシック反転タイプ/CL06012・シンプル反転タイプ:CL06014:W865~1269mm
6尺間口1724タイプは、下記範囲内で総幅をご計画ください。
 ベーシックタイプ/CL06021・シンプルタイプ/CL06023:W985~1724mm
 ベーシック反転タイプ/CL06022・シンプル反転タイプ/CL06024:W865~1724mm
 フル収納タイプ/ CL06025・フル収納反転タイプ/CL06026:1322~1724mm
 

Q:(収納スペースの収納内でなく、)部屋の中で間仕切りオープン棚として使用してもよいですか?

A:天板と壁面の固定が必要です。また背面側の小口は仕上げ無しとなっております。
組立設置説明書通りでない施工方法やご使用につきましては、製品保証対象外となります。
 

Q:ランドリースペース等水まわり箇所で使用しても大丈夫ですか?

A:耐水仕様ではないため水まわりでのご使用はお避けください。
 

Q:本棚として使用できますか?

A:耐荷重以下でご使用ください。天板・棚板の耐荷重は15~20kgと幅によって異なりますので、
詳しくは商品ページの取扱説明書をご覧ください。。
 

Q:ダン・シャーリーは、オプションでクローゼット扉のお取り扱いはありますか?
(カタログやWEBページのダン・シャーリーについているクローゼット扉写真)

A:オプションで専用のクローゼット扉のお取り扱いはしておりません。カタログ等はイメージ画像となります。
ポルレッタ・CFP・ノッポ・テゴーロ建具シリーズのクローゼット扉を、ユニットとは連結しない単体取付としてご検討ください。
 

Q:オプション品のみほしいのですか購入できますか?

A:オプション品のみの購入は可能ですが、本体ユニットがないと設置できないのでご注意ください。
ダンシャーリー以外での使用による事故・破損などは製品保証対象外となります。
 

Q:アミカゴセットがついているプランについて、アミカゴセットは最大いくつまで収納できますか?

A:固定棚より下のスペース(床面~H989mm内)に、アミカゴセットが最大6セット収納できます。
固定棚より上のスペースは、アミカゴセットが最大3セット収納できます。
 

Q:ハンガーパイプを中段高さあたりに追加設置できますか?

A:追加設置できません。
 

Q:特注対応は可能でしょうか?

A:規格品のため特注対応はできません。設定プランの中からお選びください。

 

Q:側板や棚板などの基材は何でしょうか?

A:基材はパーティクルボード20mm厚です。表面は特殊化粧シート(強化紙)仕上げです。

 

Q:特殊化粧シートとは何ですか?

A:紙の化粧シートにキズや汚れに強い保護膜を形成した強化紙仕様のシートです。

 

Q:天板の上面もシート仕上げですか?

A:天板も両面特殊化粧シート仕上げです。

 

Q:背板はありますか?

A:背板はありません。天板と壁面を固定する収納ユニットです。背板が無いので建築工事にて壁面仕上げをご検討ください。

 

Q:各ユニットの背面側は、仕上がっていますか?

A:各ユニットの背面側の仕上げはありません。背面側小口や引出背面は基材のパーチクルボードのみとなります。

 

Q:固定棚と可動棚の違いを教えてください。

A:固定棚は取付位置の変更はできません。可動棚はダボ穴を利用して上に置くだけですのでお好みの位置に移動可能です。

 

Q:棚板の耐荷重はどれぐらいですか?

A:天板・棚板・ハンガーパイプ・引出収納天板の耐荷重は15~20kgです。アミカゴ・引出収納底板の耐荷重は5kgです。幅によって異なりますので詳しくは商品ページの取扱説明書をご覧ください。

 

Q:側板の両面ダボ穴加工、片側のみダボ穴加工仕様の設置個所について

A:ユニット右端の側板のみ片面ダボ穴加工、それ以外の側板は両面ダボ穴加工仕様です。

 

Q:組立設置サービスはしていますか?

A:組立や設置サービスなどは行っておりませんが、工事会社をご紹介させていただきます。詳しくはCoziコンシェルジュよりお問合せください。 

 

Q:組立設置は難しいですか?

A:ユニットの組立自体は、電動ドライバー(+)またはハンドドライバー(+)での作業となります。ただし設置開口に合わせて幅を調整する場合は、丸鋸などで天板や棚板をカットする作業が必要です。

 

Q:現場カット時にどのような工具が必要ですか?

A:パーチクルボードやアルミパイプを真っ直ぐ切断するための「丸鋸」「卓上電気丸のこ」などで、作業を行ってください。

 

Q:設置間口にぴったりとあわせて取付したい。

A:必ず左端のユニットより組立作業を開始し、最後に右端のユニットの天板・棚板を丸鋸などで設置間口寸法に合わせてカットすることで可能です。詳しくは商品ページの取扱説明書をご覧ください。

 

Q:自立して設置できますか?

A:自立設置はできません。床と壁に固定して設置します。商品ページの取扱説明書をご覧ください。

 

Q:天板と壁面を固定するL金具は設置しなくてもよいですか?

A:お客様の安全のために必ず設置固定してください。取扱説明書に記載されている施工方法以外での施工は保証外となりますので、商品ページの取扱説明書をご確認ください。

 

Q:固定棚の取付位置は決まっていますか?

A:本体の強度上、固定板の取付位置は基本決まっています。(図面記載位置から離れたところに取付すると構造強度上、安定しない場合があります。)図面記載位置の付近であれば任意の位置でも取付可能です。

 

Q:2つのユニットをつなげたいのですが接続可能ですか?

A:1ユニットでの商品となります。取扱説明書に表記されていない施工方法や使用方法は保証外となります。商品ページの取扱説明書をご確認ください。

 

Q:現場で改造して設置してもよいですか?

A:取扱説明書に表記されていない施工方法や使用方法は保証外となります。商品ページの取扱説明書をご確認ください。

 

Q:使用中に破損してしまいました。パーツ単品で購入できますか?

A:オプションパーツは単品でご購入いただけます。商品ページのオプションをご確認ください。
 

疑問は解決しましたか?解決しない場合は「各種お問い合わせ」ページから質問をお寄せください。

各種お問い合わせはこちら