キッチン

キッチンの一覧|建材・建築資材の通販ならサンワカンパニー

キッチン

サンワカンパニーがお届けする機能性とデザイン性を重視したキッチンをご紹介しています。オリジナルデザインのシステムキッチンをはじめ、グッドデザイン賞受賞のコンパクトキッチンやキッチンまわりの細かい商品まで幅広いラインナップをご用意しております。組み合わせ次第で他にはない自分だけのキッチン空間を演出していただけます。

よくある質問


キッチンのレイアウト

キッチンを使いやすくするために、家事動線や部屋の間取りを考慮した配置を考えることが大切です。
配置次第で、空間印象も大きく変わります。

新築やリフォーム時に、理想のレイアウトを設計士や工務店に伝えるために、基本的なキッチンレイアウトを知っておきましょう。

独立型キッチン

独立型キッチンとは、キッチンとダイニングが壁やドアで仕切られたキッチンレイアウトのことです。クローズ型キッチンとも呼ばれます。

独立型キッチンのメリット・デメリット

独立型キッチンのメリットは、ダイニングルームとキッチンが仕切られていることで、お客様にキッチンを見られないことや、調理に集中することができることです。

また、調理時のにおいや音がダイニングルームやリビングルームに伝わりにくいことも独立型キッチンの特徴です。

一方、独立型キッチンのデメリットは、キッチンの空間が閉鎖されているため、においや煙がこもりやすいことです。

それを防ぐために、換気対策は事前にしっかり計画を立てる必要があります。家族の姿が見えない、声が聞こえにくいというデメリットもあります。

壁付けキッチン

壁付けキッチンとは、壁にキッチンの正面が面しているキッチンレイアウトのことです。

壁付けキッチンのメリット・デメリット

壁付けキッチンのメリットは、壁際にキッチンを設置することで、スペースを効率よく利用できることです。特に背中側にスペースができるため、そのスペースに棚やダイニングテーブルを置くことができます。

また、引き戸などの建具を活用して、来客時にキッチンを隠すことができます。コンロ台のむこう側に壁があることで、調理時の油はねなどで汚れた部分は掃除がしやすい事もメリットです。

壁付けキッチンのデメリットは、壁の方を向いて調理をするため、リビングルームでの子供の動きが把握しにくいことです。

また、リビングルームやダイニングルームからキッチン全体が丸見えになってしまうのも壁付けキッチンのデメリットといえるでしょう。キッチンの周りを整頓していないと、思わぬ来客時にキッチンが掃除出来ていないところを見られてしまう恐れがあります。

I型キッチン

壁付キッチンの定番の型がこのI型キッチンです。

調理台、コンロ台、シンクが一列に並んだ一般的なキッチンタイプです。

I型キッチンのメリット・デメリット

I型キッチンのメリットは、場所を取らないことです。なぜなら、キッチンの奥行きと幅のみのサイズを考慮すればいいからです。それゆえ、台所のスペースが狭い場合、I型キッチンならうまく配置することが可能です。

I型キッチンのデメリットは、動線が長くなる傾向があることです。

L型キッチン

L型キッチンとは、コンロとシンクがアルファベットのLのように繋がっているキッチンのことです。

L型キッチンのメリット・デメリット

L型キッチンのメリットは、2つのキッチン台のスペースを広く利用することが出来ることです。また、L字のコーナーとなる角に調味料入れなどの収納を置くことで、調理が便利になります。動線に関しては、動線が短くなるので調理がしやすくなります。

L型キッチンのデメリットは、L字のコーナー下がデッドスペースになりやすいことです。また、I型キッチンと比較して費用が高くなる傾向があります。

対面キッチン

対面キッチンとは、キッチンからダイニングルームやリビングルーム空間を見渡せるように設置されたキッチンのことです。

対面キッチンのメリット・デメリット

対面キッチンのメリットは、調理をしながら「何か」を出来ることです。例えば、子供の様子を確認したり、リビングルームにあるテレビを見ながら調理ができます。また、対面キッチンはダイニングテーブルと距離が近いので、配膳が楽になるというメリットもあります。

対面キッチンのデメリットは、リビングダイニングの面積が減ってしまうことや、部屋に油や水、料理のにおいが広がりやすいことが挙げられます。しかし、部屋のにおいは換気を充分に行うことで解消も可能です。

対面キッチンの種類

対面キッチンにもさまざまな種類がありますので、どのような種類があるかを確認しましょう。

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンとは、II型キッチンとも呼ばれ、コンロとシンクが別々のキッチン台に並列に設置されているものです。

セパレート型キッチンのメリット・デメリット

セパレート型キッチンのメリットは、2つのキッチン台があることから、それぞれのスペースを広く利用することができることです。

セパレート型キッチンのデメリットは、設置スペースが必要となるので、キッチンの間取りに気を付ける必要があることです。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチンとは、その名のとおり「アイランド」、つまり島のように壁から離れて独立した場所に配置されるキッチンのことです。

アイランド型キッチンのメリット・デメリット

アイランド型のキッチンのメリットは、キッチンが独立しているので、キッチンの両側で作業ができ、配膳の動線が良いことです。また、アイランドキッチンはデザイン性が高いものが多いので、空間作りの主役になります。

アイランド型のデメリットは、設置にスペースが必要なため、間取りを慎重に決める必要があることです。また、リビングルームやダイニングルームの間に壁がないため、キッチンが丸見えになってしまいます。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチンとは、アイランドが「島」のように独立していたのに対し、ペニンシュラは「半島」という意味で、その名のとおりアイランド型を片側だけ壁付けにしたものです。

ペニンシュラ型キッチンのメリット・デメリット

ペニンシュラ型キッチンのメリットは、キッチンの横側を壁と接触させることで、アイランド型キッチンでは両側に必要な人が通るためのスペースを半減できることです。

ペニンシュラ型キッチンのデメリットは、アイランド型キッチンと比較したときに、動線が長くなることです。また、アイランド型キッチンのデメリットと同様に、キッチンが丸見えになってしまいます。


キッチンの種類

キッチンにはシステムキッチンやコンパクトキッチンなど、構成や価格によって様々な種類があります。

どのようなキッチンを選べばいいかを知るために、まずはキッチンの種類について知っていきましょう。

システムキッチン

システムキッチンとは、調理台、流し台、コンロ台、レンジ台などキッチンに必要なすべてのパーツが天板(ワークトップ)で繋がっているキッチンのことです。

昭和40年代後半~50年代前半に登場し、普及していきました。各社独自の技術やデザインで多くのバリエーションが存在しています。

システムキッチンのメリット・デメリット

システムキッチンのメリットは、自分の好みやレイアウト、広さに応じてサイズや機器(コンロ、水栓、レンジフード)を選ぶことができることです。オーブンや食器洗浄機を組み込むことも可能なものが多く、ガスコンロかIHクッキングヒーターどちらを使用するかも選択することが可能です。

システムキッチンのデメリットは、サイズや機能によっては費用が高くなることがあることです。

コンビネーションキッチン

コンビネーションキッチンとは、コンロ台、流し台、調理台などが別々のパーツになっており、自分で自由な組み合わせにできるキッチンのことです。セクショナルキッチンと呼んでいるメーカーもあります。

コンビネーションキッチンのメリット・デメリット

コンビネーションキッチンのメリットは、さまざまなパーツを組み合わせられることです。

部屋の間取りによってキッチンの設置に制限がある場合、流し台とコンロ台だけにするなどが可能です。また、一般的なシステムキッチンよりも安価に購入することができます。

コンビネーションキッチンのデメリットは、天板が分かれているため、天板のつなぎ目に小さなゴミや汚れが入ってしまうことです。

コンパクトキッチン

コンパクトキッチンはミニキッチンとも呼ばれる、サイズの小さいキッチンのことです。

小さいながらも、シンク、調理台、コンロをもったものから、キッチン台からコンロを無くした、コンロレスキッチンと呼ばれるものもあります。

コンパクトキッチンのメリット・デメリット

コンパクトキッチンのメリットは、小さいながら、デザインや収納力にもこだわっているところです。また、サイズが小さいので、設置する場所の選択肢が広がります。例えば、一人暮らしのワンルームマンションや二世帯住宅のセカンドキッチンとして使用されます。

コンパクトキッチンのデメリットは、調理スペースが狭くなることです。


キッチンの収納とインテリア

キッチンを選ぶ際には、収納やインテリアを選ぶことも大事になってきます。

カップボード、レンジフード、キッチンパネルをキッチンと一緒に選ぶことで、使いやすさや空間デザインを考えるきっかけになります。では、キッチン収納のおすすめを紹介させていただきます。

カップボード

カップボードとは、食器棚やキッチン家電を収納する棚のことです。

キッチンを選ぶ時、一緒にカップボードを選ぶことが多いですが、収納を増やしたいという場合は、キッチンを購入した後からでも追加することが出来ます。

大容量の収納で、実用的かつ機能的なものが多いのが特長で、システムキッチンと併せて選ぶと、見た目の統一感が出るのでおすすめです。

おすすめのカップボード

シェリエカップボード

シェリエカップボード》は、システムキッチンの《シェリエ》とコーディネートできるカップボードです。《シェリエ》と同じ面材を使用し、デザインを揃えているだけではなく、サンワカンパニーの建具《ポルレッタ》や《ノッポ》、フローリング《エベーロ・プランク》、《デューロ・ボーン》とのコーディネートも可能です。

また、開き戸タイプはプッシュオープン式、地震の際にも安心のロック機能搭載。

引出しは大容量で収納してもスムーズに開閉できるサイレントレールを使用しています。

プレーンKカップボード

プレーンKカップボード》は、シンプルでどんなキッチンにもあわせやすいミニマルデザインのカップボードです。価格を抑えて、作り付けのカップボードにしたい方におすすめのカップボードです。《プレーンKミディアム》とコーディネートが可能です。

大容量の収納があるので、高さのあるキッチン家電や大きな鍋など、お気に入りの調理機器や食器をたくさん入れることができます。

レンジフード

レンジフードとは、換気扇とフードが組み合わさった換気設備のことです。

レンジフードを選ぶときは、キッチンのレイアウトにあわせることはもちろん、デザイン、排気ルート、サイズ、色、機能、掃除のしやすさなど細部まで考える必要があります。

おすすめのレンジフード

キッチンパネル

キッチンパネルとは、コンロ周辺の壁に設置する壁面パネルのことです。パネルがあることで、傷や汚れに強く、お手入れしやすくなります。キッチンパネルには、ステンレス、ホーローなどの材質が使用され、不燃材であることが必要とされます。

ステンレスキッチンパネル

ステンレスキッチンパネル》は、表面は美しいヘアライン仕上げの3.5mm厚のキッチンパネルです。ステンレスはSUS430を採用。丈夫で水や熱にも強く、油汚れなども簡単に拭き取れます。耐食性にも優れており、安心してお使いいただけます。臭いもつきにくい素材なので、キッチンエリアに最適です。

キッチンパネル マットホワイト

キッチンパネル マットホワイト》は、繊維強化セメント板にオリジナルデザインを施した大判サイズの本格キッチンパネルです。軽くて加工も簡単なので、ロングサイズでも現場施工が容易です。キッチンまわりに当然の不燃仕様です。

キッチン収納

カップボード以外のキッチン収納には、吊戸棚や引き出し収納などのキッチン周りを整頓する収納スペースがあります。調理器具や食器の収納場所として利用されます。

ついつい散らかってしまうキッチン周りを、キッチン収納を利用することでスッキリさせることが出来ます。

ステンレスシェルフ

スッキリしたデザインを追求するため、固定用の金具を見せない構造を採用した、オリジナルの《ステンレスシェルフ》です。ステンレスはSUS304、SUS430を採用し、丈夫で水や熱にも強く油汚れなども簡単に拭き取れます。

ウーカス

ウーカス》は、キッチンの開放感を保ちつつ「サマになる」収納です。ステンレスのフレームに棚板を組み合わせたシンプルなデザインなので、十分な収納量を確保しながら空間の開放感も保てます。

ペペ

調味料やコップなど頻繁に使うものの収納に困ったら《ペペ》。小物収納棚として限られたスペースを有効に活用できるよう超薄型に設計しています。大き目のマグカップを引っ掛けられるフックの付いた棚下のバーで布巾を干すこともできます。