洗面台

洗面台の一覧|建材・建築資材の通販ならサンワカンパニー

サンワカンパニーがお届けする洗面台等の水まわり商品の紹介ページです。さまざまな洗面ボウルなどとも組み合わせてご使用いただけます。ホテルライクな空間や、アジアンリゾートな雰囲気など、自分だけの理想の洗面スペースを実現できます。


洗面台について

歯磨きや手洗いなどで毎日使用する洗面台ですが、実際に購入を検討し始めたときにどのように洗面台を選びますか?ここでは、お気に入りの洗面台を見つけるために知っておくと便利な洗面台の種類(タイプ)と、その選び方をご紹介します。

洗面台の種類

洗面台には、大きく分けてユニットタイプ、カウンタータイプ、システムタイプの三種類があります。それぞれの特徴についてみていきましょう。

ユニットタイプ(洗面器一体タイプ)

ユニットタイプとは、洗面ボウル洗面収納ミラーが一体となっているタイプです。

あらかじめサイズが決まっており、間口は60cm、75cm、90cmが主流なサイズとなっています。

カウンタータイプ

カウンタータイプの洗面台とは、壁にカウンターを取り付け、洗面ボウルや鏡を設置した洗面台です。間口にぴったりと設置することができるので、空間を有効に活用することができます。

カウンターの高さを決めるときは、家族の身長を考慮した高さを選びましょう。

カウンター下に収納がない商品もあるので、収納が欲しい方は工夫が必要です。

システムタイプ

システムタイプとは、システムキッチンのように洗面ボウル、水栓、ミラー、面材などのパーツを自由に選ぶことができます。

洗面所の空間デザインを統一させたい方におすすめの洗面台です。


洗面台のカスタマイズ

洗面台には洗面ボウル、水栓、ミラーなどを自分好みにカスタマイズすることで、洗面所をお気に入りの空間にすることができる商品もあります。どのようなカスタマイズができるかを考えていきましょう。

洗面ボウル

洗面ボウルはサイズ、素材、形状、深さが違うものがさまざまあります。好みのデザインや必要な機能を知って、自分好みの洗面ボウルを見つけてみましょう。

おすすめ商品:エレガンス

エレガンス》は縁を薄く仕上げた スタイリッシュな洗面ボウルです。一般的な洗面ボウルの縁の厚みは40mm程ですが、エレガンスの縁は4mmと大変薄いのが特徴です。薄い縁にすることで、他にはないシンプルかつスタイリッシュな洗面空間づくりが可能となります。

カラー

洗面ボウルはカラーバリエーションが豊富なものがあります。色を選べることで、空間に統一感を持たせたりすることができるので、理想の空間が実現できるかもしれません。

おすすめ商品:Tエッジ

Tエッジ》は、空間にあわせやすい4つのカラーがあります。トレンドの薄い縁に加えてマットな質感が、やわらかかつスタイリッシュな印象を与えてくれます。目皿も同色のカラーとなり、さらに統一感がはかれます。

おすすめ商品:トラック

トラック》は、水を取り囲むフレームとしてエッジを薄く際立たせた、イタリア有名デザイナーのプロスぺロ・ラズロによる計算されたデザインです。使う人の感性や空間のテイストに合わせ、サイズやカラーをお選びください。

水栓・カラン

洗面台の水栓は、自動水栓やシャワー水栓など便利な機能がついたものがあります。形や色にこだわるだけではなく、機能面も重視していきましょう。水栓とカランを選ぶ時は、洗面ボウルとのバランスが大切です。

おすすめの商品:フィクサーカラー水栓

フィクサーカラー混合水栓》は、つやを抑えた上品なマット仕上げと、洗練されたシンプルなデザインが、スタイリッシュかつ上質な洗面空間を演出。これまでにないホワイト&ブラックの水栓が、水まわりの新しいコーディネートを生み出します。メイドインジャパンでありながらリーズナブルな価格にもご注目ください。

ミラ―ボックス

ミラーボックスは、鏡だけではなく収納機能もついているので、洗面台に収納スペースが欲しい方にはおすすめです。一面鏡、二面鏡、三面鏡などがあり、サイズや洗面台とのバランスを考えて、好みのものを見つけてみましょう。

おすすめの商品:プレーンVミラーボックス

プレーンVミラーボックス≫は、シンプルなデザインと豊富なバリエーションが特長のミラーボックスです。

おすすめの商品:ステムズミラーボックスEX

ステムズミラーボックスEX≫は豊富な収納が特長のミラーボックスです。一面鏡か三面鏡の二種類からお選びいただけます。

ミラー

洗面台のミラーは、鏡としての機能だけでなく、デザイン性も重要なポイントです。

シンプルなミラーだけでなく、LED照明が付いたミラーもあります。

おすすめ商品:LEDミラー カラブリア

大型ミラーにLED照明を付けた《LEDミラー カラブリア》。顔まわりを明るく映し出すLED照明が舞台の楽屋のような雰囲気をつくり、利便性だけでなく気分まで優雅にさせてくれます。一般住宅だけでなく、ホテルのサニタリー空間やメイクアップコーナーにもおすすめです。

おすすめ商品:フィーネミラー

繊細で軽やかなフレームが印象的な《フィーネミラー》。狭小空間でも圧迫感なくすっきり収まります。《フィーネ洗面》と組み合わせることで、シンプルですっきりした空間にすることが可能です。

おすすめ商品:パティーナミラー

ビンテージ調の本体と黒いフレームが印象的な《パティーナミラー》。こだわりの空間も演出しながらも収納が欲しい方にお勧めです。《パティーナ洗面》と組み合わせることで統一感のあるコーディネートが可能です。

タイル

洗面台の壁面にタイルを貼ることで、洗面台をおしゃれにカスタマイズすることができます。材質やカラーなど好みのタイルを選んでみましょう。


洗面台を選ぶポイント

洗面台を選ぶ時にはどのような点に気を付ければいいのでしょうか?素材や収納など重要なポイントを紹介いたします。

数と場所

洗面台は必ずしも家に一つだけ置くとは限りません。セカンド洗面といって、タンクレストイレの手洗器用に置いたり、来客用に廊下や玄関近くに設置する家庭もあります。また、二階に洗面台を置く方もおられます。

デザイン

洗面台を選ぶ時に気になるのが、やはりデザイン性だと思います。各メーカーによってさまざまなデザインの特徴があるので、複数の商品を比較してみることが大切です。

深さ

洗面ボウルが深いと水はねが比較的抑えられます。また、オーバーフロータイプの洗面台で深さがあるタイプだと、衣服の手洗いを行うことができます。

素材

洗面台を選ぶ時には、洗面ボウルの素材を基準に選ぶといいでしょう。例えば、樹脂製の洗面台をを選べば、掃除が簡単という特長があります。

洗面ボウルの素材は、陶器、樹脂、ガラス、ステンレスなど多様な種類があるので、ぜひ自分の好みと実用性を考えて選んでください。

水栓を選ぶ

シングルレバーはレバー1つでお湯と水の温度調整や水量を変えることができます。また、2ハンドル水栓は、水とお湯が出るハンドルを回すことで水量と温度の調整を行います。

洗面収納

洗面台に付いている洗面収納も大きな決め手となります。洗面台下のキャビネットや、ミラーキャビネットなどが主な洗面台の収納となります。洗面所に収納スペースがない場合は、収納力が高いものを選ぶと良いでしょう。

高さ

洗面台を選ぶ時は、高さや設置スペースの間口、奥行きを事前に測っておくことが重要です。洗面台の高さが合っていないと、使いづらくなります。

ショールームに行く

洗面台を選ぶ時には、実際に見て触れてみるのがおすすめです。Webサイトやカタログで見た時と、実物の差をなくすことができます。

また、ショールームには商品知識豊富なスタッフがいるので、不安や疑問を相談することも可能です。

サンワカンパニーのショールーム一覧


洗面台の掃除

洗面台は毎日使うものなので、どうしても汚れがちになります。しかし、ほんのちょっとしたコツで洗面台は清潔に保つことができます。そんな洗面台の掃除のポイントをご紹介します。

汚れの種類

洗面台の汚れの原因からまず考えていきましょう。洗面台の汚れの種類は、水垢、手垢、黒ずみです。汚れの種類によって掃除の方法も変わってきます。

掃除のポイント

洗面台の掃除のポイントは、使った後にこまめに掃除して、汚れを残さないようにすることです。汚れを溜めてしまうと、後で掃除するのが大変になります。いつでもすぐに掃除できるように、使用済みの歯ブラシや掃除用の布を洗面台の近くに準備しておきましょう。

もし掃除をこまめにできなかったり、汚れがとれにくい場合は、汚れの種類によって掃除の方法が違います。

水垢・黒ずみ

水垢は水道水に含まれるミネラル分が乾いて堆積して発生します。ミネラルはアルカリ性なので、反対の性質の酸性で中和させることができます。

クエン酸は酸性の性質を持つので、クエン酸をキッチンペーパーにつけて水垢の部分に貼り付けます。

数時間放置した後、スポンジでこすれば、比較的簡単に汚れを落とすことができます。

手垢

手垢は皮脂とホコリが混ざってできた汚れです。手垢を掃除するには、重曹を利用することがおすすめです。重曹は弱アルカリ性なので、手垢などの酸性を中和させる効果があります。

重曹に水を混ぜてスプレーを作り、手垢の汚れの部分に吹きかけます。最後は布などで汚れを拭き取れば終了です。