フロアタイル(塩ビタイル)

フロアタイル(塩ビタイル)の一覧|建材・建築資材の通販ならサンワカンパニー

サンワカンパニーで取り扱うフロアタイル(塩ビタイル)をご紹介しています。まるで本物のフローリングの木目のように見えるものや、マットな質感のものなど他ではなかなか見当たらないフロアタイル(塩ビタイル)を取り揃えました。住宅でご使用いただくのはもちろん、店舗などの幅広い用途でお使いいただけます。

よくある質問

フロアタイル(塩ビタイル)とは?

フロアタイルは塩ビ素材の床材のことで、塩ビタイルとも呼ばれています。

メンテンナンス性や耐久性に優れているだけでなく、デザイン性にも優れているので、使い勝手がよい床材です。

フロアタイルに似た素材に、クッションフロアというものがあります。

クッションフロアは、フロアタイルよりも柔らかな素材ですが、耐水性は低くなります。

フロアタイルの種類

フロアタイルには、木目調、大理石の石目調、タイル調、メタル調、モルタル調など多様な種類があります。

形状に関しても様々な種類があり、長方形、正方形などから選ぶことができます。

フロアタイルのメリットは?

フロアタイルのメリットは、耐久性、施工の手軽さ、メンテナンス性が良いことです。

また、本物の素材のようにリアルな質感があることもメリットと言えるでしょう。

耐久性、耐水性がある

フロアタイルはクッションフロアよりも硬く、厚めの素材のため、耐久性があります。

土足に対応しているものもあるので、住宅だけでなく店舗でも使用されています。

また、フローリングは天然素材のため水を吸ってしまいますが、フロアタイルは塩ビ素材のため耐水性に優れています。

施工の手軽さ

フロアタイルはタイルという名前が付いている通り、タイルのように各ピース毎に貼っていくことができます。

フロアタイルはフローリングの上にも貼ることができるので、DIYにも適しています。

メンテナンスがしやすい

フロアタイルは汚れても、すぐに拭き取って掃除することができます。

また、フロアタイルは汚れたり破損した場合、汚れた部分だけを新しいタイルに変更できます。

フロアタイルのデメリットは?

フロアタイルのデメリットについても確認しておきましょう。

クッションフロアよりは価格が高くなる

フロアタイルの価格は、クッションフロアよりは少し高くなります。

音が響きやすい

フロアタイルはクッションフロアのようにクッション性がないので、床の音が響きやすくなります。