“カフェ風キッチン”を実現する
3つのポイントをご紹介

無料の会員登録をする

「最新カタログ」のダウンロードには会員登録が必要です

憧れのカフェのような雰囲気を自宅へ

お気に入りのカフェのようなキッチンで料理を作りたい。友人を呼んでホームパーティーを楽しみたい。 はたまた、コーヒーをゆったりと淹れてリラックスしたい。 カフェ好きの方なら、そう考えたことがあるのではないでしょうか。

そんなあなたが思い描く“カフェ風キッチン”を実現するための3つのポイントをご紹介します。

“カフェ風キッチン”
3つのポイントと取り入れ方

①レイアウトの基本はカウンター付き対面キッチン

カフェの楽しみ方の一つに、カウンターでマスターやバリスタと会話を楽しむことがあります。カフェ風キッチンにするなら、家族や友人と会話を楽しみながら、料理やお茶の用意ができる対面キッチンはいかがでしょうか。
また、より一層カフェに近づけるために、カウンターを設けるのもおすすめです。

対面キッチンの選び方

対面キッチンには、2種類あります。ここでは、それぞれのキッチンをご紹介いたします。

●フルフラットキッチン

調理台とカウンターがフラットに一体となったキッチンです。オープンキッチンと呼ばれることもあります。デザイン性が高く、リビングとの間に壁もないため空間を広く感じさせてくれます。また、調理台とカウンターがフラットに続くので作業スペースが広くとれます。家族や友人と一緒にご飯やお菓子作りなど楽しみたい方におすすめです。
レイアウトは、アイランド型ペニンシュラ型どちらかを選びましょう。

●腰壁カウンターキッチン

キッチンとリビングダイニングを仕切っている腰までの高さの壁を腰壁(造作壁)と言います。
腰壁をつくることで、キッチン側の手元を隠し生活感を感じさせない効果や水・油はねの防止にもつながります。また、腰壁はデザインを楽しむこともでき、ウッド調にしたり、壁と同色にしたり、好みのタイルを貼ったり、理想の雰囲気に合わせて選ぶことができます。 自身の好きなスタイルがあれば、デザイン自由度の高い腰壁カウンターがおすすめです。
レイアウトはウォール型を選びましょう。

②吊戸棚よりも、見せる収納と照明を活用しよう

カフェ風にするには背面の壁づかいがポイントです。見せる収納と照明がカギとなります。一般住宅には、キッチンの上に吊戸棚を設置しますが、カフェでは、閉塞感が出てしまうためあまり見かけません。
では、どうすればよりカフェのような空間になるのか、空間づくりのヒントを見てみましょう。

●背面に棚をつくって、見せる収納を作ろう

カフェでは、エスプレッソマシンやトースター、ミキサー、カップ類などがカウンターから見える位置に置かれています。
キッチンをカフェ風に見せるポイントは“見せる収納”です。見せる収納は乱雑に見えがちですが、棚に置くものの色や素材感を統一することでスッキリと綺麗に見せることができます。
ぜひ、お気に入りの瓶や箱なども、空間イメージを考える際に、見つけておきましょう。

●カウンターキッチンの上に、デザイン照明を設置しよう

※イメージ写真です。当社商品の施工事例ではございません。

通常は、吊戸棚を設置する位置ですが、設置しないことで頭上の空間が大きく空いています。その空間を利用して照明を設置しましょう。ペンダントライトやスポット照明など、デザイン照明がおすすめです。ぜひ、お気に入りの照明を見つけて取り付けてみてください。

●どうしても収納が欲しいなら、オープン吊戸棚を

どうしても収納が欲しい・増やしたいという方は、オープン吊戸棚がおすすめです。背面に見せる収納を作っていても、視界を遮ることがありません。

③壁や床にタイルや木材を活用しよう

カフェでは、タイルや木材を使用した空間づくりがよく見られます。 長方形の小型タイルを採用すれば、カントリーカフェのような雰囲気を演出できます。おすすめは、タイルを背面壁や腰壁に部分使用することです。一方で、黒を基調として、木材やコンクリートを組み合わせることで、都心のクールなカフェのようになります。
落ち着いたカフェ空間が好きな方は、このような組み合わせがおすすめです。

ここまで、カフェ風キッチンにするための3つのポイントを紹介してきました。
ぜひ皆さんも3つのポイントを押さえて、理想のキッチンを実現させてください。

カフェ風キッチンに
おすすめのアイテム紹介

●システムキッチン

サンワカンパニーで人気No.1のオールステンレスキッチン。
木材やタイルなどカフェ風演出に使用する建材と好相性。厨房風にも見え、本格感が高まります。

カフェ風にぴったりな、ミディアムオークとダークオークの木目柄をご用意。他にも、白いタイルと合わせたいホワイトなどもご用意しています。

●おすすめ背面収納棚

  • 無駄な装飾がなくシンプルなステンレス製の見せる収納棚。アーバンテイストのカフェ風キッチンはもちろん、木製のキッチン用具にも合います。

  • 様々なパーツを組み合わせて、自分好みにカスタマイズできるマグネット収納。
    壁は、マグネットを貼ることができる不燃マグボードがおすすめ。

  • 横幅が450~900mmの間で1mm単位でオーダーできる棚。
    スッキリとした1枚板で、色も9色展開。

●デザイン照明

  • 丸みを帯び、どこか懐かしさを覚えるデザインのペンダントライト。
    幅広いスタイルのカフェに合う定番のシルバーから、カントリーテイストのカフェにピッタリのイエロー×ホワイトなど、5色からお選びいただけます。

  • MOEBEはコペンハーゲンに拠点を置く北欧デザインスタジオ。
    北欧デザインらしく、無駄な装飾がない、シンプルで美しいデザインのペンダントライト。カフェ風キッチンを北欧スタイルに仕上げてくれます。

  • 単体で存在感のあるペンダントライト。
    カントリーなカフェにピッタリの照明です。また、空気洗浄の機能付きで、キッチン・ダイニングの空気を快適に保ってくれます。

●おすすめカウンター材

ナチュラルテイストやカントリーテイスト、アンティークテイストなどのカフェスタイルにピッタリな、木材のカウンター材。
特殊な加工を施しており、水や汚れに強く水回りに使うことができます。3色展開で、オークはナチュラルな雰囲気に、ブラックチェリーはカントリー風に、ブラックウォルナットはアンティークのような雰囲気を醸し出してくれます。

●おすすめ壁用タイル

  • ベーシックなホワイトに加え、3色の色付きタイルをご用意。ホワイト1色のコーディネートは、明るく清潔感がありおすすめです。また事例のように、カラータイルを組み合わせることで、カントリーテイストに仕上げることもできます。

  • リッチな艶感のある壁用タイルです。
    アンティークな風合いにもかかわらず、光沢感もありアーバンテイストに仕上げてくれます。5色展開。

  • 淡いカラーリングと細かく刻まれたクラックがアンティーク感を引き立てる壁用タイルです。カントリーテイストのカフェにピッタリです。2色展開。

●おすすめ床建材

  • 温もり感あふれるテラコッタ調のタイル。定番カラーのロッソは、カントリーテイストのカフェにピッタリです。2サイズ各3色展開。

  • へリーンボーン柄などデザイン貼りにピッタリな木目調のタイル。カントリーからアーバンテイストまで、幅広いスタイルに使えます。3色展開。

  • セメント調のタイル。自然な色見と質感が、冷たい印象になりすぎず、アーバンテイストに仕上げます。4色展開。

無料の会員登録をする

「最新カタログ」のダウンロードには会員登録が必要です